ここから本文です
情報をイロイロ(/▽\*)

書庫全体表示

ベシャメルソース〜

イメージ 1

おは〜(/▽\*)

近所の薬局でカメさんを飼ってるんですよ♪

冬の間、水槽の中に居なかったので

逝ったの!?

と思ってたら

2日前に
また、ヒョッコリ姿を見せてました


お前達…どこ行ってたの?


不思議です…





んでー今朝はベシャメルソースのお話♪


あ、基本中の基本のソースです

作れないと何も作れない♪


はい♪


ベシャメルソース(仏:sauceb・chamel)は、小麦粉で作った白や淡い黄色のルーを
牛乳で溶いて滑らかになるまで煮詰めた白いソースです。

フランス料理の基本的なソースのひとつであり、他のソースのベースとなる。


小麦粉とバター(バターと小麦粉は1対1)を加熱して
小麦粉に火を通し
かき混ぜたルーに温めた牛乳を徐々に加え、
トロミが出るまで攪拌し
塩等で味付け
濾して仕上げます。

または、小麦粉とバターを練り込んだ
合わせバターのブール・マニエを、熱した牛乳に加えて泡立てて作る事もできる。

ソースの濃さは、牛乳と小麦粉の分量によって調節。


ベシャメルソースの発祥は定かではなく

カトリーヌ・ド・メディシスのトスカーナ州出身料理人が発明し、
17世紀にイタリアからフランスに伝えたとされています。








実は、ホワイトソースによく似ています


上記は大雑把なので…

作り方を…


材料

バター…20g
牛乳…400ml
小麦粉…大さじ2
塩・こしょう…少々


作り方
1. 厚手のなべにバターを入れ火を付けます
弱火で温め、バターが溶けて泡立ってきたら、フルイにかけた小麦粉を加え、木べらでゆっくりと温めます

2. バターと小麦粉がなじんでダマがなくなったら
少し火を強め小麦粉の粉っぽさがなくなり
ペタペタした状態になるまで火を通します

火を止めて、60℃に温めた牛乳を少しずつ加えて混ぜ、のばします

3.これをを中火にかけ、塩・こしょうして味をととのえ

ダマが出来ないよう弱火で混ぜながら、なめらかなトロミと艶が出るまで火を通します

この間、木べらで鍋底をこそぐ様にしてソースが鍋にくっつかない様に
常に動かします

そのうち、鍋底が見える様になります

そして火を止めます

網やザルなどで濾します


できあがり。






とにかく、ダマにならないよう弱火で
焦がさないようにヘラを動かし続けると大丈夫です







作ってみますか?

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事