全体表示

[ リスト ]

いよいよ来月開催の「最低野郎展」の参考出品作として宣言通りウェーブ1/35スコープドッグターボカスタム「ザ・ラストレッドショルダーVer.」の4体を組んでいますが、本体の組立てが完了したところでタカラ版とは随分印象が違うんだなあと感じ、具体的にどこがどう違うのが気になってきたので手持ちのタカラ1/35スコープドッグを引っ張り出してきてパチ組みして比較してみました。

イメージ 1

イメージ 2

全体的なサイズに大きな差は無いものの、タカラ版は下半身が太ましく上半身や頭部も横にストレッチ気味なのでどっしりとした戦車的な重量感を感じるプロポーションです。よりアレンジが強かった1/24スケールキットよりは設定画に近いと言われていましたが、それでも今改めて見ると陸戦兵器らしさを求めたからであろうタカラ独自のアレンジを強く感じます。
ウェーブの1/35新キットは初見でやたらスマートに感じたのですが、むしろこのバランスの方が設定画に近くてタカラのスコープドッグプラモの印象が今なお記憶に強く残っているんだなあと改めて感じました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事