ここから本文です
仙台 guitarbar へようこそ!
ブログ始めようと格闘中です
イメージ 1
新潟で息子さんとパープルバンブーと言うユニットを組んでる永井さん(写撮れず)が弾き語り。

入れ違いに織田哲郎さんや尾崎豊さん等のキーボードプレイヤーでスタジオミュージシャン 大谷哲範さんが來店。ギターででしたが遊んで行ってくれました。

12月に入り寒さも本番ですが、まだまだ街は静かな様子。
忘年会などの予約は営業時間にかかわらず相談にのりますよー。遠慮せずにどんどん問い合わせしてみて下さいね!! 

     

この記事に

浅川マキさん

浅川マキさんの歌を聴いている。 
アングラの女王と呼ばれていた彼女の歌をたまに歌ってと年配のお客さんに言われる事があった。代表曲である「かもめ」を聴いたりしたのだが僕に合った歌とは思えず自ら進んで歌う事は無かった。
その他にもロッドスチュアートも歌っていた It's Not the Spotlightやアニマルズ(朝日のあたる家)の原曲日本語カバー(朝日楼)もいまひとつピンと来てなかった。  このごろ彼女のライブ音源を聞く機会があり、そこにある張り詰めた空気感と(素の歌い方)の良さに少しはまっている。
そう。1曲だけを切り取っちゃぁダメだったんだ。1曲1曲では淺川マキそのものの良さはわからないからこそアングラの女王と言われてファンがいたのだろう。
2010年1月17日 阪神淡路大震災からちょうど15年のその日に名古屋のホテル浴室で急性心不全で倒れ67歳で亡くなった。
いままだ生きていれば76か77歳 どんな歌を歌っていたのだろう・・・。

僕は歌う歌と聴いていたい歌はだいぶギャップがあるのかも知れない。
本当は淺川マキさんや友部正人さん。 はちみつぱい だったり洋楽の古いアルバムに入っている名曲だったり。年齢にかかわらずそんな歌の良さを解かっていて 
尚且つあまり薀蓄を語らずに酒を傾ける。そんなお客さんの集まる店があったらなぁ・・・。
そんな店で食っていけたら最高にシアワセなんだけど・ けど・ けどね。

     アングラの似合う店には客は来ず ってか!



この記事に

イメージ 1ちょいと遅刻してきたタイミングで初来店のお客さんとはちあわせ!

張り紙記載の携帯にかけようかってタイミングだったようでした。

遅刻はいかんと思いながらもつい家が近すぎて甘えるのでした。

気を引き締めないと!

この記事に

なぜか今夜は他県から浜田省吾さんのファンが二組も来てくれました。
12月にファンの集まりがあるそうでその帰りの予約を頂きましたが、楽しみです。
ずっとギターで伴奏してて写真が撮れなかったけどまた歌ってくださいね。

それから社員旅行のグループは、つい先日十和田から来てくれたお客さんの紹介だそうでうれしい限りです! 
紹介してくれて有難うございます!! 

この記事に

イメージ 1イメージ 2イメージ 3イメージ 4
一人
でもOK

グループでもOK

カラオケでもOK

ギター
でもOK

音楽は、

歌は、

楽し〜い

ものです

そして

お酒は

美味しい

ものです


もう11月も目の前。 あっという間に12月の到来ですね。
忘年会 クリスマス 飲むも 食べるも 歌うも ギターバーで盛り上がってね!
12から13名まで入れます。 予約お待ちしてま〜す!!

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事