ふぉあぐら日記

ぴーちゃんと肉まんは☆さまになりました

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全84ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

今まですっと放置状態のブログでしたので、紹介していなかったのですが、

コザクラインコのよもぎちゃんです。

いつもこうやって自分からコロコロ転がっています(でもニギコロはできません)


飼い主が面倒くさがりで飽きっぽいため、ブログの更新を続けられるか‥?

自分でも疑問ですが、少しづつ紹介していきたいと思いますので、よろしくお願い致します


イメージ 1

ハクビシンの襲撃で大怪我を負ったぐらちゃんですが、すっかり元気になりました。

通院は一応先月で終わったのですが、
傷が思ったより深く、菌が入ってしまっていたので、薬をやめて経過観察しておりました。

それでも傷は完全に癒えたわけではなく、右翼の骨は折れたままの状態です。

骨が折れたままなので、翼が少し下垂しています。

ですが全く痛がる様子もなく、水浴び後はバサバサしていますので、特に問題なさそうです(飛びませんしね)

ぐらちゃんのこと心配してくださった皆さま、本当にありがとうございました。

ふぉあぐらちゃんたちは今年の6月で12才になります。

残りの余生、ゆったりしたシルバーライフを送ってもらえるように精一杯お世話します

ありがとうございました
なんとか朝を迎えることができた 肉まんとぐらちゃん
とはいえ元気も食欲もなく、餌と水を目の前に置いてみたものの
水以外口にすることがない状態でした

大好きなミルワームを出すと、ミルワームは食べてくれました
ぐらちゃんはミルワームを秒食い
そのおかげで食欲が少し出てきたようで、餌を少し食べてくれましたが、
肉まんはミルワームと水以外食べようとしないので、これはもう強制給餌が必要だと思いました。

どこの病院へ行くか悩みましたが、遠いけど安心して任せられるインコずでお世話になっている病院へ行きました

2羽の状態は思ったより悪く、
本来は傷口を洗って羽を抜いて傷を縫うところ
痛みを伴う処置に耐えられないでしょうと。
元気そうに見えても1時間後に亡くなってもおかしくない状態との見解で
抗生剤を投与して回復を助けてあげる処置を勧められました。
同時に入院も勧められましたが
出血がひどく、全く餌を食べられない肉まんだけ入院し
比較的元気で自力で餌を食べるぐらちゃんは帰宅しました

肉まんは1週間入院し、怪我も食欲も回復して退院することができました
我が家のアヒカモはワカサギが大好きなので、
薬はワカサギのお腹に仕込んで食べさせていました
ワカサギが欲しくてご飯の時間になると催促してきた肉まん
峠は過ぎて回復を喜んでいた矢先のこと

小屋が経年劣化していて
その傷んだところから侵入し
肉まんは小屋の中で襲われ亡くなってしまった

この12月で11才になるはずだった

2度もこんなひどい目に遭わせてしまった‥
至らない飼い主のせいです‥
もっと気をまわすべきだった
もっと何か対策できたはずなのに
頭がおかしくなりそうなほど後悔しても肉まんは戻ってこない
悲しさと口惜しさと申し訳なさと
いろんな感情がぐるぐる巡ってきて、しばらく何も手に着かない状態でした

こんな至らない飼い主が言えることではないかもしれませんが
外飼いの皆さま
どうか今一度、小屋や囲いをご確認ください
住宅街であっても
都心であっても
外敵はいます
予想もしない外敵がいるかもしれません
肉まんが襲われてから、慌ててふぉあぐらちゃんの小屋の隙間を全て塞ぎ
役所に問い合わせて罠を借りることができたので、小屋の横に罠を仕掛けました
そうしたらタヌキがかかっていました
このタヌキは病気だったようで
かなり貧相でしょぼくれていました
恐らく罠の餌に釣られてたまたま入ってしまったのでしょう

病院の先生も、2羽の傷はネコやいたちではなく、ハクビシンでしょうと言っていました
実際に姿は見ていませんが 囲いの網を上って逃げることができるのはネコではないと飼い主も思っております
絶対とは言い切れませんが‥












イメージ 1


ハクビシンの襲撃


10月23日の夕方
画伯が仕事から帰ってくると
夜小屋にふぉあちゃんがいました。
何でこの中にいるんだろうと不思議に思って日中ゾーンへ行くと
肉まんとぐらちゃんが日中ゾーンで倒れていました。

肉まんは首・お尻を噛まれ、特にお尻からの出血がひどく
ぐらちゃんは首・お尻を噛まれ、右の翼も噛まれ、骨が折られていました

秋口に続いた台風で、日中ゾーンの屋根が痛んでしまい、外していました。
週末に修理しなきゃね〜と言っていた矢先のこと。
恐らくそこから侵入し、襲われてしまった。

画伯が近づいて声をかけると
2羽とも力なく鳴いて返事していたそうですが、とても弱弱しくて もうダメだと思ったそう。

私も急いで戻り、2羽の様子を確認すると、
2羽とも落ち着いてはいたものの、怪我がひどく
すぐに病院へ行くべきだとは思いましたが
肉まんの出血がひどく、ポタポタ滴り落ちてくる状態で
なんとか止血しようとガーゼを当てただけで
痛くて鳴いている肉まんを見て
とてもこの状態で動かして、遠い病院へ行く方が危険と判断し
とにかく血を止めることを優先し
翌日病院へ行くことにしました。


まだまだ長くなりますので、続きはまた次回

一番下に襲撃直後の画像をUPします
かなりひどい状態ですので ずっと下の方に載せます
敢えてこの画像を載せるのは、ちょっと躊躇いもありますが
ハクビシン・タヌキ・イタチなどの外敵が、こんなに怖いんだということを
外飼いの皆さまにおわかり頂きたかった意図をご理解ください

外敵に襲われる鳥さんが少しでも減りますことを祈っております



























































































イメージ 1


肉まん

11月14日 肉まんが虹の橋へ旅立ちました
何かに襲われて亡くなってしまいました
恐らくハクビシンだと思います

ふぉあちゃんは難を逃れましたが、ぐらちゃんも襲われてしまいました
ぐらちゃんは首とお尻を噛まれ、翼を折られてしましましたが、なんとか生き延びてくれました。
重症ではありましたが、ただいま治療中です

今はまだ気持ちの整理ができておりませんが、また近いうちに記事をUP致します

まずはご報告まで

全84ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事