イメージ 1

イメージ 2

◆平成30年9月7日(金)〜12日(水)
◆HISバリアフリーツア
◆カナダ イエローナイフ
参加者は我々含めて6名と添乗員
イメージ 8

夫婦2組と単独2名
1日目】 自宅⇒伊丹空港⇒成田空港⇒カルガリ空港⇒
       イエローナイフ空港⇒ホテル泊
【2日目】 午前中自由行動 
     8:30 起床 朝食
    10:00 一人で市内散策
          ミニスーパーでリップ口紅購入(初めてのお買い物、会話なし)
    14:00 市内観光 
          州議事堂、博物館、グレースレーブ湖、ギフトショップ 他
    19:30 ホテル出発
    20:30 オーロラヴィレッジで食事
イメージ 3
オーロラビレッジ内のレストラン
ここで食事&待機
イメージ 4

0:00過ぎからオーロラが出始める。
今年一の見事なオーロラが見えました。
肉眼で見るより一眼レフカメラで撮った写真の方が美しい。
ただ、動きは肉眼の方が迫力がある。
オーロラのカーテンが動くのを見たときは感動でした。

3日目 午前中自由行動
     市内でショッピング
     13:00 野生動物&黄葉鑑賞ドライブ 往復 280km
イメージ 5
     バッファローの群れ
野生動物に出会うのもまれだそうで今回の旅はついている。
イメージ 6
     黄葉
15年前に行ったメープル街道の黄葉と比較すると大分劣る。
少し早かったようだ。

   18:30 ホテルで夕食
   22:00 ホテル出発 オーロラビレッジへ
         予定ではオーロラビレッジ内のテントを使用することになっていたが
         トイレが車椅子対応になっていないとめレストランに変更。
イメージ 7
テントでの体験もしてみたかったが残念!
この日はオーロラ見えず。

4日目 一日中、自由行動
     最終日が早朝のためオーロラ鑑賞後に荷物整理ができないので午後にする。
     午前中はゆっくり休養。
    19:30 ホテル出発
    20:30 オーロラビレッジのレストランで夕食
          バイソン(バッファロー)料理 やわらかくて美味しい。
残念ながら今回も曇っていたのでオーロラが見れず。
1:00過ぎにあきらめて引き上げる。
なんと雪がまっていた。

