全体表示

[ リスト ]

イメージ 10
鷲ケ岳山頂からの眺望
イメージ 21
取立山から白山を眺む
◆平成29年10月8〜9日晴れ 28℃
◆メンバー つばめさん、高やん、マユさん、りょう 以上囲炉裏メンバー
◆コース
1日目 鷲ケ岳
イメージ 1

イメージ 2
11:10 登山口 ⇒ 12:00 馬の蹄跡 ⇒ 13:10 標高600m地点(7/10)〜昼食〜 ⇒
14:10 山頂〜休憩 ⇒ 16:45 登山口
◆説明
千里中央6時スタート、つばめさん(滋賀県: 篠原)をひらって鷲ケ岳の登山口に到着。
イメージ 3 イメージ 4
草むらに表示板があった。
イメージ 5
結構、簡単に見えた。
山道ははっきりしない。
イメージ 6
「山いい〜ん会」の表示板がある。
少しづつ急坂になる。
イメージ 7
これは合戦時の名残で馬の蹄の跡。
イメージ 8
馬屋跡へは寄らず直進する。
林道を行かずショートカットして直登ルートをとる。
道はない。ひたすら上を目指して上ってゆく。
なんとか登山道に合流。
結構疲れた。
しばらく進んで10−7の標識の近くで昼食をとる。
巻き寿司×4、いなりずし×4の助六寿司を全部食べる。
食後の重い体で歩き出すが急坂が続く。
イメージ 9
やっと山頂に到着。
イメージ 30
バンダナショット
イメージ 11
草むらの中に三等三角点があった。
イメージ 12
360℃のパノラマを堪能する。
ゆっくり休んで下りることにする。
下りは直登を避けて正規の林道を進む。
イメージ 13
ここまでは順調に下りてきた。
ここからは急坂くだりで、滑りやすい細い登山道である。
ストックをしまい、木の枝、草をつかまりながら下りて行く。
つばめさん、マユさんに先導してもらってヘロヘロになりながら下りた。
イメージ 14
久しぶりにへばった。
あとは疲れた体を癒すべく宿営場所の近くの勝山温泉センター「水芭蕉」で汗を流す。
途中、今晩の宴会の買い出しをして東山いこいの森に着いたのは19時だった。
イメージ 15

そして今回はつばめさんと私の誕生日会もかねていたのでケーキと「秋鹿」のお酒をいただいた。
イメージ 16 イメージ 17

23時過ぎまでよく飲んでよく食べてそしてよくおしゃべりをして一日目は終了。

2日目 取立山
イメージ 18
左周りの周回路
イメージ 19
08:00 登山口 ⇒ 08:30 大滝 ⇒ 10:15 こつぶり山 ⇒ 11:25 取立山 ⇒
〜昼食〜 13:00 登山口
◆説明
イメージ 20
宿営地の東山いこいの森から10分で登山口駐車場に着く。
広い駐車場で10台以上は駐車できる。
ここは大滝からの左回り周回コースを行くことにした。
大滝へは急坂で岩場を上るので下りにはちょっと危険である。
登山道は昨日の鷲ケ岳と違いよく整備されている。
30分ほどで大滝に着く。
イメージ 22
落差30mの大滝
水量が多く水しぶきを浴びながら滝つぼまで下りる。
ここから滝をまくように岩場を上って行く。
今日唯一のスリルのあるコースである。
イメージ 23
高度を増すとところどころにななかまどが見ることができる。
アルプスの「真っ赤に燃える一面のななかまど」というわけにはいかない。
もう少しするときれいに色づくのだろう。
イメージ 24
振り返ると今上って来た登山道が見える。
イメージ 25
こつぶり山1264m
イメージ 26
少し休んでバンダナショットを撮り先に進む。
ここから取立山に向かっては急坂もなく晴れていれば白山が見えるのだが・・・。
途中にミズバショウ群生地を通るがもちろん今は朽ち果てていた。
イメージ 27
取立山でバンダナショットを撮りゆっくり昼食にする。
イメージ 28
食事中も白山が顔を見せることはなかった。
諦めて下りることにした。
下りは粘土質の登山道で滑らないように気を付けて下っていった。
帰り道にある東山いこいの森によって記念写真を撮ってもらう。
イメージ 29

あとは昨日と同じ温泉に浸かって帰路に着く。


















この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事