全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

アニメ「機動戦士ガンダムSEEDスターゲイザー」に登場するモビルスーツ。
本作のみ登場のバリエーション機でありながら2006年に通常型バクゥを差し置いて先にHG化され、通常型バクゥや発展型のラゴゥがHG化される2012年まで唯一のバクゥ系MSのHGモデルでした。

イメージ 2

組立てはほぼ無改造ストレートですが、古めのHGなので合わせ目消しが必要な部分が多く結構時間がかかりました。また合わせ目消しを行うために色が違うパーツ同士を予め組まないといけない箇所が複数あり、かつ一部は後ハメ加工も出来ない構造だったので塗装の段取りに悩みながらの組立てとなりました。
モノアイはシール貼付式だったのでウェーブのHアイズミニ(裏にハセガワミラーフィニッシュを貼付)に置き換えましたがモノアイがよく見えないフェイスデザインなのであまり効果はありませんでした(笑)。またケルベロスウィザードから生えている頭部の口内ビーム砲口にもHアイズ角を仕込みました。

イメージ 3

塗装はクレオスのアクリジョンカラーおよびシタデルカラー筆塗り。
本体色はアクリジョンカラーのミッドナイトブルーにフラットベースを添加した物。関節部は同タイヤブラック。白色部分は旧シタデルカラーのブリーチドボーン。赤色部分は同レッドゴア。紫色部分は同ホーマゴーントパープルです。本来の色指定よりも濁った色を選択しロボットというより生物的な色味にアレンジしています。
頭部のグリーンのセンサー部は塗装ではなくハセガワのミラーフィニッシュとクリアーグリーンフィニッシュの重ね貼りで着色しています。
基本塗装完了後、クレオスMr.ウェザリングカラーのラストオレンジおよびマルチブラックでランダムにフィルタリングし、同グランドブラウンでスミ入れ後タミヤウェザリングマスターAのマッドで脚まわりを中心にウェザリングして仕上げました。

ディスプレイベース(タミヤのディスプレイベーススモール)にタミヤ情景ペイント粉雪を塗りバクゥの足型を付け、同タミヤウェザリングマスターAのマッドで掘り返された土を表現して劇中をイメージした雪原の情景を製作してディスプレイしました。
同機独自装備のビームファングはパーティングラインを消し先端を尖らせてクレオスMr.カラーGXのクリアーピンクをエアブラシし、全展開状態で機体にセットしました。

イメージ 4

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事