ここから本文です
情報をイロイロ(/▽\*)

書庫全体表示

記事検索
検索

全241ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

メーザ〜

イメージ 1

こん〜(/▽\*)

雨?

雨だよね♪


台風のせいかな?




また大雨か…(;;)



雨って地面に蓄積するんですよね

つまり、土が吸収できる限界まで雨が降ると

その後

少しの雨でさえ

地面が崩壊します


気を付けてね〜



んでっ〜今夜はメーザーのお話♪




レーザー光線に似てますが

ちょっとだけ違う〜
ヾ(´・ω・`)




メーザーは
目には見えませんです
(゜ロ゜ノ)ノ





メーザー(マイクロ波増幅装置):英:maser)は
原子、分子の誘導放射の性質を利用して
マイクロ波を増幅または発振させる装置の事です。

メーザーは略語であり

microwave amplification bystimulated emission of radiation
(電磁波の誘導放射によるマイクロ波の増幅)

の頭文字をとったもの


アメリカの物理学者C・H・タウンズが命名しました


1954年に、アメリカで発明

特性として、周波数、位相が整っている理想的な波を発生します


メーザーはその後
1960年に開発された、同じ原理による「レーザー」(ミリ波より短波長のもの)を生み出す基礎となりました

メーザーは
アメリカのタウンズにより着想され、
1954年にアンモニア分子の反転二重項状態間の遷移で初めて発振されました。

アンモニア分子ビームを不均一電場の中を通すことにより、上の準位の分子のみを選別して空胴共振器に入れマイクロ波の自励発振に成功します。


メーザー発振には、さまざまな方法があり

大きく分けて、気体メーザーと固体メーザーに大別することが出来ます

メーザーには、ルビーメーザーがよく使われ
これは、遷移金属イオンなどを含む常磁性結晶において、磁場印加により分離した電子スピンの副準位間の遷移を利用して発振します

メーザーの発振には
原子(分子)の三つの準位を用いて
これに強い電磁波を照射し
その中の二つの準位間で反転分布を得る方法が一般的です。



メーザーの特徴は…
発振器として使用すると周波数安定性が抜群によく、増幅器としてはきわめて低雑音で増幅出来ます


アンモニア分子線メーザーや水素原子線メーザー(約1420メガヘルツ)などの気体メーザーは主に
周波数標準または原子時計に利用され
高分解能の分光器にも利用されています。


固体メーザーは
微弱信号観測のための増幅器として、電波望遠鏡や高感度レーダーに利用されています。











メーザーですよ♪


宇宙ではメーザーがよく自然発生してるんですよ


メーザーと思われる電波がよく観測されてます

悲しい…

「京都アニメーション」の訃報に際し

今回の事件でお亡くなりになられた方への
お悔やみを申し上げます。

また、被害に遭われた方の一刻も早いご回復をお祈りしております。

福神漬け〜

イメージ 1

こん〜(/▽\*)

暑いね♪


昨日の晩ごはんは
ローソンのカレー弁当でしたっ!


ニッキュッパ!



でね〜

新発売シールとか貼ってあった


けど…



あまり美味しくない…


昔と違うな〜
ヾ(´・ω・`)


なんだろう…

一応、スパイシーなんですけど

やはり、スープ…


料理って
スープが上手に出来ないと

アウトですからね


あーっ(・・;)


ニッキュッパが
いけなかったのかな?



一応、フォローしなきゃ…


『ローソンのカレー弁当!』


『食べても大丈夫』
(^^)d



え…


フォローになってないの?


うぅ…




んでっ〜今夜は福神漬けのお話♪


カレーには


憑き物…

付き物だよね〜


ごめんなさい…ハズシタ



福神漬け(ふくじんづけ)は
漬物の一種です。

大根、なす、かぶ、なた豆、しその実、うり、れんこん等を細かく刻み、
みりん醤油に漬け込んだもの。


よく、カレーライスのつけ合わせにする。


起源は…
1885年に
東京上野の漬物店「酒悦」の野田清右衛門が考案したものとされています。


由来は…
素材に、7種の材料を用いる

それを、上野の不忍池の弁財天(七福神の一人)にちなんで、
戯作者の梅亭金鵞が名づけたとされています。



作り方ですが…

材料

ダイコン、ナス、カブ、ナタマメ、ウド、シイタケ、シソの実、ショウガ、タケノコ、ニンジン、蓮根


この中の素材を
適宜用います。


実は、各素材が
各々、収穫期が異なるため、

あらかじめ、最盛期に塩漬け、または乾燥しておきます


中でも
ダイコンは、乾燥させます
また、タクアンや干し大根を買ってもよいです

そして、蓮根は
酢を入れたお湯で下茹でして下さい

他は塩漬け


乾燥もしくは塩漬けした野菜を細かく刻みます

その後、水でさらして塩抜きします

塩抜き後
布に入れ搾り
水分を十分
取り除きます




そして調味液に漬け込みます。


調味液(家庭で少量作る分です)

塩…大さじ1
酢…大さじ3

醤油…200CC
酒…120CC
砂糖(ザラメがよい)…大さじ3
水飴…大さじ1


酢以外の調味料を
鍋に入れ、沸騰させて殺菌します

あら熱が取れたら、酢を入れます





この調味液に1週間漬けます


材料の野菜ですが…

市販の塩漬けや浅漬けを数種類混ぜても出来ますよ


塩昆布の千切りを入れても美味しい


調味液さえなんとかなれば…出来ます


調味液はアレンジが出来るので

好みの分量で…








福神漬けですよ!


