モームいろいろ鉄の旅

基本は鉄道ですが、アニメや思った事をとりとめもなく綴るブログです。

やっとこさ引越成功

先日FC2ブログに引越するとお伝え致しましたが、やっとこさ引越に成功しました。


http://hmx12rur9500tc1503.blog.fc2.com/

があちらのブログ「十六夜モームのでたとこまかせブログ」のURSです。何卒よろしくお願いいたします。

開く コメント(2)

もう二週間経ちましたが、12日のレールウェイフェスティバルの続きです。

少し前機器更新したC#8330から取り外した制御装置が置かれていました。

イメージ 1


その側にはこれまた機器更新したC#7910から取り外した制御装置が置かれていました。

イメージ 2


両方とも在来車の予備部品として保管しているのでしょうか。

先程35tクレーンの実演を見ていた側と反対側から撮影した8000×8編成です。

イメージ 3


このあと塗装や検査が行われ、美しい姿を取り戻した上でHマークと前面飾り帯、そして旧社紋を装備して営業運転に復帰しました。

会場の人気イベントの1つに方向幕でビンゴがあります。検査入場している車両の方向幕を使って行うビンゴ大会で、結構盛り上がります。

イメージ 4


普段見られない種別と行先の組み合わせが出てきて楽しくなります。

イメージ 5


午前中体験乗車を行っていたP-6が撮影用に展示されていました。

イメージ 6


P-6の台車です。汽車ボールドウィン形というそうです。

イメージ 7


このあとこの日最後の運転となった洗車体験に参加しました。参加者の行列に並びながら、広場に展示されているP-6に使用されていた国内では最大級のサイズのアメリカ製ブリル台車をなんとか撮影。

イメージ 8


今回洗車体験に使用されたのは1300系のラッピングトレイン「古都」でした。洗車ブラシの部分を通過する際の写真を撮りたかったのですが大失敗。とりあえず車庫の奥の方に留置されていた6012×4編成を撮影。

イメージ 9


書き忘れていましたが午前中にグッズ販売に行き色々買って来ました。で、その中に行先表示板のキーホルダーのガチャガチャがあったので100円玉5枚を投入してさあ回そうとしたら何故か回りません。近くの出店の係員さんに申し出て処置してもらって何とかなりましたが、正直焦りました。で、出てきた行先表示板は大好きな快急/河原町⇔梅田でした。本当にラッキーでした。

このあとクイズラリーの景品を貰いました。今回は京とれいん雅楽の巾着袋でした。そして会場を出て正雀駅に向かい上り普通列車に乗車しました。偶然にも行きに乗ったのと同じ編成でした。
総持寺駅で下車して帰途につきました。

開く コメント(6)

検査中のC#8000の行先表示器には「臨時特急 宝塚」が表示されていました。昭和64年の元日デビューした時を思い出させる、いい表示です。

イメージ 1


クレーン実演が終わってすぐ見に行ったのは「マナーアップ戦隊マナブンジャーショー」でした。今回の怪人は自転車放置怪人のチャリホーチーでした。

イメージ 2


ショーが終わり続いて工場東側の飲食物の出店が出る阪急広場に行きました。ここは車両の修理や更新を行う場所が隣接しており、先日入場して4連化かとも言われた6011×8編成のC#6111の姿がありました。多分今回は普通の入場で8連のまま出場かと思います。

イメージ 3


その後会場内を回りました。点検中のC#8100の台車枠です。

イメージ 4


その近くに停められていた作業用車両です。少し前豊洲市場への移転の時話題になったターレの仲間でしょうか。

イメージ 5


個人的に大好きな未使用の車輪です。出来たらこれ1枚欲しいのですがいくらするんでしょうか。

イメージ 6


多分C#8100の車軸と駆動装置。

イメージ 7


そしてC#8100の主電動機。これらが1つに先程の台車枠に組み込まれて更に車体と組み合わされます。

イメージ 8


もう一度35tクレーンの実演を見に行きました。C#8000の貫通扉にはこういう掲示がありました。

イメージ 9


いいですねぇ。近々Hマークと旧社紋、更に前面の飾り帯を復刻した姿で走りますが、先日までは現在のコーポレートマークを剥がした跡が目だつなど塗装の状態が悪かったので、美しくなった姿が見られるのが楽しみです。
C#8100の吊り上げ実演です。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12


もう少し続きます。

開く コメント(6)

こんにちは。もう一週間経ちましたが今月12日、「春の阪急レールウェイフェスティバル2019」に行って来ました。

まずは当日の朝、阪急電鉄京都本線総持寺駅から出発しました。この駅の下りホームには小規模ですがフラップ式の行先表示が健在です。

イメージ 1


梅田行き普通列車に乗って正雀駅に移動しました。そして会場へ向かうとまだ8時前なのに長蛇の列です。間もなく仮入場が開始され、正雀工場の中に入りました。
待っている間に「阪急ミュージアム」コーナーの出口から1010系のカットボディーを撮影。

イメージ 2


このカットボディー、解説にはこうあります。

イメージ 3


1010号車のもの、とされてますがC#1010が現役で走っていた時に既に宝塚ファミリーランド内の電車館に展示されていたので明らかに誤りです。他にも解説の誤りがあるようですので阪急電鉄側に訂正を促したいものです。あ、解説は開場後に撮影しました。

入場者多数のため8時45分に開場しました。まずわたしが目指したのがP-6の体験乗車の整理券を確保する事でした。幸いにも一回目の整理券を確保できました。そして間もなく乗車。ごく短距離ですが吊り掛けサウンドと独特の乗り心地を堪能しました。
それからクイズラリーを回答しつつ会場内を巡りました。そして10時00分からの35tクレーンの実演を見学しました。

イメージ 4

イメージ 5


今回実演に使用されたのは8000系のトップナンバー8000×8編成でした。そしてその中の一両、C#8100が実際に吊り上げられました。

イメージ 6


やはり迫力ある実演ですので大人気です。後でもう一度見に行く事にします。

続きます。

開く コメント(6)

こんばんは。今日は久しぶりに当選した「春阪急レールウェイフェスティバル2019」に参加して来ました。また近いうちに写真は投稿するつもりです。ちょっと疲れてしまい今晩は投稿する体力が残っていませんので。その時はよろしくお願いいたします。

開く コメント(1)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事