全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全487ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

Yahoo!ブログが2019年9月1日以降記事の新規投稿が出来なくなるため、本日以降の模型店「みぶろやさん」入荷情報は模型店「みぶろやさん」公式ホームページ内入荷情報ページ(http://www.mibro83.jp/new.html)に随時アップいたします。
また当ブログへのコメントおよびトラックバックは停止させていただきました。

当ブログは他ブログサービスへ移行せず終了となります。

以上よろしくお願いいたします。
イメージ 1

TVドラマ「キューティーハニー THE LIVE」が原幹恵ちゃんが演じたキューティーハニーです。
キットは寒河江弘氏が原型を手掛けたレジンキットです。ノンスケール表記ですが実測すると約1/7スケールでした。

イメージ 2

パーツは頭部、両腕、右脚および一体成型の胴体&左脚の全5点でそれぞれ合わせ目消しが要らない分割になっていたので、同一色で塗装する脚のみ先に接着組立てし頭部および両腕は基本塗装塗装完了後に組立てました。
寒河江造形は見事の一言ですが、いくつか個人的に好みでない部分を造形し直しました。ブーツがアクションシーン用のヒールの低いタイプだったのでアップ時やスチルなどで着用されているハイヒールなタイプに変更するために踵を残して足先とソールをカットし足先はエポキシパテ、ソールはプラ材で製作しました。手首のブレスレット、ナックルガード、左腕のアームバンドおよび首のチョーカーもプラ材でアップ用の形状に変更しました。お尻のハートの刺繍がスジ彫りで再現されていたので一旦埋めてフィニッシャーズのラッカーパテでテクスチャを付けて刺繍らしい造形にしました。ハートに添えられている「Cutie Honey」ロゴは塗装時に手書きしました。

イメージ 4

塗装は細部などを除き基本的にエアブラシで塗装。下地はガイアNAZCAピンクサフ。肌はガイアカラーのノーツフレッシュオレンジを基本色に吹いてから同ノーツフレッシュホワイトをオーバースプレーし同EXフラットクリアーを吹付け。衣装のファブリック部はMr.カラーのカウリング色に同フラットベースあらめラフを混ぜてベタ吹き。衣装の黒レザー部はガイアカラーのセミグロスブラックを基本色に吹いてからMr.カラーのカウリング色をオーバースプレー。衣装の赤レザー部はガイアカラーのセミグロスブラックを下地色として吹いてから同ブライトレッドを基本色に吹き同ダグラムカラーのレッドをオーバースプレー。
フェイスペイントはクレオスアクリジョンカラーおよびシタデルカラー筆塗り。髪も筆塗りでアクリジョンカラーのレッドブラウンを下地色として塗った上から同シルバーとクリアオレンジを混色して作ったメタリックオレンジを毛の流れと明暗を意識しつつ重ね塗りし、同メタリックレッドをドライブラシして独特のキラキラした赤毛を再現しました。
ブレスレットおよびナックルガードはMr.カラースーパーメタリック2のスーパーチタン2、アームバンドおよびチョーカーはMr.カラーGXのホワイトシルバーをそれぞれ吹付けてから赤色部分はハセガワのクリアーレッドフィニッシュを貼って色分けしています。
以上塗装後に肌部分はシタデルカラーのフューガンオレンジ、赤色部分は同カーロバーグクリムゾン、黒色部分は旧シタデルカラーのアシュルメンブルーでそれぞれスミ入れして仕上げました。

イメージ 3
イメージ 1
アオシマACKS V.F.G.マクロスΔVF-31Dスクルド発売。
バンダイ1/144HGUCシルヴァ・バレト・サプレッサー再生産。
バンダイ1/144RGνガンダム発売。

イメージ 2
マスターボックス1/35女性戦士ライダー+ゾンビ再生産。
ファインモールド1/35「ガールズ&パンツァーリボンの武者」九四式軽装甲車鬼チーム(2台セット)発売。