5日目、6日目 帰国

自宅に着いたのはPM 11:00だった。
台風で関空が閉鎖のためしわ寄せが成田空港、伊丹空港にきてごった返していた。

詳細を知りたい方は


 ↑ 「たびのわ海外」イエローナイフ6日間 

の記事を見てください。






この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
天王寺の亀の池
◆平成30年6月30日(土)曇り・小雨 28℃
◆メンバー つばめさん、高やん、マユさん、囲炉裏外1名、りょう
◆コース
 JR 大阪駅 ⇒ 天保山渡船場 〜天保山4.53m登頂〜 ⇒ 地下鉄 大阪港 ⇒
 地下鉄 天王寺 〜茶臼山26m登頂〜 ⇒ 新世界〜串揚げ〜 ⇒ 地下鉄 恵美須町 ⇒
 地下鉄 鶴橋 〜コリアンタウン散策〜 ⇒ 鶴橋 〜焼肉宴会〜
◆説明
今回は大阪市内の山を登ろうということで私が案内する。
テーマは
  ・つばめさんの永年勤続退職記念
  ・私の白内障の手術成功記念
  ・マユさん(豊中市)の大阪地震の被害慰労
11:00JR大阪駅集合。
USJへ行く観光客で満員の電車で終点桜島まで。
イメージ 2
徒歩約10分で乗り場に着く。
11:30発の船が出たところで30分待ち。
手にしている国旗はサッカーワールドカップの応援グッズ用で100均で購入。
イメージ 3
12:00発で乗ること5分、対岸の大阪港公園へ。
折しも観光遊覧船サンタマリア号が停泊していた。
イメージ 4
まずは1座目「天保山4.53m」に登頂。
れっきとした2等三角点がある。
日本で2番目に低い山。(1番は仙台市の日和山3m)
大阪港マーケットプレイスを散策しおつまみとビールで軽く腹ごしらえ。
イメージ 5
このベイエリアにはこの観覧車と海遊館そして遊覧船のサンタマリア号と子供に人気である。
そして近くにはUSJがあり外人客もたくさん来ている。
さらに豪華客船もたくさん入港するようになった。
地下鉄大阪港から中央線、谷町線で天王寺へ移動。
イメージ 6
2座目は茶臼山26mに登頂。
大阪冬の陣では徳川家康の本陣で夏の陣では真田幸村の本陣となった。
イメージ 7
山頂より通天閣が見える。
このころから真夏の日差しが照り付ける。
徒歩で美術館、動物園、と通り新世界へ。
イメージ 8 イメージ 9
そして串カツで人気の新世界で「串カツ&ビール」で軽く一杯。
イメージ 10
通天閣の下を通り地下鉄 恵美須町へ。
地下鉄堺筋線、千日前線で地下鉄 鶴橋へ。
イメージ 11
鶴橋駅裏の商店街を見物しながら20分ほどでコリアンタウンに到着。
私が学生時代まで住んでいたのは生野区でそのころはまだコリアンタウンはなかった。
イメージ 12
そして鶴橋に戻り焼肉で打ち上げ。
ちょっと変わった大阪市内観光でした。

【参考】
大阪市内の渡船場
・天保山  此花区〜港区 安治川
・甚兵衛  大正区〜港区 尻無川
・千歳    大正区内
・落合上  大正区〜西成区 木津川
・落合下  大正区〜西成区 木津川
・千本松  大正区〜西成区 木津川
・木津川  大正区〜住之江区 木津川
・船町    大正区内

大阪アルプス
・天保山4.5m
・お勝山14m
・帝塚山20m
・聖天山14m
・茶臼山26m
・真田山10m
・昭和山33m
・鶴見新山39m





この記事に

開く コメント(0)

4ケ月ぶりの金剛山

イメージ 1
      山頂より
◆平成30年6月2日(土)晴 16℃(山頂)
◆単独
◆コース
イメージ 2
10:00 ロープウエイ前登山口〜文珠尾根〜 ⇒ 11:25 山頂  (昼食) ⇒
11:50 出発〜千早本道〜 ⇒ 12:50 登山口バス停
◆説明
先週、白内障の手術(右目)して非常によく見えるようになった。
来週今度は右目の手術である。
来週からは梅雨入りしそうだ。
当分山には行けない。
そこで今年の2月以来の金剛山に行くことにした。
文珠尾根を上る。
イメージ 3
久しぶりで結構きつい。
イメージ 4
こんな表示柱を見たのは初めてだ。
途中一度休憩して山頂に到着。
イメージ 5
山頂には先客がたくさん上っていた。
もやっていて視界はいまいちだ。
イメージ 6
日陰がないと日差しが強く暑い位だ。
吹く風は爽やかだ。
🍙2個食べて下りる事にした。
12時のライブまでいようかと思ったがたくさんの人で写真に写るのはきつそう。
下りは千早本道をのんびりおりた。
こらで5日の手術を待つことにする。



