ぱすた!PASTA!パスタ!

[ リスト | 詳細 ]

定番から変り種まで。
週に一度は食べているパスタ料理!
記事検索
検索

イメージ 1

本日は休日。

クリスマスでも休日恒例ランチのパスタ。

しかもクリスマスらしからぬ和風の定番の一品。

そこへ実家からもらった、かまぼこで有名な鈴廣の“焼きぼこ”(焼いたかまぼこ)を加えてみた。

焼きぼこと明太子のスパゲッティ

1.ボウルに、ほぐした明太子・レモン汁・バター・柚子胡椒・昆布パウダーを入れる。
2.パスタと同じ鍋で切った焼きぼこを茹でる。
3.2の茹で汁を1のボウルへ加えてよく混ぜる。
4.茹で上がったパスタと焼きぼこを3に加えて手早く和えて全体をなじませる。
5.器に盛って刻んだ青じそを散らして出来上がり。

という訳で、いたって簡単な一品。

焼きぼこに甘味があったので、明太子の塩辛さとちょうど良い加減だった。

夜は両親を呼んで食事。
クリスマスというよりは、先日迎えた私の誕生日祝い。
その為に軽めのパスタにしたのだ。

誕生日を迎えた本人が、食べたい物を家族にご馳走するのが我が家のルール。

さて、準備しなくては。

イメージ 1

休日恒例ランチのパスタ。

昨日嫁さんにリクエストを訊いたところ「梅を使ったもの」との答え。

という訳で、色々考えて出来たのが・・・

鶏挽肉とキャベツの梅風味スパゲッティ

1.梅を包丁で叩いてペースト状に伸ばし、レモン汁・醤油・白ワイン・わさびを加えてよく混ぜる。
2.フライパンにオリーブオイルとみじん切りにしたにんにくを入れて、弱火でじっくり熱する。
3.香りが立ったらアンチョビペーストを加え、鶏挽肉をじっくり炒める。
4.白ワインを加えて煮詰め、えのきを入れて塩・胡椒と1の梅ペーストの半分を加えてさらに炒める。
5.パスタが茹で上がる直前に、同じ鍋にキャベツを加えて茹でる。4のフライパンに茹で汁を加える。
6.茹で上がったパスタとキャベツ、残り半分のペーストをフライパンに加えて手早く混ぜる。
7.器に盛って、刻んだ青じそを散らして出来上がり。

久々に会心の一品が出来上がった!

味見の時点でガッツポーズ、我ながら本当に美味かった。
もちろん嫁さんも大絶賛。

ペーストにレモン汁を加えたことと、2回に分けて使ったことが工夫した点だった。
おかげで梅の酸味が引き立ち、味がパスタによくなじんだ。

青じそのトッピングも欠かせないと思った。

簡単・安上がり・低カロリー(たぶん)で、我が家の人気メニューになりそうだ。

満足、満足♪

イメージ 1

先日12月12日に32歳の誕生日を迎えたのだが、当日は午後から出勤だった為、嫁さんのリクエストでトマトソースのパスタを作った。

家にある材料で作ったのだが、以前にほとんど同じ物を作っていた。
むしろ今回の方がシンプルかも。

そうは言っても他に書くことも無いので、レシピだけでも書いておこう。

ツナときのこのトマトソーススパゲッティ

1.フライパンにオリーブオイルとみじん切りにしたにんにくを入れ、弱火でじっくり熱する。
2.みじん切りにした玉ねぎ・アンチョビペーストを加えて、しんなり透き通るまで炒める。
3.小房に分けたしめじ・エリンギを加え、塩・胡椒をふって炒める。
4.野菜がしんなりしてきたらツナを加えて炒め、白ワインを加えて強火でひと煮立ちさせる。
5.完熟カットトマト(缶詰)を加えて4〜5分煮込み、塩・胡椒で味を調える。
6.茹で上がったパスタを加えて、粉チーズをふって手早く混ぜる。
7.器に盛ってパセリを散らして出来上がり。

新たな工夫はアンチョビペーストを加えたところくらいだろうか。
しかし、それで味がぐっと深まる気がする。

このパスタは簡単で、しかも失敗なく美味しく仕上がる。
今回も満足な出来だった。

70種類以上も作ると内容も重なるようだ。
新しい一品にカウントするのはやめておこう。

イメージ 1

休日で遅めの朝食をとった本日。
メニューも嫁さんが焼いてくれたパンケーキ(欧米か!)だったので腹持ちが良く、結局そのまま買い物へ。

帰ったらさすがにお腹が減った
時間は3時すぎ
手の込んだ物は避けたいし、あまり重い物を食べてしまうと夕飯まで遅くなってしまう
家にある物で簡単に作ろう

いつもお邪魔してるゆ鴨さんのブログにヒントになりそうな料理があった。

という訳で、本日の遅めのランチのパスタは・・・

長芋と納豆のネバネバスパゲッティ

1.ボウルに、納豆・付属のタレ・刻んだ長芋・しそ・柚子胡椒・醤油・粉末だしを入れて混ぜる。
2.茹で上がったパスタとバターを1に加えて混ぜる。
3.器に盛って刻み海苔を散らして出来上がり。

短時間で簡単にできたし、ボリューム、内容、共にちょうど良かった。

以前に、ささ身と納豆のスパゲッティを作ったことがあったが、納豆とパスタ、色々アレンジできそうだ。

イメージ 1

外出したり忙しかったりで、久々に家でゆっくり過ごす休日。

これまた久々の休日恒例ランチのパスタ。

先日外出した先で、アボカドが入ったスパゲッティ・ジェノベーゼを食べたら美味しかったので、自分なりのアレンジで作ってみることにした。

アボカドとマッシュルームのジェノバ風スパゲッティ

1.バジルの葉・からいりした松の実・にんにく・オリーブオイル・塩をフードプロセッサーなどにかけ  てペースト状にする。
2.1をボウルに移して粉チーズを加えて混ぜ、味を調える。
3.フライパンにオリーブオイルとみじん切りにしたにんにく入れて弱火で熱する。
4.香りが立ったら、切ったマッシュルームを入れて炒め、塩・胡椒・白ワインをふる。
5.火を止める直前に、小さく切ったアボカドを加えて軽く火を通す。
6.茹で上がったパスタと5を2のボウルに入れ、手早く混ぜる。
5.器に盛って出来上がり。

外出した先で食べたものにはアボカドと海老が入っていたのだが、材料費が上がってしまうので断念(笑)。
見切り品のマッシュルームを使った。

ジェノベーゼを作ったのは二度目(前回の記事はこちら)だったが、今回もなかなか美味しくできた。

さて、久々の休み。
休日出勤の代休をとって、嬉しい連休だ。

今夜も何か作ろう♪

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事