ぱすた!PASTA!パスタ!

[ リスト | 詳細 ]

定番から変り種まで。
週に一度は食べているパスタ料理!
記事検索
検索

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

本日は休日。

前日から久々に“パスタ頭”が働いていたので、ランチはパスタに決定!

せっかくの休みだったので、少しだけ手間をかけてみた。

あくまで“少し”だけ。

部分的には手抜きだ(苦笑)。

という訳で・・・

茄子のペーストのスパゲッティ

イメージ 2

1.茄子の皮をピーラーで剥き、食べやすい大きさに切る。(剥いた皮も適当な大きさに切る)
2.切った茄子に白ワインをふって、電子レンジで柔らかくなるまで加熱する。
3.ミキサーに、オリーブオイル・塩・粉チーズ・にんにくを入れてペースト状にする。
4.トマトをざく切りにして3に加える。
5.フライパンにオリーブオイルを熱し、茄子の皮・パセリのみじん切りに塩をふって炒める。
6.パスタを茹でて、茹で上がったらお湯をきって、器に盛る。
7.4をかけて、5をトッピングして出来上がり。

思いついてはみたものの、成功するか心配だったのだが、満足な出来。

あっさりとしたスパゲッティが完成した。

皮も捨てずに使ったところが、我ながらお気に入りだ。


そしてそして、ブログの記事にしたパスタはこれで100種類目!!

思えば長い道のりだった(笑)。

途中、何度かブランクもあったり。

大きな通過点だと考えて、これからもマイペースで続けて行きたいものだ。


日々の食事に感謝。

イメージ 1

またまた久々の更新となってしまった。

気がつけば今日で10月も終わり。

早いものである。

結局、今月は2回しか更新出来なかった。


さてさて、嫁さんのリクエストにより、久々にパスタのランチ。

頂き物の明太子があったので、リハビリの意味も込めてシンプルな定番の一品に。

明太子スパゲッティ

イメージ 2

1.ボウルに、ほぐした明太子・牛乳・レモン汁・バター・昆布茶を入れる。
2.パスタを茹でて、茹で汁を1のボウルへ加えてよく混ぜる。
3.茹で上がったパスタにオリーブオイルを和え、2を加えて手早く全体をなじませる。
4.器に盛って刻んだ青じそと細ねぎを散らして出来上がり。

という訳で、あっという間に完成。

久々に作ったが本当に簡単だ(笑)。

3の工程でアホに・・・もとい(苦笑)、パスタにオリーブオイルを絡めて表面をコーティング。

明太子に熱が通り過ぎず、滑らかな食感に仕上がるのだ。

シンプルなパスタは、ついつい「ズバズバッ」と短時間で食べてしまうものだ。

とりあえずは、美味しく出来て良かった。


久々に作ったパスタだったが、以前にも作ったものなので、カウントには入れず。

というのも、前回作ったもので99種類目。

当然、次はこのブログでの100種類目になるのだ。

さて、どんな一品にしようか。

イメージ 1

ゴールデンウィークも昨日で終わり。

とはいっても、実家のホテル勤務の私は当然休み無し。

おかげさまでそれなりに繁盛だった。

という訳で連休明けの本日が私の休日。

連休ではないものの、なんだか嬉しい休日だ。


さてさて、ものすごく久々になってしまった、休日恒例パスタのランチ。

なんのアイディアもないままスーパーへ。(←この行動も久々だ)

目に付いたのは、獅子唐と、見切り品のミニトマト。

これを使って・・・

帆立と獅子唐とミニトマトのスパゲッティ

イメージ 2

1.フライパンにオリーブオイルとみじん切りにしたにんにくを入れて、弱火でじっくり熱する。
2.香りが立ったら、輪切りにした獅子唐を加えてサッと炒める。
3.へたを取って十字に切り込みを入れたミニトマトと塩を加え、白ワインをふって蓋をして蒸す。
4.トマトが柔らかくなったら火を止めて、茹で上がったパスタと刺身用の帆立を加えて混ぜる。
5.器に盛って出来上がり。

本日は全粒粉入りの、茶色いパスタを使用。

獅子唐に少々火が通りすぎてしまったが、なかなか美味しい一品が出来上がった。

崩れかけのミニトマトに獅子唐のほのかな辛みが加わり、半生状態の帆立とよく合った。

塩だけのシンプルな味付けで十分だ。


久々の休日、しかも良い天気。

嫁さんと買い物に出掛けて、夜も何か作って晩酌しよう☆

イメージ 1

本日は朝から雨、その後もはっきりしない天気。

休日で外出する予定だったのだが、結局家でのんびり。

という訳で、本日のランチのパスタは、冷蔵庫にある物で簡単に作った。

魚肉ソーセージの和風カルボナーラ

イメージ 2

1.ボウルに、牛乳・卵黄・醤油・粉チーズを入れて混ぜる。
2.パスタを茹でて、茹で上がりの直前に、食べやすく切った魚肉ソーセージを加えて軽く温める。
3.茹で上がった2を1のボウルに入れて、手早く混ぜる。
4.器に盛り、切った水菜を散らして、黒胡椒をふって出来上がり。
本当に、本当に簡単な一品。

味を簡単に説明すると、“玉子かけご飯のパスタ版”といった感じだ。

あくまで“和風”で、本来のカルボナーラの濃厚な感じはないが(生クリームを牛乳に代えてるし)これはこれであっさりしていて美味しかった。

これは手抜きの部類に入るな(笑)。

次は、もう少し歯ごたえのある具材で試そう。

イメージ 1

本ッ当に、久々のまともな休日。

本日は出勤の必要もナシ。

という訳で、これまた久々のランチのパスタ。

パスタ書庫は約二ヶ月ぶりの更新だ。

午前中わりと暖かかったので、“春”っぽいのをつくろうかと思ったのだが、晴れたり曇ったり雪がちらついたり雨がふったりと、なんだか気まぐれなお天気。

結局、難しく考えずにオイルベースのシンプルな物にしようと決めた。

アスパラと舞茸のスパゲッティ

イメージ 2

1.フライパンにオリーブオイルとみじん切りにしたにんにく、唐辛子を入れて弱火で熱する。
2.にんにくが浮いてきたらアンチョビペーストとみじん切りにしたパセリを加える。
3.香りが立ったら、唐辛子を取り出し、食べやすく裂いた舞茸とパスタの茹で汁を加えて炒める。
4.パスタの茹で上がる3分程前に、輪切りにしたアスパラを加えて一緒に茹でる。
5.茹で上がったパスタとアスパラを3に加え、塩で味を調えて手早く混ぜる。
6.器に盛って、取り出した唐辛子をトッピングして出来上がり。

久々のパスタで心配だったのだが、茹で加減・味付け共に満足の出来だった♪

輪切りにしたアスパラをパスタの具に使ったのは初めてだったのだが、甘味と、シャキシャキした食感がパスタとソースに絡まって、美味しかった。

アンチョビペーストはやはり良い風味を出してくれる。


さてさて、パスタ料理100種類達成まであと一息。

次はどんなパスタを作ろう。

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事