Minesanの無責任放言

右を向いても左を向いても真っ暗闇じゃござんせんか?!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

『愛国心』

イメージ 1

例によって図書館から借りてきた本で「愛国心」というのを読んだ。
田原総一郎、西部進、尚姜中の3人による鼎談という形の本で、これは分厚な割には読みやすかった。
このメンバーはいわずと知れた「朝まで生テレビ」の常連で、いわゆる仲間内の忌憚のない会話という形であるが、私から言わしめれば、こういう日本の知識人と言われる人々が何をいまさら愛国心かと言う感が強い。
これは昨今の傾向として小泉首相の靖国神社参詣に対して、中国や韓国からそれに対する批判が高まり、その批判に呼応して、日本人の内部からも先方に迎合する風潮が顕著になって来たので、その反動としてこういう話題が浮上してきたものと考える。
しかし、その奥底にはメデイァの側の儲け主義を垣間見ることが出来る。
要するに、話題を沸騰させて、その話題で日本中が興奮の渦に巻き込まれたとすれば、それはメデイアにとって大きなビジネス・チャンスになると言うことである。
ことの本質などどうでも良く、ただただ「儲かればいい!」という功利主義に踊らされているに過ぎないと思う。
この本などもまさに好奇心を満たすと言うよりも、こういう企画で本を作れば売れるに違いないという魂胆がみえみえである。
「愛国心」などと取り立てて括弧で括って問題提起するから右からも左からも口角泡を飛ばして議論になるわけで、愛国心など言うものは空気や水と同じで、人間は生まれ時点で、祖国の恩恵の中で生かされており、その恩恵に恩返しすると考えれば、取り立てて大騒ぎすべきものではないはずである。
ところが、この世に生れ落ちた人間、特に戦後生まれで、日教組の教育を受けた人間は、知恵がつくに従い不遜になって、自分は周囲の環境に支配されることなく自分自身の力この世に生きているのだと思い上がるから、ことさら愛国心と言うものを強調せざるを得なくなるのである。
その対極には、やはり自分の力で生きているのだ、という思い上がりがあるがゆえに、愛国心を軍国主義に結び付けて憚らない人間も出てくるわけである。
愛国心というと、我々の年かさのものは直ぐ戦時中の特攻隊員や滅私奉公という意味での勤労奉仕ということが脳裏を掠めるが、あの時代は確かに上からの強制の部分があったとは思う。
が、戦後の進歩的知識人の大部分は、その責任を軍部とか軍国主義というものに転嫁して口を拭っている。
私に言わしめれば、それを上から強制したのは我々の同胞の中間層、我々同胞のトップではないが上層の一部の人間、つまり学校の先生であったり、官吏であったり、メデイァであったり、町内会の役員という立場の人々であったと思う。
戦後の知識人は、あの戦中に我々の同胞が玉砕するとき、「天皇陛下万歳!」と叫んで死んでいったことから、それを天皇や軍部による強制だとしているが、これは少々安直な思考だと思う。
そう言って散華していった本当の理由は、周囲に同胞がいたからそういう行為になったわけで、これがルース・ベネジェクト女史の言うところの「恥の文化」だと思う。
戦中の特攻隊員、玉砕した同胞の大部分は、天皇陛下のために死んだわけではないと思う。
やはり、祖国の親兄弟、銃後を守っている母親、兄弟姉妹、友達、近所の人々に幸あれと思って、滅私奉公の一助として散華していったものと考える。
これが愛国心だと思う。
これが公に殉ずるということだと思う。
決して天皇のために死んだのではないと思う。
本人もそんなつもりではなかった筈だが、生き残った周囲や親族・肉親は、そう思い込むことで自分自身を納得させていたのではないかと思う。
しかし、こういう状況というのは何も我々日本人だけにあるのではなく、地球上のあらゆる場所であらゆる民族に可能性としてはあるわけで、誰でもこういう状況に置かれれば、死への咆哮、死の恐怖に打ち勝とうとする絶叫、自分の運命に対する恨みの叫びというのはあると思う。
我々の場合は、たまたま「天皇陛下万歳!」という叫びであったが、その後に及んでなおそう言わなければならなかった真の理由を我々生き残ったものが究明しなければならなかった。
戦後生き残った日本の知識人でそれをしたものがいただろうか。
旧敵国の女性がした以上のことを、日本の知識人の中でしたものがいただろうか。
特攻隊員や玉砕した同胞が、何故死に直面して「天皇陛下万歳!」と叫んだのか、叫ばされたのか、日本の知識人でそこを究明しようとした人がいたであろうか。
表層面だけ捉えて、我が同胞の真摯な愛国心、郷土愛、同胞愛を軍部や天皇の所為に転嫁して、新しい占領政策に媚び、率先して迎合したではないか。
田原総一郎は自分で言っているが、幼少のときは軍国少年で、成人に達したら戦後の日本の政府には疑問を持ち反政府、反体制、左翼に肩入れして、ソ連が崩壊したら中道に戻るなどということは、常に時流に迎合し、時代の波の乗っかっているだけで、まさしく世渡り上手、究極の風見鶏、日和見ではないのか。
西部進でも似たり寄ったりであるが、田原よりもその振幅の幅が大きいと言うだけの違いである。
人が生きんとすれば、これはこれで致し方ないが、戦前の日本社会もこれと同じであったわけだ。
田原総一郎や西部進が時流に上手に乗り、その時流を上手に泳いでいるのと同じように、国民全部が団塊として田原や西部と同じように時流に乗ろうとし、泳ごうとしていたが、その発想が「隣がやるから俺もやる」式の他人任せというか付和雷同的というか、主体性に欠けていたわけである。
戦後の日本では、そういう我々の精神の根本・本質を解き明かそうとした知識人がいなかったが、アメリカのルース・ベネジェクト女史はそれをして「菊と刀」を著したわけである。

開く コメント(34)

開く トラックバック(29)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事