ここから本文です
情報をイロイロ(/▽\*)

書庫全体表示

スコーン〜

イメージ 1

こん(/▽\*)

ヤスリを買ってきた私です♪

どーしても、鉄を削らないと
いけなくなってね


1mmの
鉄板

クロムメッキ付き!





電動工具なんて持ってないよー


で、ヤスリを買いに…


金属用工具の棚を物色…


サスガに
丸いのや平たいヤスリがある位は知ってます


で、ダイヤモンドが付いてるヤスリとか…


なに?


ガラス用?



いやいやいや、金属用ヤスリを物色中なので

鉄を削るんだよね…


数が多すぎてワカラン!


で、店員さんですよ♪


薦められたのが

呉のヤスリ


仁方ヤスリ


重いよー♪

硬いよー♪

削れるよー♪




広島で作ってるんだって

広島って何でも作るよね…

車とか…
護衛艦とか…
潜水艦とか…


お好み焼きとか…




えっと
広島って、戦艦ヤマトを造った所だよね♪


はい♪



んでっ今夜はスコーンのお話♪


世界一料理が不味い国ってイギリスだと言われてます

そこの食べ物です♪




スコーン(英:scone)は
英国の菓子の一種です。
スコットランド発祥の、菓子のような小型のパン。


小麦粉(薄力粉)にベーキングパウダーと少量の砂糖を入れ、バターを加えて混ぜ合わせます。

さらに牛乳を加えてなめらかな生地を作り、台の上に延ばして適当な大きさに切り分けます。
小型の太鼓形などに成形し
オーブンで焼く。


伸ばした生地を丸い型で抜いた
円筒形のスコーンも多くみられます。


好みで生地に卵や生クリーム、干しブドウやオレンジピール、チーズやチョコチップなどを加えることもある。



英国のアフタヌーン・ティーにはスコーンが出されることが多く
スコーンは、イギリスのアフタヌーン・ティーに欠かせないものとされています。

この時は、ジャムやバター
生クリームやクロテッドクリームを添えて食されます


パンは大別すると、
無発酵パンと発酵パンに分けられ

膨らまないパン
そして、発酵もしくは化学的膨張剤で膨らませたパンに分けられます

無発酵パンの例として
インドのチャパーティーのように、うすく焼くものがあり
これらは生地は膨らみません

発酵で生地が膨らむものは
普段、目にしているパンの数々です

化学的膨張剤によって膨らむものは
中国の饅頭など

イギリスのスコーンは
これにあたります








スコーンですよ!


イギリスって食べ物が美味しくないって言われます

理由があってね…


イギリスは、昔
騎士の国、紳士の国って言われてました




必然的に食べ物も質素になります。


これが数世紀も…






もう1つ

イギリスは産業革命がありましたね

なので、大都市に人が集中…


当然、農地等で働いていたときより
手に入る食材も減ります


しかし、労働者は大忙しなので
取り敢えず
栄養を取ることだけに集中…


味や見た目を考えなかったらしい…



仕方無いね…






イギリスでも美味しい料理はありますよ

カレーはイギリスが改良したんだっけ?


後は…
タラのフライ?


それと…
ローストビーフ?

だっけ…


ごめんなさい…


自信ない…

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事