市販のものは内容に規格があって、
材料の配合割合が定められています


醤油を使ってない製品が多く

味は落ちます♪






有名な話ですが…
カレーライスの付け合わせにされたのは

色が

「チャツネ」

に似てたからだって〜



本来、乗せるべきチャツネが甘くて
日本人の口に合わなかった



そして、チャツネの在庫を切らしてしまった

調理人苦肉の策です♪


結局、漬け物を乗せたら
大ヒットって…


ホントかなぁ〜

オヒョウ〜

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

こん〜(/▽\*)

暑いね♪


なので
ゼリーばかり食べてる私です♪


いや、たくさん貰ったし…


みかんゼリー



50個くらいかな…

うぅ…



も〜いい!


食べます!食べればイインデショ!!



んでっ〜今夜はオヒョウのお話♪


カレイの仲間です♪


オッキイよ〜


ちなみに、漁師さんも襲われる事があるんだって〜









オヒョウ(大鮃:学名:(オヒョウ属)Hippoglossus:英:halibut)は、カレイ目カレイ科オヒョウ属の海水魚です

形状や生態はカレイに似ていますが
1mを超える大型の魚。




オヒョウは
世界に複数の種が存在し、
主に、日本の北洋からオホーツク海、大西洋、ベーリング海、北極海などの冷たい海の
水深400mから2000m付近の大陸棚に生息します。



日本近海では東北地方以北の各地と日本海北部に、タイヘイヨウオヒョウ(学名:Hippoglossusstenolepis)が生息。


外見は…

全長1-2m以上
大きいものは3mを超えます、体重も200kgを超える。

なお、このサイズになるオヒョウはメスであり、オスは大きくてもメスの1/3程度の大きさにしかなりません。


目のある側は暗褐色で、反対側は白色。



長寿であり
150歳を超える寿命をもつものも生息します。



性格は、肉食で獰猛

釣り上げた時に暴れるため、漁師が怪我をすることもあります。



オヒョウは食用になり

身は良く締まった白身

脂肪が少なく淡白な味。


刺身で食べられるほか、ムニエルやフライなどでも食べられます。


代表的なフィッシュ・アンド・チップスの素材として
イギリスでは庶民料理として人気があります。

なお、日本では味が薄いと言われ
カレイと比べてあまり高く評価されていません


比較的安い市場価格で流通しているので

回転寿司に利用され
えんがわとして提供されることが多い(ヒラメの代用魚として使われます)


栄養価は
たんぱく質や脂肪のほか

ビタミンAおよびビタミンDが豊富であり、
肝臓からは肝油も採ることが出来ます









オヒョウです!
!!(゜ロ゜ノ)ノ


座布団より
オッキイよ♪


食べごたえありそう…

ところてん〜

イメージ 1

おはー(/▽\*)

休み明けが
一番ツライ〜


学生さんは
もう夏休みかな?


まだかな…


イーよね
夏休み♪


また10連休
やってくれないかな〜





んでっ〜今朝はところてんのお話♪


酸っぱい
(‘*‘)










ところてん(心太)は
海藻である天草、大房、鬼草などの紅藻類から寒天質を熱湯で抽出し、それを冷却してゼリー状にしたものです。

これを柱状に切り、長方形で片面が網の目になっている容器(ところてん突き)に入れて麺状に突き出し
酢醤油(二杯酢)、からし醤油、糖蜜などで食べます。


ところてんは透明感があり、柔らかい感触は涼味を感じる事が出来るため
夏の味覚として古くから好まれています。



ところてんは日本独特の海藻製品であり、
奈良時代から食用されていたことが正倉院の宝物中に記録されています。

天草は古くは、
「こるもは」、または「こころふと(心太)」と呼ばれ

これからつくった食品の「ところてん」も、初めは「こころふと」と呼ばれていました


これが、
こころふと→こころてい→こころてん→ところてんに転訛したものであろうと言われています。



ところてんは、寒天質以外の不純物を含んでいるので、
少し磯臭さがあります。

なお、冷やし固めた「ところてん」を凍結させた後に
溶かして不純物を取り除き、乾燥させたものが寒天。

近年の「ところてん」は、この寒天を材料としてつくられているものが多い。

天草等で作ったものに比べ、色つやはよいが、磯の香りがなく、弾力も少なくなります。


つまり、風味は劣ります。


ところてんの栄養ですが…
実は、99%が水分で
タンパク質、炭水化物、無機質をごくわずか含みます

脂質、ビタミン類は含有しません。

固形分としての炭水化物は多糖体のアガロースやガラクタンで、ほとんど消化されません。








ところてんですよ♪


作り方書こうかと思ったんですが…

手間がかかるので…

しかも、専用の器具がないと

包丁で麺状にするのは難しいのです〜









私は、酢醤油で食べるのが好き♪

全241ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事