イメージ 1
圧巻の樹氷
イメージ 2
山頂からの展望
◆平成30年1月14日(日)−3℃ 曇り
◆単独
◆コース
イメージ 3
10:30 登山口  〜千早本堂〜 ⇒ 12:10 山頂広場 〜昼食〜 
12:40 出発〜千早園地経由・念佛坂 ⇒ 14:00 ロープウエイ前
◆説明
今年の初山歩きは樹氷が綺麗な金剛山です。
今回の目的
   ・樹氷見物
   ・75歳を前に雪の金剛山への体力測定
   ・アイゼン裏の積雪防止対策のテスト
でした。
体力的に自信がないので最もポピュラーな千早本堂〜念仏坂コースを歩きました。
見事な樹氷を満喫しました。
上りの千早本堂の階段では息が切れました。
イメージ 4
樹氷の美しさで疲れが吹っ飛びました。
イメージ 5
12時のライブカメラにはわずかに間に合いませんでした。
イメージ 6
昼食時に熱燗の予定が温めるカップを忘れて来ためアルコールなし。
カップ麺とおにぎりでそそくさと下山。
山頂で囲炉裏のメンバー4名に出会う。
イメージ 7
初詣で葛木神社に参拝。
おみくじを引くとなんと「大吉」 万歳!!。
千早園地を経由でロープウエイ前に下りる。
途中、展望台に上り大峰山系を眺めて満足。
残念ながらスマホが寒さで動作せず写真に残せず。
14時過ぎに下山。
たくさんの家族連れが雪遊びを楽しんでいた。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ケアンズ5日間

イメージ 1
もうすぐ夜明け(ケアンズ着陸40分前)
◆平成29年12月4日(月)〜8日(金) すべて晴れ
◆「関空発着! よくばりケアンズ 5日間」 HISバリアフリーツアー 参加者 5名、添乗員 1名
◆スケジュール
  【1日目】
   20:55 関空発 ジェットスターJQ016便 ケアンズへ
  【2日目】
   05:15 ケアンズ着 
         市内観光
          ・ハートリーズ動物園 コアラ抱っこ
          ・マーケット
  【3日目】 世界遺産 キュランダ観光
         −キュランダ高原鉄道
         ースカイレール(6人乗りゴンドラ)
         夕食後
         −野生ワラビーの探索
         −星空観賞
  【4日目】 世界遺産グリーン島観光
         ーグラスボートに乗って海中見物
         −ワニ園でのワニの餌やり見物
  【5日目】 ラスチーズマーケット見物
    13:00 ケアンズ発
    19:30 関空 着
◆説明
【1.2日目】
イメージ 2
参加者5名。名古屋のご夫婦、大阪市内の男性1名
関空集合。
イメージ 3
まずは両替。
イメージ 4
初めて乗るLCCでちょっと心配していたが少し狭い程度。
車いすでのトイレは座席の位置によってはかなり大変。
食事他のサービスはすべてオプション。
イメージ 5
間もなくケアンズ空港に到着。
イメージ 6
空港からリフト付き専用車でパームコーブへ向かう。
芝生の上に見えるのが野生のワラビーである。
イメージ 7
朝なのに気温28℃でかなり暑い。
イメージ 8
朝早くから釣りをしている。
次にハートリーズ動物園に向かいます。
イメージ 9
池をながめながら朝食です。
ここにはワニがたくさんいます。
イメージ 10
コアラも食事に来ています。
イメージ 11
ボートに乗ってワニの餌付けを見学しました。
目の前での餌やりは迫力満点です。
イメージ 12
そして今日のメインイベント「コアラの抱っこ体験」
イメージ 13 イメージ 14
オーストラリアツル、エミューがいました。
イメージ 15 イメージ 16
ワラビーに餌を与えようとしたが満腹なのか食べません。
そして市内のレストランで昼食。
イメージ 17
食後はショッピング。
イメージ 18
今回は見るだけ。
イメージ 19
そしてホテルに到着。
イメージ 20
シーフードタワーという前菜です。
これだけでお腹が一杯になります。
イメージ 21
ワインを分け合ってのみました。
今回の参加者にワインエキスパートの資格を持った方がいらっしゃる。
【2日目】
イメージ 22 イメージ 23
今日はキュランダ高原列車で世界遺産キュランダへ。
車いすで直接乗り込めます。
イメージ 24
ポインシアナという赤い花が咲いていました。
イメージ 25
ホースシューベントといわれる180°のカーブでここから高度を上げていく。
イメージ 26
滝が目の前に。
イメージ 27
終点の1つ手前の駅では降りて渓谷、滝が見物ができます。
イメージ 28
圧巻の景色
イメージ 29
キュランダの町のマップ
イメージ 30
有名なアイスクリーム屋さんで色んなアイスクリームを売っている。
イメージ 31
街中のお店やさんを散策。
イメージ 32 イメージ 33
昼食はハンバーガーを食べる。
イメージ 34
コーヒー店で一休み。
被っているハットはこの町で買いました。
8ドルとお買い得です。
イメージ 35
帰りはスカイレールに乗って空中遊覧。
イメージ 36
遊覧船が見えます。
イメージ 37
そしてホテルへ。
ちょっと休憩してショッピングへ。
イメージ 38
夕食はホテル近くのイタリアレストランへ。
食後は野生のワラビー探索と星空観賞へ。
イメージ 39
夜行性のワラビーがライトで寄ってくる。
最近、とみに白内障が進み夜は見えにくくはっきり見えなかった。
イメージ 40
星空観賞は長い間上を見るのが苦しい。
そして大きな星しか見えない。
ホテルに帰ると10時を回っていた。
中身の濃い1日だった。
【4日目】
イメージ 41
今日はグレートバリーリーフのグリーン島観光です。
船で40分です。
イメージ 42
船からはケアンズの街が見える。
イメージ 43
波が全くない。
イメージ 44
グリーン島に到着。
そのままグラスボートへ。イメージ 45
グラスボトムボート
イメージ 46
餌を投げ入れると群がってくる漁群
イメージ 47
ワニの飛びつく実演は迫力満点。
イメージ 48
3歳の子ワニを恐々タッチ。
イメージ 49
思わず足をつける。
イメージ 50
島内の遊歩道を散策。
イメージ 51
無事帰港。
そしてこのツアーも夕食で最後の催しを残すのみ。
イメージ 52 イメージ 53
最後の晩餐です。 ヒレ肉200g
イメージ 54
食後、最後の土産物を買いに奥さんだけナイトマーケットへ。

