全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全481ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
バンダイSDCSシルエットブースター(ホワイト)発売。SDフレームおよびCSフレームの拡張パーツセットで、組み合わせにより通常より更に低身長や高身長スタイルにできます。また、それぞれ別売りのSDCSフレーム付属のジムヘッドとSDCSガンダムのパーツを当キット付属のパーツと組み合わせることでSDCSジムが製作可能です。
バンダイSDCS陸戦型ガンダム発売。
バンダイ1/60HG M9DファルケVer.IV発売。ウルズチーム隊長機です。機体形状のみならず専用武装も付属しています。
コトブキヤFA三二式一型轟雷・改発売。フレームアームズ・ガールで先に発表された轟雷・改が本家フレームアームズでも発売されました。

イメージ 2
ハセガワ1/20グローサーフント再生産。

イメージ 3
フジミ1/12NEXTスーパーカブ110(アーベインデニムブルーメタリック)および同(タスマニアグリーンメタリック)発売。同社から過去に初代スーパーカブが発売されていますが、今度は現行型スーパーカブが同社バイクモデルでは初の多色成型&スナップフィットなNEXTシリーズで登場しました。
アオシマBEEMAX1/24BMW M3E30スポーツエボリューション'92ドイツ仕様発売。既発売のラリー仕様し続いて1992年のDTMを走ったツーリングカーレース仕様が登場です。FINAカラーとイェーガーマイスターカラーの選択製作式です。

イメージ 4
アオシマBEEMAX1/24BMW M3E30スポーツエボリューション'92ドイツ仕様用ディテールアップパーツ発売。

イメージ 5
コトブキヤMSGウェポンユニット バトルランスおよびトライデントスピア発売。それぞれランス・ダブルブレードおよびブーメラン・サイズに代わる新製品です。
コトブキヤMSGヘヴィウェポンユニット マギアブレード発売。召喚攻撃魔法風の武装です。別売りの同社プレイングベースAと組み合わせることでダイナミックなディスプレイが楽しめます。

イメージ 6
ヴァリアントウイング エアフレームアルバム グロスター/A.Wミーティア発売。イギリス初の実用ジェット戦闘機の実機とプラモデル両方の情報がまとめられています。

イメージ 7
新紀元社 はじめてだって楽しい!フレームアームズ・ガールの教科書発売。オオゴシトモエさんの教科書シリーズ最新刊はフレームアームズ・ガールがテーマです。製作の基本中の基本から塗装法、そしてアレンジといった応用編までステップアップ方式で分かりやすく解説されています。
モデルアート フレッシュ&スキンフィギア塗装テクニックガイド発売。

イメージ 8
モデルアート ダグラス・リーのジオラマブック発売。世界的に有名なモデラーであるダグラス・リー氏が手掛けた12作品を撮りおろし写真で紹介すると共に一部作品については製作過程も詳細に紹介。また氏のロングインタビューなどダグラス・リーの「情景哲学」の全てが収められた一冊です。
モデルアート プロに学ぶ「本物そっくりに見違える」実践的ペイント術発売。スケールモデル各ジャンルにおけるリアルに見せるための塗装による表現法を紹介しています。

開く コメント(0)

イメージ 1

アニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」冒頭のメ号作戦(冥王星海戦)に参加した国連宇宙海軍連合宇宙艦隊第1艦隊全艦艇22隻セットというとんでもないキットです。
内訳は金剛型宇宙戦艦キリシマ、村雨型宇宙巡洋艦9隻、磯風型突撃宇宙駆逐艦12隻で、他にボーナスキット(パーツ配置の都合で結果的に余分に付属したもの)として村雨型3隻(チョウカイ、タカオ、アシガラ)と100式空間偵察機12機も付属します。
(今回100式は未製作。)

イメージ 2

村雨型、磯風型共に3種類づつのカラーパターンがあり、キリシマも含め多色成型で一部を除いて設定どおりの配色で各パーツが成型されているので、各艦同一色のパーツ同士のみ組立て(本来スナップフィットですが合わせ目消しと強度確保のため接着しています)し、各色塗装後に色違いのパーツを組立てて仕上げています。各艦とも特にディテールアップは行わずストレートに組立てています。

イメージ 3

塗装は各色パーツ共にガイアのサーフェーサーエヴォブラックをエアブラシしたものを下地色として各色をエアブラシしています。
基本色の内訳は、ホワイト:ガイアバーチャロンカラーのウォームホワイト、レッド:ガイアカラーのブライトレッド、グレー:ガイアダグラムカラーのグレー、イエロー:ガイアカラーの黄燈色、ブラック:ガイアカラーのセミグロスブラックです。キット成型色ではキリシマおよび赤黄白配色の艦とそれ以外の艦とで白色の色味が若干変えられていた(前者より後者の方がごくわずかにグレーががっていました)のですが、並べた時の色味の統一感を重視して同じ白色として塗装しています。
艦橋窓は基本色塗装後にガイアエナメルカラーの蛍光グリーンを筆塗り塗装しています。

