山屋の一日

お訪ねくださりありがとうございます。「下ノ畑ニ居リマス」

全体表示

[ リスト ]

「静かに 健やかに 遠くまで」

 
言葉の心地よい響きは、体中の感覚器官を刺激し、遠い記憶を呼び覚ますようだった。
やはり、私も、何の本だったか、今ではその書名も著者の名も思い出せない。
言葉の端々が、心に残り、けして、強制されることもなく、ものの考え方や生き方などに、
自然に共感して影響を受けることがあるものだ。それが”感化”ということだろう。

この言葉が、城山三郎氏のものかと思い、著者の「静かに健やかに遠くまで」という本を読んで
みた。その本のあとがきに、”一つの箴言の力”というタイトルでエピローグが綴られていた。

『本書のタイトルにした「静かに健やかに遠くまで」は、私の最も好きな次の言葉を縮めた
ものである。
「静かに行く者は健やかに行く 健やかに行く者は遠くまで行く」
いまとなっては、その書名も著者名も思い出せないが、高名の経済学者の業績と人物を紹介
した本の中に出てきた言葉で、学生時代の終わりか大学教師になって間もない私が読み、
すっかり、その虜になった本の中に出てきた言葉である。
たしか、イタリヤの経済学者パレートについての叙述の中で、彼がモットーとした言葉として
紹介されていた。
原語では、Chi va piano,va sano Chi va sano,va lontano 』

イメージ 1 [霧が晴れ、遠くに見えたトムラウシ]

私なりに、何日も考え、ようやく、城山三郎氏の謎が解けた。
この言葉は、元々は、イタリアの諺にある言葉だった。
これは、140年も前にフランスの経済学者レオン・ワルラスが人生の難題か、学問に行き詰った
のかわからないが、辛い悩みごとを抱えていた。その時に、父のオーギュスト・ワルラスが、
わが子を励ますために送ったのがこの言葉だった。

城山三郎氏のいうのは、イタリアの経済学者・社会学者、ヴィルフレド・パレートである。
パレートの法則Pareto's lawを表した人だ。
パレート自身は、鉄道技師から政治活動に身を投じたが、レオン・ワルラスの影響を受け、
経済学の研究を志す。
その成果が認められ、ワルラスの後任としてローザンヌ大学で経済学の教鞭をとっている。
彼はそこで、経済学における一般均衡理論と厚生経済学という新たな研究分野を確立した。
城山三郎氏が「その書名も著者名も思い出せない」としていたものは、これらのことだった
のではないか。
レオン・ワルラスの言葉をその弟子パレートがモットーとしたというのも頷ける。
そのモットーこそ、ワルラスの父、オーギュスト・ワルラスが息子のレオン・ワルラスに送った
この言葉だったのだろう。

「 Chi va piano,va sano Chi va sano,va lontano 」

これは、登山を志す者の本分でもあると思いながら考えている。
「静かに」山に入り、「健やかに」歩き、「遠くまで」行く。
厳かに、畏敬の念を抱き、「静かに」山に入り、ゆっくりと元気に「健やかに」歩く。
そういう人は、きっと「遠くまで」行くことができる。
しかし、今、この言葉が頷けるような山歩きをすることができる場所は、ずいぶん少なくなり
つつあるのではなかろうか。
少し心配しながら、遠くの山を見詰めている。

閉じる コメント(4)

だいたい一人で山歩きをすることが多いですね。
人気の無い山は登って下りて来るまで誰とも出会いません。
でも一人が好きです。
仲間とワイワイも楽しいですが、世間話をしながら景色も見ずに登っているグループに出会うと可哀そうに思います。
俗世を引きずって山に入るより自然の中に溶け込みたいですね。

2011/8/16(火) 午前 9:10 ted 返信する

顔アイコン

静かな山歩きを楽しまれている様子が目に浮かびます。
「健やかに」歩くということは、元気で、何事にも謙虚であるということだと思います。私は、腰の痛みが治まらず、体力的にはもう既に若い人たちにはかなわないでしょう。でも、遠くの山を見詰め、山の本でも読むことで、きっと、精神的に「遠くまで」行くことができるのでしょう。
イタリアの諺のこの言葉の意味も、何事も、落ち着いて、謙虚に振舞い、継続して取り組めば、事を成すことができるのだよ、と伝えていると思っています。
自然の中に溶け込みさえすれば、おのずと「静かに 健やかに 遠くまで」という気持ちになれそうです。
tedさん、ありがとうございました。

2011/8/16(火) 午後 0:28 山屋 返信する

お元気ですか?おひさしぶりです。
ちょうどいま、城山三郎さんの「少しだけ無理をして生きる」を読んでいます。「静かに健やかに遠くまで」と同じような意味で、こういっていました。

「身体を壊すほどの激しい無理をするのではなく、
少しだけ無理をして生きることで、知らず知らずのうちに、
元の自分では考えられないほど、遠くまで行けるかもしれない。
自分の世界が、思わぬ広がりと深みを持てるかもしれない。」

そうして考えてみると、山も仕事も人生も、同じなのですね。
心に残る言葉です、良い言葉をありがとうございました。

2014/5/3(土) 午前 9:36 [ リップ ] 返信する

顔アイコン

訳あってブログは、しばらく開店休業でした。
焦ることなく、ゆっくり、でも倦まず弛まず生きて行けば、道は開ける、と思っています。
私は、今年、しがないサラリーマン生活も定年退職を迎え、生きがいややりがいのある今後の生活を思い描いてはみるものの、特に何も見当たらないことに、いささか絶望的にもなります。

絶対にサラリーマンにはならない、人様のように無難な道を歩んでいくことのないであろう息子を励ます言葉として、この言葉を贈りました。
健康でありさえすればいいというだけの微かな望みにすがり、就職難の世の中に息子を送り出してゆくことが親として、人としていかがなものかと思いつつ。
「静かに行く者は 健やかに行く 健やかに行く者は 遠くまで行く」という言葉をどのように感じたかはわかりません。
ともあれ、・・・知らず知らずのうちに、元の自分では考えられないほど、遠くまで行けるかもしれないのですね。
自分の世界が、思わぬ広がりと深みを持てるかもしれない、という希望を抱きながら生きて行ってくれたらいいのですが。
リップさん。どうも、ありがとうございました。

2016/10/28(金) 午後 8:27 山屋 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事