ここから本文です
情報をイロイロ(/▽\*)

書庫全体表示

コショウ〜

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

おは〜(/▽\*)


昨日は青空でしたー


全国各地
殆んど青空だったようです

でね、晴天の空の上に

小さい白い雲がね、あったんですよ

白くて、霞がかかった様な…


半円形の…雲がね


雲…






月じゃん!?



私は何を…


月と雲を間違えるなんて…



ショック…




そう言えば
月って昼間にも見えるんですよね♪


真っ白い月♪

夜だと黄色い♪


この違いを
どっかの女子学生さんが研究してました!


昼間の月は
太陽の青い光などの乱反射が月の光に混じるので
白くなるらしい♪

夜は青い光が無いから黄色!


スゴいね〜


頭いい♪



ちなみに月は

月は、平均約29.5日で、「新月→上弦→満月→下弦→新月」という満ち欠けを繰り返しています。

満ち欠けの原因は、月と太陽との位置関係が変わることによって、地球上から私達が見ている月面の
どの部分が太陽に照らされて輝いているかが変わるために起こります。

新月の時は、月は太陽と殆んど同じ方向にあり、
太陽の光が当たっている側は地球から見えません。

月は地球を回っているので
それから、1日に約12度ずつ

月は東に向かって移動
太陽から離れていきます。

新月から満月までは、月の西側が太陽に照らされて光ります

太陽との角度が離れるにしたがって、月の光っている部分の面積は徐々に大きくなり、
月全体の明るさも明るくなっていきます。


そして、太陽と月が180度離れたときが満月。

満月を過ぎると、
今度は太陽からの角度は小さくなっていきます。
角度が小さくなるにつれ、月の光っている面積は小さくなります
明るさも暗くなる

この時、満月から新月までは、月の東側が光っています。





うん♪





んでっー今朝はコショウのお話♪


昔は
コショウと金は
等価値でした〜(/▽\*)



コショウ(胡椒、学名:Piper nigrum)は、被子植物門双子葉植物綱コショウ目コショウ科コショウ属
のつる性植物
または、その果実を原料とする香辛料のことです。

原産地はインド。


味は、とても辛い
ピペリン (piperine)という化学物質が胡椒に独特の風味を与えています。


収穫のタイミングや製法の違いにより以下の4種類が存在。


○黒胡椒
別名『ブラックペッパー』
胡椒の木から取れた完全に熟す前の緑色の実を長時間かけて乾燥させ黒色に変色させたもの。

乾燥の際皮にシワが発生するが、剥がさずそのまま使用します。

○白胡椒
別名『ホワイトペッパー』
赤色に完熟してから収穫した後、乾燥させた後に水に漬けて外皮を柔らかくして剥ぎ取った物
中には白色の実があります

ブラックペッパーより風味が弱い

薬用に使われる事があります

○青胡椒
完全に熟す前の実を収穫します
ブラックペッパーと異なり塩漬けまたはフリーズドライ加工したもの。

青胡椒と呼ばれるが、実の色は緑。
「爽やかな特徴のある辛み」があります

赤胡椒
赤色に完熟してから収穫したもの
ホワイトペッパーと異なり
外皮をはがさず、そのまま使用します。

黒コショウと同じく外皮が皴になる特徴がある。
色はくすんだ赤色。





一般にコショウの賞味期限は長いと思われがちですが
コショウの消費期限は約2、3年です。

粉に挽いた後の物は
いっそう香味が飛びやすくなるので賞味期限が短くなります。





コショウは、古代からインド地方の主要な輸出品でした。
紀元前4世紀、古代ギリシアの植物学者テオフラストゥスは『植物誌』の中でコショウと長コショウを考察しています。


コショウは当時から貴重であり、紀元1世紀のローマの歴史家大プリニウスは1ポンド(約500グラム)の長コショウの価値は15デナーリ、白コショウは7デナーリ、黒コショウは4デナーリと記録しています。


胡椒は、ピペリン(piperine)による抗菌・防腐・防虫作用が知られており、冷蔵技術が未発達であった中世においては、料理に欠かすことの出来ない物でした

特に、大航海時代において
食料を長期保存する為
極めて珍重された。


ヨーロッパでは非常に重宝されており
十字軍や、大航海時代の遠洋航海などの目的の1つが胡椒であったという見方もあります


コショウは、高値で取り引きされており
1世紀のローマでは
金や銀と胡椒が同重量で交換されたかのような表現もされています


中世ヨーロッパにおいては、貨幣の代用として用いられていました。


日本には中国経由で伝来しており、

その為
日本でもコショウ(胡椒)と呼ばれます。

756年には、『東大寺献物帳』の中にコショウが記載されています。

当時、日本ではコショウは生薬として用いられていました。

平安時代には調味料として利用されるように…








コショウねー



使いますよね


味を誤魔化せますから


多少、味付けを失敗しても

たくさん振りかければ

大丈夫?



かもしれない♪



ちっがーうっ!!





訂正、訂正!


ヤッパ、ムリッ!!

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事