イメージ 4

塗装完了後に最終組立てを行い完成形になったところでデカール貼付け。今回選択しませんでしたが、CAS-236チョウカイの代わりにCAS-707ムラサメ(劇中ガミラスとファーストコンタクトし最初の戦没艦となった艦)として仕上げられるよう当該艦用デカールも付属しています。

イメージ 5

デカール貼付け後にウェザリングとして各艦全体にクレオスMr.ウェザリングカラーのグレイッシュブラウンを薄く塗り伸ばし、同マルチグレーでスミ入れおよび部分的に表面にも薄く塗り込んでいます。ボーナスキット3隻はメ号作戦には参加していない艦(もっと早い時期に戦没したと思われる)なので、メ号作戦参加艦よりも傷みが進んでいない状態で仕上げています。

イメージ 6

各艦のディスプレイベースはガイアのサーフェーサーエヴォブラックを塗料代りにエアブラシ。キット付属のネームシールは各艦名表記ではなく「ムラサメ型宇宙巡洋艦」など艦種のみ表記された物だったので使用せず、市販のメタリックシール作成キットとPC&インクジェットプリンタで艦名シールを自作してディスプレイベースに貼り付けました。
またキリシマのディスプレイベースだけ支柱が長く作られているため他艦よりかなり高い位置にディスプレイされてしまうので支柱を23mm切り詰めて同高度にくるように調整しました。

イメージ 7

開く コメント(2)

イメージ 1
アトリエイット1/20青春少女5発売。当シリーズでは珍しいプレーンなポーズで、スレンダーな体型で造形されています。

イメージ 2
SWEET1/144FM-2ワイルドキャット、ハリケーンエースMk.I(メタルウィング、P-51B/C第15航空軍マスタング、二号零戦(三二型)報国号、零戦五二型/五二型甲および二式水戦(ショートランド)再入荷。

イメージ 3
タミヤ1/72三式戦闘機飛燕I型丁再入荷。
ハセガワ1/32F-104G/Sワールドスターファイター再生産。

イメージ 4
独レベル1/76シャールB.1bis&ルノーFT.17発売。旧マッチボックス製品で、フィギアや情景ベースもオリジナル同様そのまま付属しています。また履帯は接着および塗装可能な素材に変更されています。
グレンコモデル1/48ローマ帝国チャリオット発売。クワドリカと呼ばれる4頭立2人乗りの二輪戦闘馬車で、実戦用ではなく戦車競走用の豪華な装飾が施されたタイプを再現しています。
フジミ1/24ブラックバード再生産。

イメージ 5
モデルアート 航空自衛隊F-4ファントム写真集再入荷。

開く コメント(0)

イメージ 1
バンダイSDCSシスクードおよびシスクード(ティターンズカラー)発売。ゲーム「SDガンダム G GENERATION モノアイガンダムズ」などに登場するMSがSDCSシリーズに加わりました。
バンダイ1/144HGジ・オリジン シャア専用ザクII赤い彗星Ver.およびザクIIC-6/R6型発売。前者は既発売の同機キットにザクマシンガンが新たに追加されファルメル隊マーキングシールに変更されています。
バンダイ1/144HGガンプラスターターセットおよびガンプラスターターセット2再生産。

イメージ 2
バンダイ メカコレ宇宙戦艦ヤマト2202 零式52型改自律無人戦闘機ブラックバードセット発売。通常の無人型と有人型(加藤機)の2機セットですが、無人型2機として選択製作も可能です。
バンダイ1/144HGグレンダイザー(INFINITISM)発売。映画「劇場版 マジンガーZ/INFINITY」には登場しなかったUFOロボグレンダイザーを映画のメカデザインを担当した柳瀬敬之氏が同じ世界観で新たにデザインし既発売のHGマジンガーZINFINITY Ver.およびグレートマジンガーZINFINITY Ver.と同一スケールでキット化されました。主武装のダブルハーケンはもちろんダブルスペイザーも付属しています。

イメージ 3
マックスファクトリー1/20PLAMAX早瀬未沙発売。原型は同シリーズのリン・ミンメイ-愛・おぼえていますかVer.と同じくベテランの智恵理氏が製作しており、キットには右腕パーツが2種類(左手で抱えたファイルに右手を添えたポーズと敬礼ポーズ)付属しており選択製作可能です。

イメージ 4
ブリックワークス1/20Ma.K.女性整備兵(B)マルティナ技師、ヘビーメタル表紙バージョン女性パイロット、傭兵軍女性宇宙パイロット(B)浮遊(低重力/有酸素環境)およびハンナ中尉再入荷。当店売切分補充されました。

