熊野にて

やっぱ田舎(熊野)は、最高やのし 愛国の人です 略して愛の人!戦争嫌い

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全438ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

三矢のりおさんのこと

衆議院議員の三矢さん

イメージ 1

靖国神社にこんなことをしていただいてます🙇
保守だとは知っていましたが英霊に対してこのように素晴らしいことをしているとは、驚きです

三重4区は、この素晴らしい人を選んでいることに誇りを覚えます🙇

野党は、先人に対する礼を持てよ
先ずは、それからだよ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

野党の体たらく

今の野党って与党の重箱の角をつつくしか脳がないのか、、、、
韓国のことで日本を擁護したのを聞いたことが無いよ。

反対しか出来ないし
いや反対も出来ないただただ重箱の角をしかしていない

提案して初めて議員の役目を果たしていると言える。
提案こそが議員の仕事だ。

俺は、四年間市会議員を勤めさせてもらったが一番の提案がし尿処理場でリンの採取だ。
窒素リン酸カリ、三大肥料のリンです
日本は、需要の97%をリン鉱石で輸入している。
し尿からは、リンを採取できる。
これを調べて提案しました。

だが直接市長に言ったらあの人は、この提案を無視か撥ね付けるのどちらかです。
誰に言えば実現出来るか、、、、
そんなのは、簡単に答えが見つかる

そこでその人に伝えてお願いして、一年ほどしたらリンの採取をしますと返事が来ました。

その人の手柄になろうと熊野市がリンの採取をすれば良いのですよ。

そうそう公社の中元、歳暮も何度も打ち合わせて実現させたし。
前に俺のことを嫌いな同級生が「公社の人に聞いたがそれは、無いよと言っていた」とかトンチンカンなコメント入れてたが、公社の人間に❔❓
その人に言えば実現化出来たのか❔

俺は、誰にお願いすれば実現出来るか見てるんだよ。
上部しか見れないバカとは、付き合いきれんよ

実現させるのが目的だ
その為に誰に話すかそう言うことを考えなければ実現出来ない

あのときは、二人目の課長で何とか実現できた。

爽快だったな

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

筆尖に書かれてましたことに私なりの意見を熊野市議会臨時会が17日にあり正副議長選挙及び監査委員の選任が行われたことですね。
議長は、本来は、四年間ですよね。
申し合わせでの一年交代
これってどうなんでしょう
私が現職の時に公式か非公式かは、覚えてませんが「せめて二年交代で」と言いました。

また監査ですが議員の全協にて決めてた記憶が有るのです。
一度など二人が立候補して選挙になりました。
私は、負けた方を支持してましたが、、、、
吉熊さんには、全協の議事録をとられることをお勧めしたい。

記事の中身は、極めて妥当だと思います。
監査委員の報酬がかる以上記事になって当然でしょうね
行政の予算書等は、非常に分かりにくい
よっぽどの経験者でないと監査は、無理と思われても当然だと思います

記事の内容が厳しいとかオブラートに包まず等の叱咤激励が有った模様
19日の記事を何度も読み返しましたが私が思ったのは、簡潔で分かりやすい内容でした。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

切り口がハート

イメージ 1

大馬神社の御祓場です😃
御利益ありそうやわ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

維新の丸山さんが何かを言ったとニュースで言ってますが、あの人勘違いしてませんか?
戦争は、武力行使だけでは、ないんですよ
最近ニュースで聞く米国とチャイナの経済摩擦ですがあれも戦争の手前です。
ある意味の戦争ですよ
丸山さん期待していたんですけどね😢
政治家足るもの戦争を知ってほしいよ

日本では、戦国時代のことを調べるとよくわかります
武力行使の前に謀略が凄いんです。
ほんまに日本人は、歴史を勉強しないですね😢
悲しいですよ😢
ひとつ前の記事にコメントしてきた卑怯ものも勉強不足ですね

戦争とは、武力行使だけでは、ない
それを日本がしないためにも憲法改正とスパイ法の制定が必要です

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全438ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事