 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
権現山山頂からの景色
イメージ 2
蓬莱山のすいせん
◆平成30年5月12日(土)晴れ 24℃
◆つばめさん、久保さん、りょう
◆ルート
イメージ 3
09:25 平バス停 ⇒ 11:15 権現山996m ⇒ 12:00ホッケ山 〜昼食〜 12:40 出発 ⇒
13:10 小女郎池 ⇒ 14:10 蓬莱山1174m 〜スイセン散策〜 15:15 クロトノハゲ ⇒
16:45 天狗杉 ⇒ 17:00 JR志賀
◆説明
つばめGの今年2度目の山歩きは当初は13日であった。
天気が悪いので1日前倒しになり、2名が不参加。
湖西線堅田のバス停は長蛇の列。
増便がでる。
イメージ 4
バス停から国道沿いをもどるとこらに登山口がある。
村中を歩く。
アラキ峠750mまでは杉の植林地の急坂が続く。
一息入れて少し行くとクマザサの道にかわる権現山に到着。
イメージ 5
少し休憩後先に進む。
この頃から日差しが強くなる。
木立の全くないピークに到着。
ホッケ山と書かれている。
少しバテたのでここで昼食にする。
カップ麺にするか冷やしうどんにするか迷ったあげく冷やしふどんにした。
正解だった。
ビールに冷やしうどんにおにぎり1個。
イメージ 7
ここから蓬莱山までは大パノラマの尾根歩きである。
イメージ 6
途中、小女郎池に立ち寄る。
イメージ 8
峠まで戻り、ここから2つの急坂を上る。
蓬莱山に到着。
イメージ 9
折からの上昇気流に乗ってパラグライダーが気持ちよく飛んでいる。
イメージ 10
そして今日のお目当ての30万本のスイセン。
ピークからは少し過ぎていたがまだたくさんのスイセンを見ることができた。
イメージ 11

イメージ 12
ここで記念のバンダナショットをとる。
3時だ、さてこれからどうしよう。
JR志賀まで2時間ちょっと。
ゴンドラに乗ればらくちんだが結構満員で待ちが予想される。
歩くことにした。
イメージ 13
クリンソウ
イメージ 14
イワカガミ
歩きにくい急坂の石ころ道を下っていく。
木戸峠からくる道との分岐であるクロトノハゲがこの花の群生地だ。
ここから先は植林地の中を単調で長い下りが続く。
JR志賀駅に着いたのは5時過ぎタイミングよく電車がきた。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
二上山雌岳山頂から
◆平成30年5月6日(日)晴 26℃
◆単独
◆ルート
イメージ 2

08:30 近鉄二上山駅 ⇒ 09:40 雄岳 ⇒ 10:10 雌岳 〜休憩〜 
10:45 出発 ⇒ 11:00 竹内峠 ⇒ 12:10 近鉄磐城駅
◆説明
連休最終日 例年行っている葛城山のつつじ見物。
いつもは連休後10日が見ごろだが今年の花は早い。
明日から天気が悪く、その後予定が詰まっている。
急きょ何も調べずに飛び出す。
家を7時過ぎにでたが近鉄阿部野橋駅に着くと急行が出た後。
やむなく次の準急行に乗る。
尺土駅で20分、御所駅でバス待ち40分。
諦めて近鉄二上山駅で下車。
二上山に行くことにする。
イメージ 3
新緑が美しい。
誰も歩いていない。
イメージ 4
ツツジが見られてほっとする。
葛城山のと違ってピンクでかわいい。
イメージ 5
これで十分と言い聞かせながら進んでゆく。
イメージ 6
6合目 まだ9時過ぎ。
ここから長い階段上りである。
イメージ 7
ちょっと汗をかくと雄岳に到着。
以前はこの前にテーブルを置いて入山料200円を徴収していた。
今はもういない。
イメージ 8
この前にベンチがあるが休まず雌岳に向かう。
イメージ 9
イメージ 10
雌岳に到着。
結構たくさんのハイカーがきている。
まだ10:30このまま下りるには早すぎる。
少し考えて葛城山を目指すことにする。
少しおにぎりで腹ごしらえをする。
いざ出発。
ここkら竹内峠へは劇下りである。
ここで11時。
これからは葛城山まで標高差700m。
折から日差しが強くなってきた。
竹内峠の東屋のベンチに座っていた老登山者と会話。
辞めた方がいいと言われる。
ここでギブアップ。
近鉄磐城駅まで1時間の舗装路を歩く羽目になる。
思えば昨年はツツジを見物後葛城山から二上山を目指して平石峠でギブアップ。
来年こそ。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)



