全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

Bf109と並ぶWWIIドイツ空軍の主力戦闘機。
エデュアルドが新たに展開中の1/72スケールキットの一つで、プラパーツのみで構成されたウィークエンド版キットを製作しました。

イメージ 2

空中線をモデルカステンのメタルリギング0.3号で追加した以外はキットパーツをストレートに組んでいます。1/72スケールでありながらピトー管や機銃銃身はもとよりアンテナ類までプラパーツで再現しており、機体表面のパネルラインやリベットもスケールを感じさせない非常に繊細なディテールが施されています。パーツの合いも非常に良好で合わせ目の処理もパテ不要です。

イメージ 3

塗装は細部を除き迷彩も含めエアブラシを使用。
機体色はクレオスMr.カラーのRLM74グレーグリーン、RLM75グレーバイオレットおよびRLM76ライトブルーの一般的な大戦後期の三色迷彩。機首下部は同RLM04イエロー、胴体の帯は同スカイブルーとホワイトFS17875。機体内部は同RLM02グレー、コクピット内は同RLM66ブラックグレー、プロペラは同RLM70ブラックグリーン。他細部はクレオスアクリジョンカラーを筆塗り。
マーキングはII./JG300所属「黒の12」を選択。機体両側面を這う赤/黄色の蛇がインパクト満点です。キットには1/72スケールにも関わらず機体各部のコーション類までデカールが付属しているので、これらも頑張って全て貼りました。
塗装完了後、クレオスMr.アクリジョンカラーのステインブラウンでスミ入れしタミヤウェザリングマスターAのサンドと同Bのススでウェザリングして仕上げました。

イメージ 4

閉じる コメント(2)

ドイツ機の迷彩はいいですね❗

2019/7/3(水) 午後 11:05 ほりでいもでらあ 返信する

顔アイコン

> ほりでいもでらあさん
特にこの大戦末期の迷彩色は他国とは全く違う色味なので面白いですね。

2019/7/5(金) 午前 9:33 [ みぶろ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事