イメージ 3
タミヤ1/48日本海軍コマツG40ブルドーザーおよび陸自軽装甲機動車再入荷。
アオシマ1/72陸自12式地対艦誘導弾発売。
ズベズダ1/35T-34/76 1943年型ウラルマシ製再入荷。
ズベズダ1/35SU-85入荷。
ボーダーモデル1/35IV号戦車G型(中/後期型)入荷。

イメージ 4
フライ1/72フィアットG.50bis発売。
タミヤ1/48デヴォアティーヌD520スタッフカー付入荷。
エデュアルド1/48リミテッドP-51D-5「チャタヌーガ・チュー・チュー」発売。

イメージ 5
タミヤ1/700戦艦大和再入荷。
アオシマ1/24NCP160Mファミリアバン'18発売。

イメージ 6
フィニッシャーズカラー コブラブルー限定発売。
イメージ 1

アニメ「機動戦士ガンダムSEEDスターゲイザー」に登場するモビルスーツ。
本作のみ登場のバリエーション機でありながら2006年に通常型バクゥを差し置いて先にHG化され、通常型バクゥや発展型のラゴゥがHG化される2012年まで唯一のバクゥ系MSのHGモデルでした。

イメージ 2

組立てはほぼ無改造ストレートですが、古めのHGなので合わせ目消しが必要な部分が多く結構時間がかかりました。また合わせ目消しを行うために色が違うパーツ同士を予め組まないといけない箇所が複数あり、かつ一部は後ハメ加工も出来ない構造だったので塗装の段取りに悩みながらの組立てとなりました。
モノアイはシール貼付式だったのでウェーブのHアイズミニ(裏にハセガワミラーフィニッシュを貼付)に置き換えましたがモノアイがよく見えないフェイスデザインなのであまり効果はありませんでした(笑)。またケルベロスウィザードから生えている頭部の口内ビーム砲口にもHアイズ角を仕込みました。

イメージ 3

塗装はクレオスのアクリジョンカラーおよびシタデルカラー筆塗り。
本体色はアクリジョンカラーのミッドナイトブルーにフラットベースを添加した物。関節部は同タイヤブラック。白色部分は旧シタデルカラーのブリーチドボーン。赤色部分は同レッドゴア。紫色部分は同ホーマゴーントパープルです。本来の色指定よりも濁った色を選択しロボットというより生物的な色味にアレンジしています。
頭部のグリーンのセンサー部は塗装ではなくハセガワのミラーフィニッシュとクリアーグリーンフィニッシュの重ね貼りで着色しています。
基本塗装完了後、クレオスMr.ウェザリングカラーのラストオレンジおよびマルチブラックでランダムにフィルタリングし、同グランドブラウンでスミ入れ後タミヤウェザリングマスターAのマッドで脚まわりを中心にウェザリングして仕上げました。

ディスプレイベース(タミヤのディスプレイベーススモール)にタミヤ情景ペイント粉雪を塗りバクゥの足型を付け、同タミヤウェザリングマスターAのマッドで掘り返された土を表現して劇中をイメージした雪原の情景を製作してディスプレイしました。
同機独自装備のビームファングはパーティングラインを消し先端を尖らせてクレオスMr.カラーGXのクリアーピンクをエアブラシし、全展開状態で機体にセットしました。

イメージ 4
イメージ 1
ポーラライツ1/144ゴジラ発売。

イメージ 2
アゾン1/12CHARMクルッジ発売。
バンダイ スーパーミニプラ青の騎士ベルゼルガ物語Vol.1発売。当店ではセット販売のみとなります。

イメージ 3
バンダイSDCSシルエットブースター(グレー)発売。
バンダイSDCSユニコーンガンダム(Dモード)発売。

イメージ 4
ウィリアムズブラザーズ1/72ノースロップガンマレーサー/南極大陸飛行発売。
タミヤ1/72ベルX-1マッハバスター再入荷。
童友社1/100DC-3 ANA発売。

イメージ 5
タミヤ ミニバイク工作セット再入荷。
タミヤ1/12RC213V'14再入荷。

イメージ 6
GSIクレオスMr.木軸綿棒発売。

全487ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事