イメージ 1
◆平成30年4月6日(金)〜11日(水)
◆HIS障碍者ツアー 10名参加
【1日目】
イメージ 2
⇒08:50 ホノルル着
バスでコンベンションセンターへ
ゼッケン受け取り
イメージ 3
マラソン参加者は3組6名、2組4名は観光
イメージ 4
アラモアナショピングセンターで昼食
イメージ 5
トロリーバスでロイヤルハワイアンセンターへ
ここで関空からの参加者と合流。
イメージ 6
宿泊ホテルのワイキキ・ビーチコマー(旧ホリデイ・イン)に
【2日目】
マラソン当日以外は自由行動
午前中、トロリーバス「ダウンタウン・ライン」でハワイ出雲大社へ
イメージ 7
残念ながら階段があり、奥さんは拝殿まで行けず。
次のバスまで30分あるので近くを散策。
イメージ 8
ウオールマートを散策してバス停のあるハワイ州庁舎に行く
実はこのバス停は逆方向で折り返しの ニコスピア38 まで行く。
アラモアナセンターで降車
昼食をしてホテルに帰る
夕食はスーパーで買い出しをしてホテルで食べる。
【3日目】
マラソン当日
イメージ 9
ホテルロビー集合5:30
ガンバロー
スタート地点までは徒歩5分
イメージ 10
スタートは6:00である。
フルマラソンはスタートが5:00で暗いが今回は1時間あと
夜明けが近い
当初は添乗員とボランチアのサポーターが2名の予定が1名がこれなくなった
1組はサポーター不要の親子
ボランティアはもう1組に着く。
我々に添乗員が付く。
でも我々はサポート不要。
念のために奥さんに付く。
イメージ 11
走り始めて1㎞過ぎから奥さんが先を行く。
私はのんびり走る。
このままゴールまで奥さんとは会えず。
イメージ 12 イメージ 13

イメージ 14  イメージ 15

イメージ 16 イメージ 17

奥さんは添乗員が伴走するので記念撮影を随所で撮ってもらう。
私は一人旅なので写真はなし。
イメージ 18
寂しく一人でゴール
◆結果
イメージ 19

イメージ 20

奥さんがツアーメンバーで1番でゴール
私は奥さんに遅れること30分
やっぱり車いすは早い!
イメージ 24
コース
イメージ 25

イメージ 21
JALテントで休憩
イメージ 22
全員ゴール
イメージ 23
ホテルに帰りシャワーを浴びてビールで乾杯!
しばらくお休み

【4日目】
今日はトロリーバスの「イーストコースト・ライン」に乗り観光
2階立てバスでガイド付く。
イメージ 26
親切な運転手さん
見晴らしのいい二階には階段があり行けない。
・ダイヤモンドヘッドセンター
・カハラモール
・ハナウマ湾展望台(15分、滞在)
・KCCファーマーズマーケット

途中ガイド説明あり、歌ありで楽しい 2時間30分の観光でしかも無料

午後からは昼食をかねて市中散策
イメージ 27
あの有名なトランプホテルで記念撮影
イメージ 28
ダイヤモンドヘッド
イメージ 29
シェラトンホテル前のワイキキの浜辺

最終日の夜はディナー&マジックショー
イメージ 30

イメージ 31
前菜
イメージ 32
メインディッシュ
イメージ 33
デザート

食後にマジックショーがある。
ここでハプニング
ステージのそばに席があったのでマジックショーに特別出演
ステージに上がらされマジックに参加させられる。
イメージ 34
お礼にTシャツをもらう。
まあいい思い出になった。