【5日目】
イメージ 55
あっという間の5日間。
見事な朝焼け。
イメージ 56
最後に週末だけの営業のラスティーズマーケットへ。
イメージ 57
最後の記念撮影。
イメージ 58
優先搭乗で我々のすぐ後ろがトイレです。
機内用車いすは右側の通路からしたトイレに入れない。
やむなく奥さんは添乗員に抱っこしてもらいトイレに。
トイレに遠い座席ではちょっと厳しい。
できればLCCの飛行機は避けたい。
そして無事関空に到着。
次はどこに行こうかな?

(注)下記のツイッターを随所に引用させてもらいました。









この記事に

開く コメント(0)

摂津峡で恒例の忘年会

イメージ 1
見事な紅葉
◆平成29年12月2日(土)晴れ 14℃
◆メンバー つばめさん、高やん、マユさん、りょう 以上囲炉裏メンバー
        久保さん
◆コース  
10:25 上の口バス停 ⇒ 11:00 白滝 ⇒ 12:15 萩谷運動公園 〜宴会〜
14:30 出発 ⇒ 16:00 下の口バス停
◆説明
今年の忘年山歩きは摂津峡です。
JR高槻駅からバスで上の口へ。
イメージ 2

イメージ 3
今日のコースを確認。
イメージ 4
紅葉が美しい。
イメージ 5
川に沿って進む。
イメージ 6
白滝に到着。
ここまでは順調。
イメージ 7
表示板に従って進む。
がこれが苦難のはじまり。
イメージ 8
登山道が倒木でふさがれ何度か渡渉を繰り返す。
簡単なハイキングコースと思いストックも置いてきた。
どんな山もなめてはいけない。
バランス感覚の欠如した私には渡渉が苦手である。
イメージ 9
やっと整備された登山道にでる。
イメージ 10
こんな看板がある。
イメージ 11
道なき道をGPSを頼りに上っていく。
イメージ 12
悪戦苦闘すること1時間やっと舗装路に出る。
萩谷運動公園である。
ベンチを探して宴会を始める。
イメージ 13
カニとフグ刺し。
ここで気が付いた。
カニが苦手な人のため鯛とぶりを用意していたのを冷蔵庫に忘れてきた。
(結局、帰って奥さんと全部たべました。美味しかった。)
イメージ 14
高やん、マユさんの手製のお酒のつまみ
ひれ酒を少々。
イメージ 15
たっぷりのかにで大満足。
最後はラーメン鍋でお腹がいっぱい。
イメージ 16
〆は定番の「カチョカバロ」を焼いて食べました。
イメージ 17
バンダナショッヨを撮り下りる事にした。
帰りは整備されたハイキングコースを行く。
イメージ 18
来るときのことを思えばらくちんである。
イメージ 19
紅葉を思いっきり楽しむ。
イメージ 20
この秋一番かな。
イメージ 21
これで今年の紅葉鑑賞はおしまい。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
琵琶湖の向こうに見える近江富士(三上山)
◆平成29年11月25日(土)晴れ 12℃
◆つばめさん、りょう
◆ルート
イメージ 2