イメージ 5
イタレリ1/24ランボルギーニイオタSVJ発売。旧日東製キットをディスプレイモデルに改めた物です。
タミヤ1/24ラ・フェラーリ再生産。最終生産です。

イメージ 6
フジミ ちび丸大和および武蔵再生産。

開く コメント(0)

イメージ 1
グレートウォールホビー1/72F-15C MSIPII USAF&ANG発売。F-15C近代改修型の米空軍もしくは米空軍州兵所属機を選択製作できます。
エアフィックス1/72Me262-B1a/U1発売。既発売の戦闘機型に続き複座夜戦型が登場しました。
エアフィックス1/72B-25ミッチェルMk.II発売。英空軍仕様のB-25です。
エアフィックス1/72ファントムFGR.2発売。英空軍仕様のブリティッシュファントムです。
エアフィックス1/48マスタングMk.IV発売。エアロプロダクツ製プロペラを採用したP-51Kをベースにした英空軍向けマスタングMk.IVです。
エアフィックス1/48ホーカーシーフューリーFB.11「輸出バージョン」発売。オーストリア、カナダおよびオランダ軍マーキングが付属しています。
エアフィックス1/48ホーカーハンターF.6発売。古くはリンドバーグやニチモ、1990年代にアカデミーが1/48スケールの同機を手掛けましたが、遂に本家英国のメーカーであるエアフィックスが最新キットを世に送り出してくれました。
スペシャルホビー1/72ショートサンダーランドMk.V発売。何と新設計です。またエアフィックスのMk.III、イタレリのMk.Iに対し最終型のMk.Vを再現したキットです。

イメージ 2
エアフィックス1/72ボフォース40mm対空砲&牽引車およびM3A1ハーフトラック再生産。それぞれ初版当時のボックスアートに戻ったクラシックヴィンテージ仕様です。
フジミ1/700艦NEXT戦艦大和再生産。

イメージ 3
フジミ1/24フォードGT40 '68ルマン優勝車再生産。
フジミ1/24Y30セドリック/グロリアブロアムVIP発売。懐かしいキットに更に懐かしいエアロディスクホイールカバー4種(ポルシェ、ボルクレーシング、ヒーローズレーシングおよびインパル)が付属して再発売されました。
フジミ1/24スープラ3.0ターボA(大型リアウイング付)発売。大型リアウイングが追加されて再発売されました。
タミヤ1/6ダックスST70再生産。久々です。

イメージ 4
バンダイSDCSクロスボーンガンダムX1再生産。
コトブキヤ1/1メガミデバイスSOLストライクラプター発売。ラプターにホーネットのパーツが追加されカラーリングも変更された仕様です。

イメージ 5
ハセガワ1/20たまごガールズ クレア・フロスト(バニーガール)w/たまごひこーきミグ15発売。独自の世界を突き進む(笑)同シリーズも何と当キットで9作目。クレアの原型製作はハセガワフィギアモデルではすっかりおなじみの辻村聡志氏です。
トミーテック1/12リトルアーモリーM9&M93Rタイプ発売。M93Rは実銃同様ロングマガジンおよびフォールディングストック取付状態も選択可能です。またボーナスパーツとしてM9バヨネットと同シースが付属しており、近日×売予定の同シリーズのM4A1タイプ2.0に装着可能です。

イメージ 6
タミヤ タミヤ精密研磨フィルム#8000発売。最細目の番手が追加されました。

イメージ 7
大日本絵画 知っておきたいダイオラマのはじめかた発売。同社アーマーモデリング誌におけるダイオラマ製作関連記事を再構成したミリタリー情景模型の基本がわかる一冊です。
大日本絵画 隼戦闘機隊 陸軍戦闘機隊の花形飛行第50戦隊発売。太平洋戦争中に従軍カメラマンだった写真家菊池俊吉氏による所沢飛行場で撮影された陸軍飛行第50戦隊の機材や隊員の姿を捉えた写真集です。オリジナルネガから焼き付けられた非常に鮮明な写真ばかりなので極めて資料性の高い内容です。

イメージ 8
大日本絵画 R工廠超巧造艦ワークス発売。超精密艦船模型作品が特色のR工廠こと笹原大氏が同社モデルグラフィックス誌およびネイビーヤード誌にて発表した1/700駆逐艦島風、水上機母艦秋津洲、重巡青葉に加え本誌用に新たに作り起こされた1/700特別駆潜艇第十一昭南丸がまとめられています。
大日本絵画 ギャラリーオブザノーズアートクイーンVol.3発売。同社スケールアヴィエーション誌の人気コーナー単行本第三弾。今回も本誌未掲載カットが多数追加されています。

開く コメント(2)

全481ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事