林住期の日々

「人生の黄金期は林住期(五木寛之)」その林住期に会社を早期退職して、第二の人生を歩み始めました。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

<2月17日>

 秋田公立美術大学の卒展 「 カモステイク 」 めぐり。

 次の作品は 「 銀線小町 」 というグループの作品です。

イメージ 2

 秋田の伝統工芸品 「 銀線細工 」 です。

イメージ 3

 きらびやかで細かい細工の作品が並んでいました。

イメージ 4

 その銀線細工を、秋田舞妓が身に着けた写真も紹介されていました。

イメージ 5

 こちらも秋田の伝統工芸品 「 川連( かわつら )漆器 」 の作品 「 朝の食卓を彩る漆器 」 でした。

イメージ 6

 展示ホールの作品群です。

イメージ 7

 展示ホールの一角にあったのは、黄色のベールで囲まれた場所。

 丸テーブルに、びっしりと書かれているのは、会話の文字です。

イメージ 8

 各テーブルの上にスピーカーがあって、テーブルに書かれた会話が、それぞれ聞こえてくるという

作品でした。

イメージ 9

 他にも趣向を凝らした展示スペースが、黄色のベールに囲われていくつか並んでいました。
イメージ 1

<3月26日>

 成田空港72番搭乗口で搭乗開始を待ちます。この日の成田は雨でした。

イメージ 2

 12時過ぎに搭乗案内が始まりました。

 早々に成田空港に来て、妻と並びの席を狙ったものの、英国航空の都合で叶わず、結局私は

中3列の通路側、妻は窓側3列の通路側で斜め後ろの位置でした。

イメージ 3

 窓からの景色は見られないので、やむなくディスプレイで位置を確認する程度です。

イメージ 4

 雨で空港の離発着が混んでいたせいもあって出発が遅れ、「 離陸 」 したのは12時50分頃だった

と思います。

イメージ 5

 離陸後30分ほどでしょうか、新潟市上空を通過。

イメージ 6

 「 離陸 」 後、40分あまりで最初のドリンクサービスがありました。

 男性CAで、ハイネケンを頼んだら、「 ワインもどうだ?」 と勧めるので、白ワインも。

イメージ 7

 最初のドリンクサービスから約1時間後、日本時間で2時30分を廻った頃に最初の食事が出ま

した。肉料理はビーフだったと思います。

イメージ 8

 妻はフィッシュを注文。サバだったと思います。

イメージ 9

 それからしばらく、飛行が続き、機体はシベリア上空を延々飛んで行きました。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事