10:00 JR坂本 ⇒ 日吉神社参拝 ⇒ 11:35 八王子山山頂 ⇒ 12:45 三石岳 〜昼食〜
13:30 出発 ⇒ 15:15 西教寺 ⇒ 15:40 京阪坂本
◆説明
この秋最後の紅葉見学&山歩きで日吉神社から八王子381m&三石岳676mを歩きました。
JR坂本で下車し京阪坂本でつばめさんと合流。
この秋最後の週末でたくさんの観光客が来ていた。
イメージ 3
日吉神社までの参道が紅葉のビューポイントである。
イメージ 4
日吉神社に参拝するのは初めてある。
参拝料は300円。
東本宮脇の階段を上がると登山道が始まる。
結構、急坂と急な階段が続く。
山頂社殿に到着。
イメージ 5
社殿から琵琶湖が見下ろせる。
少し休憩し、社殿億にある巨岩を巻くように進む。
イメージ 6
灌木林の中を進むと八王子山頂に到着。
バンダナショットを撮り、先に進む。
少し下るとしっかりした山道に出る。
鉄塔を通り過ぎ丸太階段の急坂を上り伐採地を進むと広い林道に出る。
ここからは平たんな道が続く。
三石岳へは急登のルートがあるがのんびり歩こうということでいったん通り過ごす。
イメージ 7
三叉路に出る。
イメージ 9
ここをUターンするように戻るかたちの道を行くと三石岳山頂に着く。
山頂感が全くなく展望もない。
イメージ 8
三等三角点がポツンと立っているだけ。
さすがに風が出てきて寒いのでバンダナショットを撮り少し下った広場で昼食にする。
あとは下るだけ。
イメージ 10
滋賀医大の検体の慰霊碑
しばらくは広い登山道を下りて行く。
やがて右側に急坂の参道がある。
途中、道が崩れてはっきりしないところを100mほど下っていく。
修験僧や参拝者の歩いた道らしい。
イメージ 11
朽ち果てた休憩小屋に出る。
ひたすら下りて行く。
イメージ 12
下り切ったところが飯室不動堂である。
ここから坂本道を進み、住宅地に出る。
イメージ 13
西教寺
もう紅葉は十分堪能したのでこの西教寺(入場料:450円)は入らず写真撮影だけ。
イメージ 14
そして京阪坂本駅には4時前に到着。



この記事に

開く コメント(0)

金剛山〜紅葉も終盤〜


イメージ 1
展望台から高見山が見える
◆平成29年11月10日(金)快晴 11℃(山頂)
◆単独
◆ルート
イメージ 2
10:30 ロープウエイ前〜寺谷〜 ⇒ 12:00 山頂 〜昼食〜 ⇒
12:40 出発〜念仏坂〜 ⇒ 14:00 ロープウエイ前 ⇒ 14:40 登山口
◆説明
1ケ月ぶりの山歩き。
2ヵ月ぶりの金剛山。
ロープウエイを利用する観光客でバスは満員。
このため終点まで立ちんぼ。
寺谷の急登でバテバテ。
イメージ 3
しばし休憩。
12時ジャストに山頂に到着。
ライブ撮影に参加。
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
快晴であったが霞んで遠くまでは見渡せない。
山頂広場は満員で日当たりのよいベンチは空いていない。
日陰のベンチで昼食。
イメージ 7
山頂の紅葉は終盤でした。
イメージ 8
ブナも落葉していいました。
はるかに葛城山が見えます。
紅葉を求めて千早園地に向かう。
台風の影響か展望台の方へう回路が設けてある。
やむなく展望台に上がる。
イメージ 9
台高、大峰山系が一望できた。
イメージ 10
ムロウテンナンショウという変わった花です。
イメージ 11
平日のためちはや園地は人っ子一人いない。
イメージ 12
キャンプ場の紅葉は今が最盛期。
イメージ 13
念仏坂を下る。
誰も歩いていない。
ロープウエイ前に着いたときはバスは出てしまっていた。
鱒釣場まで紅葉見物に歩くことにした。
イメージ 14
真っ赤な紅葉もいいが黄葉したイチョウもまたいい。
イメージ 15
鱒釣場の紅葉も今が最盛期だ。
イメージ 16
イメージ 17
写真で見るより実物の方が迫力がある。
バスが来るまで時間があるので登山口まで歩くことにした。
イメージ 18
紅葉を楽しみながら歩くのもまたいい。
登山口でバスに乗る。
行きしなのメンバーと一緒でまたもや立ちんぼ。
団体は観心寺で下車、やっと座れた。
この秋第2弾の紅葉見物でした。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

