過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

「模型歳時記」

イメージ 1

読みました。
「テールズオブジョーカー」および「トイズ」内の氏の連載「Model Watching」をまとめた単行本なのですが、その連載を知ったのが昨年の事で、教えていただいた知人から最初の10回分くらいが掲載された「テールズオブジョーカー」をまとめて貸していただき一気読みし、出来れば全部読んでみたいなあと思っていた所の単行本化。モデルグラフィックス3月号ヘッドラインでこの情報を知るやいなや購入を決意しました。

が、出版元がトイズプレスでISDNコードもちゃんとあるのになぜか一般書店に流通していません。あのアマゾンですら取扱っていませんでした。そういやウチの会社(模型店「みぶろやさん」)の取引先で同社書籍を扱っている所があるのですが、この本の注文書来なかったんですよねえ。
たまたまウチのお客さんに某全国展開してる大型書店の書店員されてる方がいて、この話をしたら取り寄せてくれました。
(その書店グループでも取り扱ってなかったのですが、店長決済取って直接取り寄せてくれたそうです。ありがとうございました。)

小田雅弘氏といえば世間的にはガンプラなどロボット物の作例が有名な方ですが、私個人は模型作例よりも83〜84年のホビージャパンや創刊当時のモデルグラフィックスでの文章の方が印象的で、当時中学生だった私は氏の博識や論調に完全に感化され、今でも影響下にあったようです。だからこそ前述の知人は「Model Watching」で氏が書かれている事と同じような事を私が言っていると感じて薦めてくれたんだと思います。

元の連載は94年〜07年にかけて書かれた物で、前述の通り基本的には氏の考えや思いは昔と変わっていないようですが、今回の文章については私自身が執筆当時の氏と同年代(この本の奥付で氏の年齢を初めて知ったのですが、10歳しか離れてなかったのに驚いてます。ホビージャパンなどで連載されてた当時氏はまだ20代前半という事になるのですが、その頃既にあんなシブい嗜好や考えをお持ちだったとは・・・)になって読んだので、より共感しやすかったです。また氏と立場は違いますが、趣味と仕事両方で模型に関わる身になった分、より心に刻んでおきたい事を改めて学ばせていただきました。

そしてまだまだ模型趣味は楽しんでいけると再確認させていただけました。

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事