全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

月刊現代に母の戦争体験談が掲載されました。

103歳<赤紙配達員>の述懐


<赤紙>と言ってもお若い皆さんは何のことかとお思いでしょうね。

赤い紙に書かれた召集令状


103歳の今もお元気な西村さんは昔役場で<兵事係り>をしておられてた。

召集令状を配達する役目で、親の気持ちを考えるととても辛かったそうですが

使命ととして届けなくてはならず・・・



西村さん談

  母の家に召集令状を届ける時が一番辛かった。

  出征した5人の息子さんのうち3人が戦死しておられる寺田家に赤紙を届ける時。

  寺田さんは<そうですか、又きましたか>とじっとうつむいてぼろぼろ涙を落とされたことが
 
  ありました。

  どの家も働き盛りの息子や夫を軍隊にとられ、戦争で命までとられるかも知れない。

  赤紙を配るのは辛いことでしたが、国のため、役目だと思ってやりました。

  「当時、村人はみんな、自分の家に西村が来なければいいと思っていたはずです。

  私が自転車に乗っていると、どこに行くのか、いつもみんな注目していました。」



 ?H3>また西村さんが来はった

  西村さんにとってもっともつらかったのが、<戦死公報を届ける仕事だった>

  出征した5人の息子のうち3人が戦死した寺田家(母の実家)に、二通目を届ける時

  前にもまして心が重く、寺田家の長女で小学校教師だった利枝さん(私の母)に先につげて
 
  両親に伝えてもらおうと考えた。

  村を流れる姉川の土手で利枝さんに話したのだが、それを六男悟さんが偶然、目にしていた。

  「姉と西村さんが何か話しながら、うろうろしているのが見えたのです。
    
  どうしょう〜〜〜何かあったんだ〜〜

  また誰かが戦死したんだとすぐ分かりました。お袋にどう言おう、お袋はどんなに気落ちするだろう

  私は頭をかかえました・・・」

  そして利枝さんが両親と悟さんに、つらい知らせを伝えたとき、利枝さんの口から

  『またや・・・』という言葉しか、すぐには出てこなかったという。


<月刊 現代> から母 利枝の所と 叔父 悟ところに記者が来られて、体験談を聞いて記事にされま

した。

私もそれほど戦争体験はありませんが(うそ〜〜〜と言わないで)母によく聞かされました。

母は弟の戦死公報を何故私が両親に伝えなくてはいけないの〜〜〜どんなにつらかったか・・・

弟三人も戦死・・・戦死した叔父にはよく可愛がってもらって、どこに行くにもついていったことが

今も思い出されます。

お国のためとはいえ、立派に育てた息子達を戦争に・・・そして戦死

親の気持ち考えるとたまりません。

西村さんや母の話を聞いているとドラマが出来そうです。

西村さん 母は生き字引・・・いつまでも元気でいて欲しい〜〜〜

★ 二度と戦争がおきないょうに願っています。

  


  

  

この記事に

閉じる コメント(50)

顔アイコン

さとちゃん。昔の人は偉いとおもいます。
つらいことの数々を我慢してひっそりと暮らして・・
もう一度よみがえられて今の生活をさせてあげたいで と思います。

2007/12/3(月) 午後 5:12 みちこ 返信する

顔アイコン

ももたんさん>今は皆さん幸せすぎて・・・

でも若い人に理解してもらおうと思っても

経験が無いので無理ですものね〜〜〜

2007/12/3(月) 午後 5:14 みちこ 返信する

顔アイコン

herbさん>今日も報道されていましたが、親を殺すなんて・・・
昔は生きるのに精一杯で変な考えはしなかったとおもいま す。どうして両親を殺すんでしょうか?