上高地

イメージ 1
バスターミナルからの見た穂高連峰
◆平成29年10月30日(月)〜11月1日(水)晴れ
◆奥さんと二人
◆上高地
【1日目】
新幹線、特急しなの で松本駅着 12時40分着
タクシーで「上高地ルミエスタホテル」へ15時チエックイン。
イメージ 2
雲間の滝
ホテルに着く頃は雪が降っていた。
上高地は初雪だそうだ。
イメージ 3
部屋の窓から
梓川に面していて紅葉と雪景色のコラボが美しい。
河童橋まで散策。
家族風呂に入り夕食。
【2日目】
5時半起床。
朝風呂に入り、朝の散歩。
イメージ 4
地面は凍っている。
気温はー5℃まで下がったようだ。
大正池まで行くつもりだったが途中の木道が補修の途中で車いすでは通行出来ず。
やむなく引き返し、帝国ホテル前を通り河童橋へ。
イメージ 5
河童橋からの景色
7時半から朝食。
今朝は昨日と打って変わっての好天気。
予約したタクシーで「新穂高ロープウエイ」へ向かう。
ここへは平成5年7月に家族で来ている。
イメージ 6
その時は一面霧で何も見えず。
イメージ 7
しらかば平駅からみたロープウエイ
第2ロープウエイから2階建てのゴンドラで車いすで直接乗れる。
イメージ 8
しらかば平駅の紅葉はいまがピークである。
イメージ 9
見事な樹氷である。
イメージ 10
行く手に遠く笠ヶ岳が見ることができる。
イメージ 11
山頂に通ずる登山道が見えている。
イメージ 12
今日は46回目の結婚記念日である。
西穂高口の展望台に着く頃には少しガスが出てきて視界が悪くなってきた。
イメージ 13 イメージ 14
ここには3等三角点があった。
北アルプスの雪化粧と紅葉を満喫して変えることにした。
イメージ 15
帰る道、24年前に泊まった「山のホテル」の前を通ってもらう。
ホテルに戻り鍋平高原駅で買った焼きたてのパンを食べる。
イメージ 16
夕方、食事前にもう一度上高地を散策。
そして家族風呂に入り夕食は結婚記念にワインで乾杯!!
4年後は金婚式だ。
【3日目】
今日も快晴のお天気。
朝食のあとチェックアウトまで少しあるのでもう一度散策する。
イメージ 17
帝国ホテルまで歩く。
イメージ 18
記念写真
11時に迎えのタクシーでホテルを後にした。
イメージ 19
多いのは1本の木で100個も採れるそうです。
イメージ 20
お土産に20個入りのリンゴを買って帰る。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 10
鷲ケ岳山頂からの眺望
イメージ 21
取立山から白山を眺む
◆平成29年10月8〜9日晴れ 28℃
◆メンバー つばめさん、高やん、マユさん、りょう 以上囲炉裏メンバー
◆コース
1日目 鷲ケ岳
イメージ 1

イメージ 2
11:10 登山口 ⇒ 12:00 馬の蹄跡 ⇒ 13:10 標高600m地点(7/10)〜昼食〜 ⇒
14:10 山頂〜休憩 ⇒ 16:45 登山口
◆説明
千里中央6時スタート、つばめさん(滋賀県: 篠原)をひらって鷲ケ岳の登山口に到着。
イメージ 3 イメージ 4
草むらに表示板があった。
イメージ 5
結構、簡単に見えた。
山道ははっきりしない。
イメージ 6
「山いい〜ん会」の表示板がある。
少しづつ急坂になる。
イメージ 7
これは合戦時の名残で馬の蹄の跡。
イメージ 8
馬屋跡へは寄らず直進する。
林道を行かずショートカットして直登ルートをとる。
道はない。ひたすら上を目指して上ってゆく。
なんとか登山道に合流。
結構疲れた。
しばらく進んで10−7の標識の近くで昼食をとる。
巻き寿司×4、いなりずし×4の助六寿司を全部食べる。
食後の重い体で歩き出すが急坂が続く。
イメージ 9
やっと山頂に到着。
イメージ 30
バンダナショット
イメージ 11
草むらの中に三等三角点があった。
イメージ 12
360℃のパノラマを堪能する。
ゆっくり休んで下りることにする。
下りは直登を避けて正規の林道を進む。
イメージ 13
ここまでは順調に下りてきた。
ここからは急坂くだりで、滑りやすい細い登山道である。
ストックをしまい、木の枝、草をつかまりながら下りて行く。
つばめさん、マユさんに先導してもらってヘロヘロになりながら下りた。
イメージ 14
久しぶりにへばった。
あとは疲れた体を癒すべく宿営場所の近くの勝山温泉センター「水芭蕉」で汗を流す。
途中、今晩の宴会の買い出しをして東山いこいの森に着いたのは19時だった。
イメージ 15

