全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

映画「超時空要塞マクロス〜愛・おぼえていますか〜」劇中最終決戦時のステージ衣装のミンメイです。
フィギアプラモデル「PLAMAX」シリーズの一つで、多色成型パーツとデカールにより無塗装でも設定に近い色分けで仕上がりますが、今回はデカール処理できる部分(瞳/眉毛とショールなどに入る黒ライン)以外は全塗装して仕上げています。


イメージ 2

前述のように色分け成型されているのでスケールに対してパーツ点数は多め(ベース含め全22点)ですが、パーツ単位で塗装すれば基本的に塗り分けのマスキングが不要になるのでむしろ好ポイントです。各パーツのパーティングラインなど表面処理を済ませ組み立てる前に塗装しましたが、髪の毛のみ前後分割のため合わせ目処理が必要なものの顔パーツを挟み込みつつ接着する設計になっているので、顔パーツ側のダボをカットすることで後ハメできるように加工しています。ただし顔パーツを前後接着後の髪パーツに取付ける際、髪モールドの一部がやや干渉するので注意が必要でした。

イメージ 3

塗装前にクリアパーツを除く全パーツをガイアNAZCAピンクサフで下塗り後クレオスMr.カラーGXクリアパープルをシャドウ色、ガイアカラーのセミグロスホワイトをハイライト色としてエアブラシし下地色に濃淡を付け、その後の本塗装は基本色をベタ塗りして下地の濃淡の影響で基本色の色味を変化させるB&W(ブラック&ホワイト)技法を応用したP&W(パープル&ホワイト)技法で塗装しています。なお以下特記がない限りエアブラシ塗装です。
肌部分はガイアカラーのノーツフレッシュホワイトを基本色としましたが、白くなり過ぎたのでクレオス「美少女フィギアカラーセット」のペールオレンジを薄くオーバースプレーして補正し、最後にガイアカラーEXフラットクリアでツヤを消しています。
髪はクレオスMr.カラーのブルーFS15050(ブルーエンジェルスの青)。こちらも最後にガイアカラーEXフラットクリアでツヤを消しています。
服の白部分はガイアのセミグロスホワイトを基本色としクレオスMr.カラーのホワイトパールを重ねています。服のピンク部分はクレオス「みるきぃぱすてるレッドVer.」のミルキーストロベリー。服のクリア部分はキットパーツの成型色のまま無塗装です。なお服は基本的に各塗料の光沢をそのまま活かしたグロス仕上げです。
マイクおよびスタンドはガイアカラーのアルティメットホワイト。スタンドの統合軍マークはマスキングしてガイアカラーのシャインレッドを吹いています。
首スカーフのブローチ、マイクの帯および口の3ヶ所はシタデルカラー筆塗りで塗り分けています。

全パーツの塗装およびデカール貼り完了後に組立てて完成させました。ツヤのコントロールは各パーツ塗装時に済ませてあるので最後にクリアコートなどは行っていません。

イメージ 4

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事