【5,6日目】
イメージ 35
お別れの記念撮影
ここで関空組とお別れ(左端の二人 92歳のお母さんと娘さん 吹田市)
9:30ホテル出発
12:40 ホノルル発
成田空港周辺が強風で着陸に時間がかかり到着が50分ほど遅れる。
しかも乗り継ぎの伊丹空港行きの飛行機も離陸が1時間ほどおくれる。
20:30伊丹着
我が家に着いたのは11時をまわっていた。







この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
山頂から琵琶湖を見下ろす
◆平成30年3月25日(日)晴れ 20℃
◆メンバー つばめさん、高やん、マユさん、りょう 以上囲炉裏村、囲炉裏外 1名
◆コース
イメージ 2
09:50 JR大津駅 ⇒ 12:30 山頂 〜昼食(鍋)〜 14:00 出発 ⇒
16:30 京阪石山寺
◆説明
昨年暮れの忘年山歩き以来、4ケ月ぶりにツバメGで山歩きをしました。
行き先は音羽山です。
7年前に 京阪大谷駅〜音羽山〜醍醐寺 のルートを歩きました。
今回はJR大津駅〜音羽山〜京阪石山を折る来ました。
イメージ 3
街中を京阪電車の方に進む。
ここから山道に入る。
いきなりの急坂である。
イメージ 4
大津市街から琵琶湖が見渡せる。
もやっていて視界が悪い。
イメージ 5
逢坂の関跡
この下に蝉丸神社がある。
ここからは以前歩いたルートに合流する。
イメージ 6
ここで国道1号をまたぐ。
イメージ 7
この山は階段が多い。
金剛山の千早本道ににている。
イメージ 8
標識に逢坂山とあるが確認できず。
イメージ 9
ここから長くて急な階段が続く、なんと605もある。
近江八幡の長命寺に800段の階段を上ったがそれに匹敵する。
上りきると山頂は近い。
イメージ 10
階段上りで疲れた足にはこの山道は救われる。
イメージ 11 イメージ 12
ここで昼食。
イメージ 15
京都市街はもやっていた。
イメージ 13
久々の山歩きなので鍋にした。
たっぷり1時間半の宴会である。
イメージ 14
バンダナショットを撮って下りる事にする。
イメージ 16
下りは初めてのルートである石山寺の方に下りる。
このルートは上りの階段と変わって石ころの多い急な下り坂が続く。
金剛山の念仏坂に似ている。
イメージ 17
木々の間から視界が開けるところがある。
イメージ 18
無事下山。




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


イメージ 1
圧巻の樹氷
イメージ 2
山頂からの展望
◆平成30年1月14日(日)−3℃ 曇り
◆単独
◆コース
イメージ 3
10:30 登山口  〜千早本堂〜 ⇒ 12:10 山頂広場 〜昼食〜 
12:40 出発〜千早園地経由・念佛坂 ⇒ 14:00 ロープウエイ前
◆説明
今年の初山歩きは樹氷が綺麗な金剛山です。
今回の目的
   ・樹氷見物
   ・75歳を前に雪の金剛山への体力測定
   ・アイゼン裏の積雪防止対策のテスト
でした。
体力的に自信がないので最もポピュラーな千早本堂〜念仏坂コースを歩きました。
見事な樹氷を満喫しました。
上りの千早本堂の階段では息が切れました。
イメージ 4
樹氷の美しさで疲れが吹っ飛びました。
イメージ 5
12時のライブカメラにはわずかに間に合いませんでした。
イメージ 6
昼食時に熱燗の予定が温めるカップを忘れて来ためアルコールなし。
カップ麺とおにぎりでそそくさと下山。
山頂で囲炉裏のメンバー4名に出会う。
イメージ 7
初詣で葛木神社に参拝。
おみくじを引くとなんと「大吉」 万歳!!。
千早園地を経由でロープウエイ前に下りる。
途中、展望台に上り大峰山系を眺めて満足。
残念ながらスマホが寒さで動作せず写真に残せず。
14時過ぎに下山。
たくさんの家族連れが雪遊びを楽しんでいた。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事