そして今回はつばめさんと私の誕生日会もかねていたのでケーキと「秋鹿」のお酒をいただいた。
イメージ 16 イメージ 17

23時過ぎまでよく飲んでよく食べてそしてよくおしゃべりをして一日目は終了。

2日目 取立山
イメージ 18
左周りの周回路
イメージ 19
08:00 登山口 ⇒ 08:30 大滝 ⇒ 10:15 こつぶり山 ⇒ 11:25 取立山 ⇒
〜昼食〜 13:00 登山口
◆説明
イメージ 20
宿営地の東山いこいの森から10分で登山口駐車場に着く。
広い駐車場で10台以上は駐車できる。
ここは大滝からの左回り周回コースを行くことにした。
大滝へは急坂で岩場を上るので下りにはちょっと危険である。
登山道は昨日の鷲ケ岳と違いよく整備されている。
30分ほどで大滝に着く。
イメージ 22
落差30mの大滝
水量が多く水しぶきを浴びながら滝つぼまで下りる。
ここから滝をまくように岩場を上って行く。
今日唯一のスリルのあるコースである。
イメージ 23
高度を増すとところどころにななかまどが見ることができる。
アルプスの「真っ赤に燃える一面のななかまど」というわけにはいかない。
もう少しするときれいに色づくのだろう。
イメージ 24
振り返ると今上って来た登山道が見える。
イメージ 25
こつぶり山1264m
イメージ 26
少し休んでバンダナショットを撮り先に進む。
ここから取立山に向かっては急坂もなく晴れていれば白山が見えるのだが・・・。
途中にミズバショウ群生地を通るがもちろん今は朽ち果てていた。
イメージ 27
取立山でバンダナショットを撮りゆっくり昼食にする。
イメージ 28
食事中も白山が顔を見せることはなかった。
諦めて下りることにした。
下りは粘土質の登山道で滑らないように気を付けて下っていった。
帰り道にある東山いこいの森によって記念写真を撮ってもらう。
イメージ 29

あとは昨日と同じ温泉に浸かって帰路に着く。


















この記事に

開く コメント(0)

イメージ 3
太郎坊山と太郎坊宮
◆平成29年10月1日(日)晴 25℃
◆メンバー mayumiオフ 全33名参加 囲炉裏メンバー
◆コース
イメージ 1

イメージ 2
10:00 近江鉄道 市辺駅 ⇒ 12:00 小脇山379m ⇒ 12:30 箕作山372m 〜昼食〜
13:00 出発 ⇒ 13:30 太郎坊山 ⇒ 14:40 近江鉄道 太郎坊宮駅
◆説明
久しぶりのmayumiオフに参加。
集まったメンバーは懐かしい人が多くなんと33人も集まった。
全盛期の「はんなりオフ」を彷彿させる。
行く先は近江の低山5座を縦走する。
イメージ 4
道行く土手に終わりかけの彼岸花が咲いている。
イメージ 5
こんもりとした森の中に1座目の船岡山162mがあった。
イメージ 6
田んぼのあぜ道を行くメンバー
イメージ 7
道路わきに咲くコスモスが秋を感じさせる。
イメージ 8
次なる山は岩戸山295mでくぁる。
ここから少し山道を上って行く。
イメージ 9 イメージ 10
3座目は小脇山379m。
三等三角点があり今日の最高点である。
イメージ 11

イメージ 12
少しアップダウンをして4座目に向かう。
イメージ 13
箕作山372mに着いたときはお昼を過ぎていた、
狭い山頂に分かれて昼食を摂る。
そして食後は一度下っての上りでちょっと息切れした。
イメージ 14
最後の5座目太郎坊山(赤神山)350mでバンダナショットを撮る。
私は残念ながら帽子だけが写っている。
ここで別ルートから来たつばめさんと合流。
ここから中腹にある「太郎坊宮」に下り、お参りをして下山。






この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事