林住期の日々

「人生の黄金期は林住期(五木寛之)」その林住期に会社を早期退職して、第二の人生を歩み始めました。

全体表示

[ リスト ]

 
 松山市の朝の散歩から帰って、農商工連携先進地視察ツァーの一行を乗せた貸切バスは3日目 ( 最終日 )
 
の視察地を訪れました。松山自動車道〜今治小松自動車道を通って、今治市へ。
 
イメージ 1
 
 今治市朝倉にある 「 タオル美術館 」 です。
 
 山あいの中に忽然と現れた、おとぎの国のような建物。
 
イメージ 2
 
 エントランスを入って、インフォメーション前で、案内してくれる担当の方を待ちます。
 
 インフォメーション・カウンターの後ろに大きなイラストがかかっていました。一目で 「 わたせ せいぞう 」 と
 
分かる巨大なイラストは・・・もちろん 「 タオル製 」 です。いわば、巨大な 「 わたせ せいぞう 」 オリジナルの
 
バスタオル、といったところ。
 
イメージ 3
 
 この角度で見ると、タオル製の 「 わたせ せいぞう 」 が如何に大きいか分かると思います。ちなみに、
 
カウンター横にある大きなぬいぐるみも、やはりタオル製。
 
 今治市は日本一のタオル生産で知られていますが、地元タオルメーカーの 「 一広 」 のカリスマ・オーナーが
 
建設した、何から何まで 「 タオルづくし 」 の建物です。
 
 せっかく愛媛まで来たんだから・・・ということで選んだ視察場所でしたが、ここは驚愕の美術館でした。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事