ぱすた!PASTA!パスタ!

[ リスト | 詳細 ]

定番から変り種まで。
週に一度は食べているパスタ料理!
記事検索
検索

イメージ 1

先日の休日のランチ。

この日は家にあるものをパスタに使う事に。

冷蔵庫や食品庫を物色した結果、作ったのは・・・

さば缶と小松菜の和風(?)スパゲッティ

1.小松菜舞茸を食べやすい大きさに切り、にんにくをみじん切りにする。梅を潰してペーストにする。
2.フライパンにオリーブオイルと1のにんにくを入れて弱火でじっくり熱する。
3.香りが立ったら舞茸を加えて炒め、日本酒をかけて蓋をして蒸す。
4.小松菜と、さば缶を缶汁ごと加えて炒め煮にし、1の梅ペーストと醤油で味を調える。
5.茹で上がったパスタを加えて手早く混ぜる。
6.器に盛って出来上がり。

さば缶を使ったパスタは久しぶりで、過去の記事を見てみたら、使ったのは3回目だった。


今回も実に簡単で、さば缶の臭みもわりと消えて良かった。

オリーブオイルを使ったので(?)をつけたが、今まで60種類以上のパスタ料理を作ってきたのに、“和風”が少ないようだ。

もっと増やそう。

開く コメント(6)

イメージ 1

昨日の休日のランチ。

またしてもノーアイディアのまま嫁さんと一緒にスーパーへ。
並んでいる食材を見ながら「具は何を使おうか、どんな味付けにしようか」と思案した。

茄子が食べたくなったので購入。

後は何かタンパク質が欲しいと考えていたら、刺身のコーナーに「びん長マグロのトロ」が200円という低価格で売られていた。
1パックのみ、しかも量もちょうど良い。
なんとか使ってみようと思い購入。

会計を終え、店を出る頃になってようやくイメージが固まった。

前置きが長くなったが・・・

あぶりトロと秋茄子のスパゲッティ

1.茄子を縦に四つ切りにし、塩をふって水分を出させる。出た水分と塩は拭き取る。
2.にんにくをみじん切り、唐辛子を小口切りにし、しめじを小房を分ける。
3.フライパンにオリーブオイルを熱し、1の茄子に焼き色をつけて取り出す。
4.同じフライパンにオリーブオイルを足し、2のにんにくを入れて弱火でじっくり熱する。
5.香りが立ったら2の唐辛子としめじを加えて白ワインをふって炒める。
6.トロに塩をふって串に刺し、コンロの直火にかざして表面をあぶる。
7.茹で上がったパスタ、みじん切りのパセリ、3の茄子を5に加えて手早く混ぜ、塩で味を調える。
8.器に盛って、6のトロを盛り付けて出来上がり。

一口食べて、嫁さんと顔を見合わせて思わずニッコリ。

思いつきで作ったのだが、表面をあぶったトロとパスタが良く合った。
我ながら塩加減、茹で加減もバッチリだった。

また本日もアンチョビペーストを使用。

美味しいパスタを食べ、楽しい休日・・・だったらよかったのだが、昨日はこの後休日出勤。
最近まともに休んでないな。

ともかく、美味しいパスタが出来てよかった。

開く コメント(8)

イメージ 1

昨日のランチ。

午後から出勤で、嫁さんが午前中用事で外出の為、私が用意する事になった。

トマトソースのパスタにすると決めていたのだが、具材については“ノープラン”の状態でスーパーへ。

イイダコが安かった(普段の相場は知らないが、たぶん・・・)ので、購入。

という訳で・・・

イイダコとアスパラのトマトソーススパゲッティ

1.にんにくと玉ねぎをみじん切り、イイダコ、アスパラをそれぞれ食べやすい大きさに切る。
2.フライパンにオリーブオイルと1のにんにくを入れて弱火でじっくり熱する。
3.香りが立ったら1の玉ねぎを加えて炒める。
4.イイダコを加えて炒め、白ワインを加えてふたをして蒸す。
5.完熟カットトマト(缶詰)を加えてトマトの形が崩れるまで煮て、塩・胡椒で味を調える。
6.パスタが茹で上がる直前に、同じ鍋にアスパラを入れて一緒に茹でる。
7.茹で上がった6とみじん切りにしたパセリを5に加え、手早く混ぜる。
8.器に盛って出来上がり。

今回は3の工程の際に“アンチョビペースト”を使用。
もちろん無くても大丈夫なのだが、やはり独特の塩味で風味豊かに仕上がる気がする。

久々にトマトソースのスパゲッティを作ったが、材料が安かった上に美味しく出来て良かった。

開く コメント(4)

イメージ 1

休日恒例ランチのパスタ。

昨日、仕事で担当した宴会で、帆立の刺身が残っていたので持ち帰り。
これを使う事に決定。

帆立とほうれん草のスパゲッティ

1.にんにくをみじん切り、ほうれん草を食べやすい大きさに切る。唐辛子を半分に切って種をとる。
2.フライパンにオリーブオイルと1のにんにくと唐辛子を入れて弱火でじっくり熱する。
3.香りが立ったらアンチョビペーストと帆立を加えて炒め、白ワインをふってふたをする。
4.パスタが茹で上がる少し前に3にほうれん草を加えて炒める。
5.茹で上がったパスタとパセリのみじん切りを加えて手早く混ぜる。
6.器に盛って出来上がり。

シンプルだが、帆立の旨みに白ワインが加わって良い味が出た。

アンチョビペーストは良い役割をしてくれる。
特にオイルベースのパスタの時は独特の風味と塩味で大活躍だ。

本日はランチにこれを食べた後、休日出勤。

パスタのおかげで良い仕事ができたかな。

開く コメント(4)

イメージ 1

休日恒例ランチのパスタ。

久々にクリーム系のパスタを食べたくなったので、生クリームを購入。
あとは家にあるもので手抜き気味に・・・

あおさと柚子胡椒のクリームパスタ

1.フライパンに水を入れて煮立たせ、あおさ海苔を加えて混ぜて溶かす。
2.生クリームと柚子胡椒を加えて塩で味を調え、再び煮立ったら火を止める。
3.パスタが茹で上がる直前に再び火をつけ、缶汁をきったツナを加える。
4.茹で上がったパスタを加え、手早く混ぜる。
5.器に盛って出来上がり。

このように、あっという間に簡単に出来上がった。

本日はスパゲッティではなくリングィーニを使用。
クリームがよく絡んだ。

このところよく使う柚子胡椒。
クリームソースとの相性もバッチリだった。

彩りが地味だったかな・・・(苦笑)。

開く コメント(8)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事