全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全224ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

メーターとグリップ

60kmぐらいテストライドしました。

イメージ 1
エンジンは問題ない感じ。
ブレーキの引きずりも許容範囲に収まってきました。
が、走り出すとヴィーン・・と異音が聞こえます。
停車すると音は消えるので、回転する何かがたてている音かと思われます。
最初はスピードメーターケーブルを疑いました。
チョット長すぎる中古品を間に合わせでつけていたので、曲げがきついうえにケーブルが劣化しているのかと思いました。
メータケーブル外して走ってみると、音はしないので、ケーブルかメータ本体からの音かどちらかですね。
取り回しを変えて走らせてみますが、だんだん異音が大きくなってメーター表示も振れるようになってしまったので、メーター側の問題に確定です。

いったん帰宅して、清掃と潤滑したら復活してくれないかと、メーターにシリコンオイル吹き付けてはメーターケーブルさしてグリグリ指で回してみました。
何度かやっていると、音もでなくなって、心なしか軽く回るようになってきます。
ためしに乗ってみると、とりあえずメーター復活。
すぐにダメになりそうな気がしますが、そうなったら社外品に交換かなぁ?

そしてもうひとつ
イメージ 2
TZRは前傾姿勢きつくないと記憶していたのですが、そうはいっても当時のレプリカ。
トリッカーやM696よりも前かがみなポジションです。
運転手の壊れかけた手首と掌には負担が大きいので、もともと付けていたキジマのTZ風グリップを交換することにしました。

デイトナの振動低減するという触れ込みのグリップ。
イメージ 3
振動がどうのこうのよりも、多少太めでソフトな感触に期待しましょう。

明日は箱根に向けて走らせる予定です。

ノントラブルで帰ってこられるといいんですが・・

この記事に

開く コメント(6)[NEW]

1KT登録しました

陸運支局が近くで助かります。

今朝、ちょっと行ってナンバーとってきました。

イメージ 1
晴れて公道復帰です。

30日は箱根に上がるつもりですが、それまでにテストランしておかないといけませんね♪

この記事に

開く コメント(14)[NEW]

いきなり出来上がりの図です。
イメージ 1
このあと、ステッカーはがして、フロントブレーキが思い通りにならないので、新品パッドを投入し、スペアのローターとっかえひっかえして試してみました。

以下作業中の図、
イメージ 2
このバイク、外装なくてもカッコいいなぁ〜と思います。
エンジンかかるようになったので、今週やるべき作業メニューは、
・新品バッテリー取り付け
・キャブはMJを純正の番手に
・エアクリーナーエレメント装着
・ノーマルチャンバーに交換
・タイヤ交換
・ブレーキフルード交換
・ステムベアリング点検と給脂
・ギヤオイル交換
といった程度なんで、たいしたことなさそうですが、いざ始めてみるといろいろ想定していないことも起きるわけで、延べ時間にすると、木金の夜中と今日の3日で20時間以上はかかってます。
工賃換算したら相当な金額になっちゃいますね。
バイク修理を仕事でやる人ってほんとに大変だ・・

イメージ 3
エンジンは吸排気までノーマルです。
走り出したら3,000rpmから使えるフレキシビリティ♪
燃費はどうかな?

イメージ 4
マスタシリンダはもともとついていたタンク別対のタイプから、XJR400用のものに変更しました。
タッチが気に入らなかったのと、見た目をすっきりさせたかったのでノーマル風のものにしてみました。

あとは、カウルのボルト&ナットが純正じゃないもので適当にとめてあるところがあるので、そこんところですかね?

あ!いちばん気に入らないのは、フロントブレーキの引きずりがひどいんですよ。
このキャリパーってそういうところがあるし、ピストンの動きも渋くてメンテナンスも大変なので、そのうちヤマハピッチのブレンボに交換することにします。

まぁ、とりあえず乗れるようにはなっていると思うので、来週登録しましょう。

この記事に

開く コメント(2)

部品が届きだしました

TZRの復活に向けて、部品が届きだしました。

動かすために必要な、部品。
イメージ 1
バッテリー、エアエレメント、プラグ、スピードメータケーブル。
これで、動かすだけならいけるはずです。

あとはタイヤですが、IRCのRX-02というやつをいつものモトスペースさんに注文しています。
BT-45にするかな?とも思ったんですが、設計のあたらしいバイアスということで試してみることにしました。
今週土日に楠ガレージで作業して、とりあえず乗れるところまでもっていければいいんですけどね。
来週登録して、30日に箱根に上れれば予定通りです。
30日は大観山にヤマハツーサイクルマシンが大挙してやってくるはずなんですよ。

フロントフォークとステムセットも届きました。
イメージ 2
シートパイプが欲しかったのですが、もう部品では出ないようなので、ヤフオクでフォーク丸ごと落札してやりましたよ!
意外と程度良くて、インナーチューブ磨いたら、そのまま使えそうです。
これをベースに、PDバルブいれてセッティングするつもりです。
YSSのリヤショックもオーダーしていて、納期が6月中旬らしいので、それに合わせて加工です。

ぼろいバイクで遊ぶのが性に合ってるのかなぁ?
どうしてやろうか?と考えるのが楽しいわ。

この記事に

開く コメント(6)

TZR引き取ってきました

4月8日、TZRを引き取ってきました。

その夜のうちに、外装はいで、キャブばらして清掃の後組みなおし、電気系統の簡易チェックまですませました。

翌日は、モトチャレだったんですが、天候回復が遅れて、走行時はフルウェット。
M696にレインタイヤ履いて出たんですが、グリップいまいちだなぁ・・な感じ。
CBR250に乗る日浦選手に抜かれて彼の走行を後ろから眺めていると、フルウェットでもところどころ進入ドリフトしてますね。
見事なもんです。
少しずつ離れていくんですが、差のつき方を観察していると、さすがに排気量差か、開けられるところでは差が縮まるようです。
もうちょっとコーナー部分で頑張って走ったらついていけんじゃね?という考えが頭に浮かんだのが運の尽き。
あっと思ったときには、グラベルに突っ込んでました・・
8年物のレインタイヤだったことを思い出した瞬間でした。あいかわらずのアホっぷり。
どろどろになってしまったバイクを洗車してみたら、ハンドルバーが曲がったけで、直せないわけじゃなかったんですが、運転手のやる気が無くなってしまい本日のモトチャレは終了となりました。

その後、ガレージに帰って、M696直してから、TZR復活作業の続き。
イメージ 1

腐ったガソリンを新しいガソリンにいれかえて、バッテリー繋いで、あとはひたすらキックしまくると・・
イメージ 2
かかりましたぁ〜 すげー白煙だ〜
もう一度キャブのニードルクリップ位置を変えて組みなおし。

キック1発で始動OKなまでになってます。
乗り出しまでに必要なのは、スピードメーターケーブルとタイヤとエアクリーナーエレメント、♯240と♯230のMJ、ぐらいかなぁ?
イメージ 3

イメージ 4
新品バッテリーを手配したので、試走してみてOKなら、登録ですね。
車体はこのままでもOKなんですが、高級リヤショックとフロントフォークのカートリッジエミュレーターでセッティングしてみたいなぁ・・なんて考えてます。

いまさらのツーサイクル、楽しそうじゃありませんか?

この記事に

開く コメント(10)

全224ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事