全体表示

[ リスト ]

金剛山〜妙見谷〜

イメージ 1
  妙見の滝
◆平成29年8月20日(日)25℃(山頂) 晴れ
◆単独
◆コース
イメージ 2
08:45 登山口バス停 ⇒ 09:35 妙見谷 ⇒ 11:50 山頂広場 〜昼食〜 ⇒ 
13:00 出発〜文珠尾根〜 ⇒ 14:20 ロープウエイ前
◆説明
来週の関西百名山行きに備え1ケ月ぶりに山に行く。
行く先の金剛山へは2ヵ月半ぶりだ。
河内長野駅前バス停には誰もいない。
出た後である。
8:00になってもバスが来ないし乗客もポツポツだ。
時刻表を見ると小さく8:00は冬場だけしか運行なし。
休日は15分毎と思い込んでいた。
後ろにいた二人の女性も同じであった。
二人の話で「イワタバコ・・・」と聞こえてきた。
囲炉裏の仲間が先週行かれたのを思い出し「妙見谷コースに行くのか? 」と聞く。
連れて行ってもらうことにした。
このコースは9年目に囲炉裏のオフで1度着た切りである。
全く記憶に残っていない。
イメージ 3
妙見谷コースに入ってすぐの山側にお目当てのイワタバコが群生している。
もう終わりなのか?、まだつぼみなのか?
イメージ 4
こんな花だそうです。
歩きながら話を聞くと二人は山仲間で年齢は77才(森さん)と78才(新城?さん)。
歩く姿はまったくそう見えない、いたって元気だ。
ご主人と一緒に日本百名山、関西百名山を8年前に完登されたそうです。
谷筋は水量が多く谷を歩くことは無理で巻き道を探して上って行く。
イメージ 5
妙見の滝
イメージ 6
滝を巻くのにこんな急登が続く。
後ろから付いて行くのが大変だ。
イメージ 7
二番目の滝
まだまだ谷筋が続く。
やっと谷から離れてからの長い急登でバテバテになった。
前を行く二人は途中でであった登山者と会話しながら上って行く。
私はとてもきつくて会話に参加できない。
遅れがちの私に77才の人が気を使って声をかけてくれる。
イメージ 8
イメージ 9
山頂でこの気温は珍しい。
ベンチはどこも満席である。
やっと日陰のベンチが空いたので食事をする。
1時間ほど食事をしながらおしゃべりをした。
お二人とも経験豊富で健脚で、でも 控えめ で素敵な人たちでした。
ややもすれば自慢げに話す人が多い中、好感が持てました。
山頂で またの日の再開 を誓ってお別れしました。
下りは満員のバスを避けるためロープウエイ前に下りる
「文珠尾根コース」をゆっくり下りた。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事