雑記

[ リスト | 詳細 ]

特にカテゴリーの無い、タイトルそのまんま。
記事検索
検索

大阪。

大阪に行ってきました。
メインの目的ではありませんが、同行者のリクエストで大阪二大ランドマークも訪問。実はどちらも実際に現地に行くのは初めて(実家からそう遠くないので物心つく前の幼少時に連れていたれた可能性がありますが…)です。

イメージ 1

通天閣。
塔の見た目や周囲の雰囲気はレトロ感満点ですが、いつの間にか地下にいまどきなセンスの垢抜けた雰囲気の空間(通天閣の入場口なのですが、かなり広くてお土産物屋やイベントステージまでありました)が出来ており、地上とのギャップが面白かったです。
平日にも関わらず通天閣本体への入場は40分待ちだったので、時間の都合で塔に上がるのは断念。

イメージ 2

太陽の塔(万博記念公園)。
岡本太郎氏による検討用の小型タイプは何回も見ましたが、完成形はやっぱりもっとスゴかった。単にオブジェを大きく作ったというだけでなく、最初からこの大きさであることを考慮したデザインなのだという事実を今更ながらに認識。なので俯瞰で見た時に限らず、例えば真下から見上げたり、後ろから見たりと限定的なアングルでもいろいろな表情が感じられて見飽きません。
そしてこの大きさであっても有機的な雰囲気が強く感じられ、建造物というより怪獣など巨大生物を見るような気分で、画像のような遠方から見ると「使徒襲来」を見ているようです(笑)。

開く コメント(0)

イメージ 1

5月16日(土)および17日(日)に第54回静岡ホビーショー内で開催された「第26回モデラーズクラブ合同作品展」に我々在沖モデラー有志の合同ユニット「沖縄モデラーズ」も8回目の参加をしてきました。

今年は18名31点の作品を展示しました。また、今回我々は通常のフリーテーマ展示と共にテーマ展示として、在沖デザイナー玉盛順一朗氏デザインメカ作品を多数展示しました。

次回「第27回モデラーズクラブ合同作品展」にも「沖縄モデラーズ」は参加予定ですが、次回の参加から申請する展示スペースを最少サイズ(従来ご提供頂いているサイズの半分)にします。
同展は現時点でも参加サークルが200を超える非常に大規模な展示会となっており、広大な会場をご用意いただいているにも関わらず、それでも参加を希望するサークル全てを受け入れ切れていないと聞いてます。今年は通常の会場とは別に第二会場が新たに設けられたものの、それでもまだまだ「参加浪人」サークルが多数いらっしゃるとのこと。
我々「沖縄モデラーズ」は元々最小スペースでスタートし、5回目の参加時から現在のスペースに拡張していただき、以後今回まで同じスペースを確保いただいておりますが、前述のような事情を鑑みて少しでもたくさんのサークルに合同展参加いただきたいとの思いから、次回参加申請時から元の最少スペースに戻ることといたします。

したがいまして、次回からは展示可能な作品点数が従来の半分となりますので、一人あたりの出品可能数を減らしたり、新規出品者の受付中止など、従来と違う条件での出品受付となります。
(新たな出品受付条件については、次回合同展参加申込みが始まる今年12月頃に改めて関係者におしらせします。)

開く コメント(2)

5月16日(土)および17日(日)、第54回静岡ホビーショー内で併催の第26回モデラーズクラブ合同作品展に今年も在沖モデラー有志による合同ユニット「沖縄モデラーズ」で出展参加いたします。

あしかけ8年目となる今回は、いつものフリージャンルの作品展示とあわせて「宇宙戦艦ヤマト2199」のヤマトをはじめとする地球側メカのデザインなどを手掛けられた在沖デザイナー玉盛順一朗氏のデザインしたメカを立体化した作品を集めた「玉盛順一朗メカニクス from OKINAWA」と題したテーマ展示も行います。

なお、「沖縄モデラーズ」関係者で作品管理シート未提出の方は提出よろしくお願いします。
(作品管理シートを含む今年の参加要項を未だ受取っていないという関係者はご一報ください。)

開く コメント(0)

イメージ 1

当店も協賛いたします「第3回Ma.K.作品展示会」(2015年3月1日開催)の参加申込受付が2015年1月1日(木)より始まります。当店店頭でも1月3日(土)〜2月15日(日)の間受付予定です。
(改めてご案内いたします。)
今年2月の第2回に続き、来年も開催されます。作品出品希望の方は、前述の参加申込受付期間中に申込手続きが必要です。
(作品展示会当日の見学は自由です。申込不要です。)

展示会の詳細については公式ホームページ(http://mak.okinawa.plamoworks.com/)をご覧ください。
※当展示会は当店主催ではありません。当店は当展示会に関するご質問にはお答えできません。

開く コメント(1)

「ろうがんず杯」

イメージ 1

10月5日(日)、横浜市たまプラーザ内プラーザホールにて開催されたコンテスト「ろうがんず杯」にエントリー/参加しました。

当日は台風18号が接近中であいにくの雨となり、事前のエントリー数よりも実際の出品者は若干減ったとのことでしたが、それでも約200点もの作品が集まっていました。
私は前述の台風と一緒に当日朝に沖縄から北上だったため、作品搬入締切時間の昼12時までに会場入り出来るか心配でしたが、想定していた到着時間より若干おそくなった程度で無事時間内に搬入完了。

今回はバンダイ1/700「ちきゅう」を出品しました。おそらく他とはカブらないであろうと考えてのチョイスでしたが、しっかりもう1隻ありました(笑)。もちろん結果は無冠(再笑)。

「ろうがんず杯」は、プロモデラーやメーカー、小売店など業界関係者も歓迎だったため、このような一般の模型コンテストでは普通お見かけしない方々の作品も少なからず並びました。またレギュレーションでスケール物限定とされていたのですが、その上で自由な発想を膨らませた作品が目立ったのも印象的でした。

実際の作品が並ぶスタイルの全国レベルのコンテストは今時珍しいので、ぜひ第二回の開催も期待しております。

開く コメント(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事