MICHIの散策記

止めそうで止めないブログ!

全体表示

[ リスト ]

モンゴル書道を拝見

大学の研究生で書道を研究している包さん(中国内モンゴル自治区出身)という方の作品展に出向く。
趙之謙(中国の書家、1829−1884)の書風をモンゴル書道に活かす取り組みを行っている。

もともとモンゴル文字がどういうものなのかすら知らないので、活字を見せてもらうとアラビア文字を逆さにしたような字に見える。そしてあらためて作品を見ると、流れるような丸みを帯びた字体とはねる躍動を感じる。

少し写真に説明を加えると、
写真右上: 「飛翔」と書かれている。 モンゴルでは祝福として子供たちに贈る言葉で、励ましの意味を込めて頑張る気持ちを与えるそうだ。
写真左下: 「広くて深い学問の世界、苦労して学べば学ぶほど、将来の夢へ近づく」。
本文は左から右に読むそうだ。

モンゴル茶も振舞われた。ちょっと塩味のあるミルクティといった感じで美味しかった。

イメージ 1

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

モンゴルの文化については無知といっていいくらいです。
横から字を眺めるとアラビア文字に似てくるような気がします。
自治区でもモンゴル語の授業は学校であるのかちょっと気になります。

2009/6/27(土) 午後 6:34 [ kan ] 返信する

顔アイコン

私も同様で、今回はいい機会でした。
モンゴル文字も学校の授業で習うと聞きました。
それからモンゴル語は文法的には日本語に近いとも言っていました。

2009/6/27(土) 午後 7:04 michinotomo 返信する

顔アイコン

モンゴルにも書道があるんですね。顔も似ているしお相撲もあるし、文化も中国圏だからにているんでしょうか?

2009/6/28(日) 午前 0:16 [ はいから303 ] 返信する

顔アイコン

はいからさん。内モンゴル自治区の人と会うのは今度が初めてでした。顔も日本人に似ています。
中国の自治区であり、やはり中国文化の影響は濃いでしょうね。
この方ともう少し話しかったのですが、他の訪問者への説明もあり時間とれませんでした。

2009/6/28(日) 午後 5:23 michinotomo 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事