Minesanの無責任放言

右を向いても左を向いても真っ暗闇じゃござんせんか?!

全体表示

[ リスト ]

「戦争とテレビ」

イメージ 1

例によって図書館から借りてきた本で「戦争とテレビ」という本を読んだ。
ハードカバーの本で、内容も実に堅い本で読み通すのに根気と忍耐力を要した。
学者の書いた本で、あまりにも細部まで掘り起こし、吟味し、資料に基づき、克明に記されているので、それを目で追うだけでも相当に根気がいった。
苦労して全編読み通しても、大きな感動を得るというものではなかった。
というのも、テレビとかマス・メデイァに対する悪口雑言というのは私は既に何度も行っているので、いまさらこの本を読んで開眼するというものでもない。
日ごろ私が考えていたことに学問的裏づけを備えたという程度のもので、ただ文字とおりメデイァ論の専門家であるだけに、事例がふんだんに織り込まれており、その点が素人の作文とは大いに違っている。
この著者はアメリカの朝鮮問題の専門家ということで、後半においてイギリスの放送局と一緒に北朝鮮を取材するくだりの苦労話はそれなりに興味を引くものであった。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事