林住期の日々

「人生の黄金期は林住期(五木寛之)」その林住期に会社を早期退職して、第二の人生を歩み始めました。

街歩き大好き

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全245ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1

<3月26日>

 イギリスへ旅立つ日の早朝、5時過ぎから恒例の早朝散歩へ出掛け、ホテルの周りを1時間ほど歩き廻って

から部屋へ戻りました。

イメージ 2

 部屋は12階の 「 1230号室 」 で、たまたまグレードアップしてくれた2部屋ある特別室でした。

 部屋の窓からは品川駅が正面下に見えます。

イメージ 3

 2つの部屋の共通部分を通って反対側の部屋へ行きます。

イメージ 4

 反対側にあるもう一つの部屋。ここは使いませんでした。

イメージ 5

 共通部分にあったのは、まず広めのクローゼット。

イメージ 6

 クローゼットの向かい側に大きな鏡のある洗面台。

イメージ 7

 バス&トイレも広くてゆったりでした。

イメージ 8

 この日はホテルの朝食は食べずに早めにチェックアウトし、6時30分過ぎには品川駅前に来て

いました。

 京急線のビルの屋上には 「 美人を育てる秋田米 」 の大きな看板。

イメージ 9

 品川駅から成田空港へ向かいます。

イメージ 1

<3月26日>

 イギリスに旅立つ日の朝、ホテル周辺の早朝散歩。

 自分のホテルの周りから、グランドプリンスホテルの日本庭園の中を突き抜けて、グルッ!と一周

廻って来ました。

 「 品川税務署 」 と桜の向こうに、投宿していた 「 京急EXホテル 」 が聳えています。

イメージ 2

 税務署の前には 「 東京税理士会品川支部会員 」 の名簿が貼り出されていました。

イメージ 3

 「 柘榴坂 」 を降り切ったところにシンガポール料理店があります。

イメージ 4

 シンガポール料理店の脇から歩道橋に上がりました。

 この歩道橋が 「 品川駅前 」 の道路を、大きく横断しています。

イメージ 5

 歩道橋に描かれた港区の花 「 バラ 」

イメージ 6

 「 品川駅前 」 の広い道路を跨ぐ歩道橋を渡ります。

 下の道路は 「 第一京浜 」 だと思われます。
イメージ 1

<3月26日>

 イギリスへ旅立つ日の朝、投宿していたホテル周辺の散歩に出掛けました。

 自分が泊まっていたホテルの周りを一周して、「 グランドプリンスホテル高輪 」 の日本庭園の中

を通り抜けて来ました。

 庭の中の小道の向こうに入口が見えて来ます。

イメージ 2

 新高輪プリンスと大宴会場 「 飛天 」 へ通じる入口でした。

イメージ 3

 中へ入ると、広々としたロビーです。

イメージ 4

 大宴会場 「 飛天 」 のロビーでもあるので、この広さが必要なのかも知れません。

イメージ 5

 豪華なディスプレイを眺めながら、まだ人のいないロビーを通り抜けて行きました。

イメージ 6

 新高輪プリンスの建物を抜けると、「 品川東武ホテル 」 の前に出ました。

 ここもかつて海外旅行の前に前泊したことがあります。

イメージ 7

 新高輪プリンスの横の坂道を下って、自分のホテルへ戻ります。

イメージ 8

 この坂は 「 柘榴坂 」

イメージ 9

 坂の名前の起源は伝わっていないようで、柘榴の木があったためかどうかもはっきりしていない

とのこと。江戸時代はカギ型に曲がっていたのを、明治時代に真っ直ぐにして 「 新坂 」 と呼んだ

そうです。
イメージ 1

<3月26日>

 イギリスへ旅立つ日の早朝散歩。

 グランドプリンスホテルの日本庭園内に入り込んで、奥へと進み、太鼓橋を渡って門をくぐると

そこにお堂があります。

イメージ 2

 そして 「 竹心庵 」 と読める看板のある茶室の建物。

イメージ 3

 大きさといい、「 にじり口 」 の造りといい本格的な茶室です。

イメージ 4

 茶室 「 惠庵 」 です。

イメージ 5

 「 惠庵 」 の脇から石段が続いています。

イメージ 6

 石段を上がると、塀とお堂の間に抜け道のような細い道が続いています。

 スタッフだけが知る裏道のような感じでした。

イメージ 7

 石に刻まれた 「 惠庵 」 の文字。関係者専用出入口です。

イメージ 8

 お堂の脇から続く石段。

イメージ 9

 石段を登り、小路を抜けて、奥へ行ったら 「 茶寮 惠庵 」 の正式な案内板がありました。

 どうやら私は裏側から来たようです。

イメージ 10

 たぶんこちら側が正式な入り口だと思います。

イメージ 11

 左が 「 惠庵 」、真っすぐがグランドプリンスホテル新高輪のダイヤモンドプール方面です。

イメージ 12

 少し高台になっているあたりの和風庭園が、グランドプリンス新高輪の庭への出入り口になって

いて、私は反対側から登って来たことになります。
イメージ 1

<3月26日>

 イギリスへ旅立つ日の早朝散歩。

 投宿していた 「 京急EXホテル 」 を出て、ぐるりと一周してからグランドプリンスホテルの庭へ

入って行きました。

 「 桜桟敷席 」 が設けられた満開の桜の下を通って奥へ行き、太鼓橋を渡るあたりから、周囲は

本格的な 「 日本庭園 」 になります。

イメージ 2

 太鼓橋の下を流れるせせらぎは、品川の傾斜を利用して作られています。

イメージ 3

 その流れが下へ向かって流れていました。

イメージ 4

 太鼓橋を渡ると、その向こうに立派な門があります。

イメージ 5
 
 「 さくら坂の鐘 」・・・だそうです。

イメージ 6

 とてもホテルの庭とは思えないような鐘楼です。

 品川駅は左へ、ザ・プリンスさくらタワー東京は直進です。

 しばらくこの 「 日本庭園 」 の中を歩き廻りました。

全245ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事