林住期の日々

「人生の黄金期は林住期(五木寛之)」その林住期に会社を早期退職して、第二の人生を歩み始めました。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

<2月11日>

 秋田公立美術大学のものづくりデザイン専攻3年生の展示会 「 #もてなし 」 めぐり。

 次はそれぞれの学生さんたちがガラスという素材を使った皿で 「 もてなし 」 を表現しています。

イメージ 2

 次は石もしくは結晶のようです。

イメージ 3

 次の作品は、文字と画像と実物の3点セットでした。

イメージ 4

 松下直史作 「 トクトクノミ 」

イメージ 5

 様々な形の徳利があって、それで注ぐとそれぞれ 「 トクトク 」「 チャプチャプ 」「 トットッ 」 という

音がするという作品。

 それを動画で流しているので、音の違いも分かるというものでした。

イメージ 6

 次はタペストリーです。

 井上灯作 「 追慕 」 という作品でした。
イメージ 1

<3月26日>

 旅先での恒例となっている早朝散歩に出掛けたのは、朝5時過ぎでした。

 投宿していた品川駅前の 「 京急EXホテル 」 の部屋を出て、2階フロアから外へ出ます。

 「 FRiDAYS 」 は、ここのホテルのレストランのひとつ。

イメージ 2

 この店だけ煌々と明かりが点いていて、朝食の準備をしているようでした。

イメージ 3

 ひんやりした空気の外へ出て、ホテルの建物を見上げます。

 私たちの部屋は、12階の最左端。

イメージ 4

 2階から出て、目の前のスロープの先を見ると、3階にも出入口があります。

イメージ 5

 そのスロープを上がって行って後ろを振り返るとこんな景色。

イメージ 6

 ここまで来るとホテルの右側の全体像も見えます。

イメージ 7

 かなり大型のホテルで、品川駅に向かって部屋が並び、出入口は1階から3階まである構造

でした。

 地上30階地下3階建てで、地下は駐車場、1階は宴会場、2階が品川駅と同じ高さでレストランや

ショップ、3階にフロントがあってメインエントランスになっているという出入口3層構造は、このあたり

の高低差を上手に利用した形です。

イメージ 8

 スロープを上がるのはやめて、一旦下へ戻って 「 Wing 」 横に来ました。

イメージ 9

 品川税務署横にある 「 高輪森の公園 」 という標識を矢印に従って右へ曲がり、まだ薄暗がりの

細い小路に入り込んで行きました。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事