2007/12/3(月) 午後 5:16 みちこ 返信する

顔アイコン

umisuzumiさん>ありがとうございます。

早速訪問させていただきます。

2007/12/3(月) 午後 5:17 みちこ 返信する

顔アイコン

辰爺さん。お母様のご苦労は大変だったでしょうね。
子供達のためにも戦争は反対です。

2007/12/3(月) 午後 5:18 みちこ 返信する

顔アイコン

ひめりんさん。読んでくださってありがとうございます。

お若い人のためにも平和が一番ですね。

2007/12/3(月) 午後 5:20 みちこ 返信する

顔アイコン

今から、帰宅途中で買います。

2007/12/3(月) 午後 5:57 犬神 返信する

顔アイコン

ブログ再開しました、これからもよろしく!ね♪

そうです、二度と戦争してはいけません、同感です

2007/12/3(月) 午後 8:52 あき 返信する

顔アイコン

犬神さん。立ち読みしてきてくださいよ〜〜〜
すぐによめます。買わないで〜〜〜

2007/12/3(月) 午後 9:23 みちこ 返信する

顔アイコン

あきさん>よかった!
これからもよろしくね\(^o^)/

2007/12/3(月) 午後 9:23 みちこ 返信する

顔アイコン

「月間現代」を購入して、「赤紙配達員の述懐」を読みました。お母様をはじめご家族の、悲しくても表わすことのできなかった、つらさは如何ばかりだったろうかと思います。
改憲論が言われているときです。我々一人一人が関心を持ち考えることが、仮に改憲しても、戦争への暴走を食い止めることになると思います。

2007/12/3(月) 午後 9:32 [ umi*u*ume*0 ] 返信する

顔アイコン

umisuzumeさん>買って読んでくださったのですか・・・
ありがとうございます。
感無量になりますね。
暖かいお心使いに感謝申し上げます。

2007/12/4(火) 午前 0:09 みちこ 返信する

顔アイコン

おはようございます。
貴重な記事ですね、お母様の気持ちを思うと切なくなります。

私ね、その時代に生きていたら非国民と言われても良い、息子の足を、私の手で折って戦争に行かせない!って心で思ったことがあります。
その位悲しい過去を2度々繰り返していけません。絶対に!!何だか涙が出てきました(;;)

2007/12/4(火) 午前 7:48 へんな 返信する

私は終戦になる前の年に生まれています。父を戦争でなくしていますので、
赤紙とかお国の為に・・と言う言葉は身近に感じてきました。
昔の人は みんな 偉いですよね。

道子さんのお母様 お元気で長生きなさっていて幸せですね
お母さんも良い思いでが増えてよかったですね。

2007/12/4(火) 午後 1:41 ようこ 返信する

顔アイコン

emiさん>貴方の気持ち私と同じ・・・
二度とないょうに若い人たちにお願いしたいわ!

2007/12/6(木) 午後 10:50 みちこ 返信する

顔アイコン

ようこさん>あら〜〜お父様が・・お母様ご苦労は大変だったと思います。高齢の母ですがインタビューにこられた時はテキパキとお話していたようです。いつまでも母には生きていて欲しいです。

2007/12/6(木) 午後 10:52 みちこ 返信する

顔アイコン

道子さんのお母様は教師をされていたのですね。当時としては相当優秀だったと思います。
自分も亡くなった母から知り合いの農家の奥さんが畑仕事中に空襲警報が鳴り小さな娘を守って抱きかかえて畑でうずくまっていたら米軍の機銃掃射で運悪く、いたいけな娘さんのみに弾が貫通して亡くなってしまい奥さんが半狂乱になったという話を聞きました。
こんな北海道の田舎にまで戦乱の傷跡があります。ノーモア戦争です。!

2007/12/11(火) 午後 4:55 s2000 返信する

顔アイコン

advanさん>母は兄弟も多くて余裕が無かった家に育ちましたが
どうしても師範学校に行きたくて泣いて頼んだそうです。
北海道でも悲惨なことがあったんですね。 平和を願います。

2007/12/11(火) 午後 5:30 みちこ 返信する

決して飽食の時代でもない当事、自分が食べるご飯も分けてでも育てたお子さん達が紙一枚でいなくなっちゃうのですから切ないですね。
でも、これは日本に限った事ではないですものね。
世界中で同じ様に出兵しているんですから。
今のアメリカ兵のイラク駐在の人達も、途方も無い人数が自爆テロの餌食になっています。武力行使が無い世界にしたいですよね。
(・◇・)

2007/12/11(火) 午後 9:44 まーくん 返信する

顔アイコン

ま〜〜くん。そうですね。アメリカ兵も・・・日本ではあまり報道されませんが、気の毒なことです。いつになれば世界が平和になるのかしら?

2007/12/12(水) 午後 7:16 みちこ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事