林住期の日々

「人生の黄金期は林住期(五木寛之)」その林住期に会社を早期退職して、第二の人生を歩み始めました。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

<3月26日>

 イギリスへ旅立つ当日の朝の散歩。

 桜が咲く道を辿って行くと、グランドプリンスホテルの一角 「 花香路 」 の看板のある門をくぐり

ました。門の内側に階段があります。

イメージ 2

 敷地内に入り込み、階段を登って行きました。

イメージ 3

 階段の脇にあるのは、ひな壇のようなスペースです。

イメージ 4

 「 桜桟敷席 」 です。

イメージ 5

 桜の花の真下のひな壇に宴席を設ける形。いわば、京都の川床料理の段々畑バージョンのような

形でした。

イメージ 6

 この日は、桜も見ごろを迎えていました。

イメージ 7

 桜の下を更に奥へ。

イメージ 8

 こちらのホテルでも朝食の準備が進んでいるようで、灯りが点いています。

イメージ 9

 桜が咲き乱れるグランドプリンスホテルの日本庭園を、奥へ奥へと歩いて行きました。

イメージ 1

<2018年12月19日>

 上野の 「 国立科学博物館 」 で開催されていた 「 日本を変えた 千の技術博 」 めぐり。

 次は 「 録音・録画が文化を伝える 」 コーナーです。

イメージ 2

 大型の 「 テープレコーダーG型 」。1950年にソニーが発売したものです。

 ただし16万円と高額だったため、一般には普及しなかったとのこと。

イメージ 3

 右側の機械は、オーディオプロセッサーとCDプレーヤー。

イメージ 4

 トランジスタラジオの発売は1955年で、据置型だったラジオを持ち運べるようになりました。

イメージ 5

 もう一つは 「 ウォークマン 」 です。

 1979年発売の携帯型ステレオカセットプレーヤー。音楽を個人で、いつでも、どこでも楽しむこと

ができるようになり、音楽文化の転換をもたらしました。

イメージ 6

 そんな 「 コミュニケーションを変える技術 」 が第8章で、このあたりからは時代の変革スピードが

急激に速くなって行ったような気がします。

イメージ 1

<2月11日>

 秋田県北秋田郡阿仁地区めぐり。

 秋田内陸縦貫鉄道の阿仁合駅から、「 阿仁ふるさと文化センター 」 で開催されていた 「 おひな

まつり 」 の会場に来ました。

 まずは 「 つるし飾り 」 の廻廊を通ります。

イメージ 2

 会場内は緋毛氈が敷かれているので、華やかな赤一色。

イメージ 3

 まん丸で様々な模様が描かれているのは 「 御殿まり 」

イメージ 4

 壁側には 「 押絵 」 です。

イメージ 5

 小さな行燈のようなものは 「 切り絵 」

イメージ 6

 「 手作り作品 」 は干支、七福神などの縁起物。

イメージ 7

 直江兼続兜、絣の裁縫箱、絣の笑い猫の巾着もあります。

イメージ 8

 こちらは 「 いろいろなおひな様 」

イメージ 9

 土人形、紙人形など、様々なお雛様のコレクションも展示していました。

 「 雛飾り 」 というジャンルに、これだけの種類があります。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事