過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ろうがんず杯

先日の第25回モデラーズクラブ合同作品展会場にて、プラモデルクラブ「ろうがんず」主催のプラモデルコンテスト「ろうがんず杯」の開催が発表されました。

まだ詳細は全て発表されていませんが、私は出品すべく準備を始めてます。

イメージ 1

会場での発表記者会見中、会長の石坂浩二さんが「業界のために出品するプラモデルは新たに購入してください」とおっしゃられていたので早速キット購入。弊社でですが(笑)。
なおウチは法人格なので、自営業者と違い当店在庫は「私の物」ではなく「会社の物」ですので、普段から私も店内商品はちゃんとレジを通して購入しております。
(収入も売上と無関係な月給制。勤め人時代と全く変わってません。)

改めて事前告知いたしますが、このため10月5日(日)は模型店「みぶろやさん」は臨時休業いたします。
また、沖縄から同じく出品される予定の方、一緒にがんばりましょう。

当コンテストについての詳細は、「ろうがんず」ホームページ(http://www.rowguanes.co.jp)をご覧ください。
イメージ 1

マンガ「ばくおん!!」に登場するスズキ原理主義者(笑)の女子高生。劇中ではGSX400Sが愛車ですが、心中憧れているであろう1100Sに乗ってもらいました。

イメージ 2

凜はオビツボディを芯にポーズをつけて関節を接着剤で固定、その上からヒートペンでプラモデルのランナーを溶かし盛り付けて造形。大体のカタチが出来たところでクレオスのMr.エポパ軽量タイプ(エポキシパテ)で表面をコーティングして細部造形し、フィニッシャーズのラッカーパテで表面を仕上げています。縫い目などのスジ彫りはリューターで彫り込んでいます。
塗装はシタデルカラー筆塗り。眼は描き直し出来るよう、ディテールとして彫り込んでおらず、ノッペラボーで作った顔に直接描き込んでいます。

イメージ 3

バイクは基本的にストレートに組んでいますが、チョークノブを180度回転(同キットのチョークノブは試作型の向きで表現しており、実際の量産車と向きが180度違っています。)、アッパーカウル横のスリット開口およびホイールのエアバルブをアドラーズネスト製に交換しています。また、「凜のカタナ」で必須な○○スパークとホット○○ズマをプラ材などからスクラッチして装着しています(笑)。

イメージ 4

塗装は銀色部分が多いので、部材による銀色の色味や質感の違いの再現に注力。
キットでも3種類の質感の銀メッキをパーツに施していますが、鏡面クロームメッキパーツ以外はほぼ全てメッキを落とし塗装で表現。エンジンブロックなどアルミ鋳造部はタミヤアクリルのフラットアルミ、ポリッシュドされたアルミ部はガイアのスターブライトシルバー、フレームはクレオスMr.カラーの旧版8番シルバー(同色は2000年代に改良され現在は非常に美しい金属的な質感が出せるようになりましたが、80年代のバイクフレームの塗色に使われたチープな銀色を再現すべく、わざわざ古い製品を探し出して購入しました。)、そしてカウルやタンクはMr.メタルカラーのクロームシルバーの上からワザとクリアをかけて金属感のない「80年代の銀ボディ色」を再現。その他部分ごとにガイアEXシルバーやタミヤエナメルのクロームシルバーなど様々な銀色を使いました。チェーンカバーは本来キットのままの鏡面クロームでいきたかったのですが、表面に大きな擦り傷があったため塗装しています。ポイントカバーなどの鏡面クロームパーツの中がフラットなシルバーになる部分はハセガワのジュラルミンフィニッシュを切り出して貼って再現しています。
黒色も同様に部材によって仕様色が違い、金属パーツに塗られた黒はMr.カラーのカウリング色、ゴム部は同タイヤブラック、エアクリーナーケースなど軟質プラ部は同タイヤブラックの上からガイアのセミグロスクリアをコート、ヘッドライトケースの黒はタミヤアクリルのセミグロスブラック、マフラーはMr.カラーのカウリング色の上からガイアEXクリアをコート、などなど。
シートはタミヤアクリルのニュートラルグレイとフィールドブルーを雨天で高湿度の日に吹付け。沖縄ではここまでガザガザな粉吹きになるのでバックスキンの表現にピッタリです(笑)。

イメージ 5
イメージ 1
モンモデル1/35現用アメリカ軍個人装備携行品セット発売。ACH/MICHヘルメットやMOLLEシステム対応背嚢など2010年代の最新米兵装備品を再現しています。
モンモデル1/35コンクリート&プラスチックバリアセット、バリケード&ガードレールセットおよび現用アメリカ軍車輌装備品セット再入荷。
モンモデル1/35ピックアップw/ZPU-2機関砲発売。同社おなじみ?の武装ピックアップトラックシリーズ最新作は60年以上前に設計されたにも関わらず今でも中東やアジアなどで起こる紛争や事件のニュース映像で見かける機会が少なくないZPU-2を装備した某社ピックアップトラックで、以前発売されたZU-23-2装備車と同一車種ですが、新たにシュノーケルパーツが追加されています。
モンモデル1/24フォードF-350スーパーデューティクルーキャブ発売。同社初の標準的スケールのカーモデルですが、同社は1/35スケールで素晴らしいピックアップトラックモデルを複数発売した実績があるので安心出来る内容です。アメ車ピックアップトラックというとレベルなどアメリカメーカー製品の独壇場でしたが、新たな選択肢が増えました。

イメージ 2
アルパイン1/16エルヴィン・ロンメル発売。モデルカステンの女子高生フィギア(イベント/通販限定商品)などで有名な新進気鋭の日本人フィギア原型師六治郎(辻村聡志)氏による北アフリカ戦線での記録写真そのままに再現された驚異的に「似ている」ロンメルです。
アルパイン1/35独武装親衛隊装甲部隊指揮官(革ジャケット着用)#1および同#2発売。1943年以降の記録写真に時折見られる海軍のUボート乗員用の革製防寒ジャケットを着た戦車指揮官を再現。同社恒例の違う仕様のヘッドがそれぞれ2種類づつ付属しています。

イメージ 3
マイクロスケール「リキッドデカールフィルム」久々の再入荷。デカールに予め塗布することで、劣化して台紙から剥がすとバラバラになってしまうトラブルを防ぎます。気候の関係で本土よりもデカールが傷みやすい沖縄のモデラー必携の逸品です。

イメージ 4
パッションモデルズ最新カタログを数量限定で無料配布中です。
(無くなり次第配布は終了します。)
何もかも置き換えるのでは無く効果的な部分に絞った適度な内容なので、ディテールアップパーツを初めて使うという方でも安心して楽しんでいただけるブランドです。キットをストレートに組むだけでなくワンランク上の再現度の戦車模型を目指す方にオススメです。

月末発売模型誌(モデルグラフィックス、ホビージャパン、電撃ホビーマガジン、モデルアート)は本日25日(日)入荷予定です。
(入荷時間は未定です。また流通事情により遅延する可能性もございます。)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事