Synchronic Surfer’s

欲張りな好奇心で生きているOutdoorな僕のblgです♪

2010-11シーズン①


20110410ikenodaira midnight

いろいろあった春先ですが…良く考えれば、地球上のどこかで同じことが起こっています。

遠いとか近いとかという問題では無いと感じるのです。

いつも通り、春の残雪は革靴とウロコ板で楽しんでいました♡

この記事に

開く コメント(7)

キャンドルナイト ケータイ投稿記事

イメージ 1

こんな時こそ、楽しむ心を忘れずにいましょう

この記事に

開く コメント(0)

スキーの原点

イメージ 1

僕のスキーは、子どものときに初めて履いたクロスカントリースキーでした。

といっても、競技用なんかではなく普通の靴のつま先が革の輪っかにハマるだけの木の板でした。

もちろん、裏側には半円状のステップが切ってあって後ろに滑らないようになっていました。

だから、初めてのスキーはとっても楽しく雪の上を歩きまくった記憶がしっかり残っています。

それから数年後、まさかの雪国への移住…学校の授業で仕方なく履かされたアルペンスキー!

中学生になると経済的な事情でみんなスキーと疎遠に、当然のように僕も。

そんなある日、イエローストーン国立公園でクロカンを楽しんでいる写真を雑誌でみかけ♡

見よう見まねで、クロカン部の友人に教わって初めたのがクロカンスキーでした。

毎晩、部活が終わってから学校の校庭でひとり月あかりを頼りに練習したものです。

高3になり部活も引退し、毎週山に入るようになりクロカンは雪山に入る道具になりました。

下りになるとろくにターンもできなかったけど、楽しかったなあ〜

アルペンもボードも教える仕事はしたけれど、結局もどってきてしまったな。

さて、今回は乾燥して寒くて標高が高い、いかにも冬山というロケーションでした。

標高は2000m、急な登りも下りもないけれど美しい景観のなかを移動しました。

そうそう、スキーって滑る為に生まれた訳じゃあないんですよね。

元々は冬の雪上で作業するために生み出された、生活の道具なんです!

知ってましたか?

個人的に、やっぱり滑るより面白いし楽しい♡

歩くならスノーシューがあるだろうって?、いやいやスキーで歩くのって面白いんですよ。

僕のスキーは踵があがる、昔はクロカンで今はテレマーク、結局おんなじことしてるな。

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1

昨年から開催している、「アイスクライミングお試し会」を今年も行いました。

趣旨は、敷居の高いアクティビティを気軽に体験してもらい、どんなものか感じてもらうのです♡

特に冬のアウトドアアクティビティは道具も特殊で、人口も少なくチャレンジしたくても…

そんな人たちに、チャレンジする場を提供しようと昨年より行っています。

今回も4名のチャレンジャーが参加、ジムクライマーやテレマーク愛好家などなど。

持ってるけどカツカツの氷の上で歩いたことない方が多いので、登らなくても結構面白い。

最後は、バーチカルのアイスクライミングを体験してもらいました。

道具も借りれて、教えてもらえて、美味しいお蕎麦に良い温泉♡おまけにアプローチ0分です。

ちょっと、いいとこ取りかな???

この記事に

開く コメント(2)

学校への道④

イメージ 1

学校への近道です♡いい感じでしょう?

通学路にある民家の庭先を抜けて、裏手の草地に入るとこの通りです。

いい感じなんですよ〜、子どもの頃よく通った森の回り道を思い出します。

学校から家へのショートカットルートは森の中で、途中にある墓地が雰囲気あり過ぎ!

夕方遅くなると、わざわざみんなでそこを通ったものです。

最後は市民体育館の裏手にでるので、プロレスがやってくると必ず行きました。

なぜって、体育館の裏手では若手レスラーが必ずいるので遊んでもらうのです♡

若かりし頃の長州力、おっかなかったなあ〜。

先日、小学校の横を自転車で通ると「寄り道せずにまっすぐ家に帰りましょう」という放送が。

家に帰っても誰も居ないし、早く帰ったってゲームするんだったら…

子どもの居場所、ますますなくなっていくのだろうな。

僕は幸せな子ども時代を送っていたんだと、最近つくづくそう思います。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

学校への道③

イメージ 1

すっかり雪まみれで、テレマークモードですが…

ふと、ひとりで珈琲を挽きネルでドリップしてるちょっとの間、思い出すのは学校への道です。

この村には舗装でれているところもなく、アフリカっぽい赤い土で誇りっぽい。

湿度もなく、気温は高いが汗はあまり出ず、カラカラです。

水道も井戸も無いので、雨水を沸かして作ったルイボスティーを1L作って半分づつボトルへ。

丘の上の学校まで、ゆっくり歩いて45〜50分くらい。

短い間ですが、僕は大好きでした…でも、毎日2年間ってのは大変な事です!

子どもの頃、剣道を習っていて先生が個人的に火木土とマンツーマンで稽古を付けてもらってた。

雪の降りしきる東北で、夜道を防具背負って懐中電灯片手に小一時間歩いて通ったものです。

早朝、ひとりで走って丘の上までいって最高の景色をみながら深呼吸とストレッチ!

歩くっていいなあ♡どこにいても、だれといても、暑くても寒くても、ひとりでも…

僕は僕の道を歩いていこう。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2011-12 K2 SKI③

イメージ 1

先々シーズンから気になっている板…HARDSIDEです♡

センター幅98mmは、太すぎず細すぎずでセンターがサンドイッチ構造なのでバタつきにくい。

と、いうよりも来季は若干の仕様変更があり、なんともしっとりとした乗り心地である。

試乗会では、リフト1本を繰り返し乗るのですがフィーリングを掴むのが難しいと感じています。

今回は最終日ということもあり、試乗者も少なく(テレマークだから余計ですね)ゆっくり乗れる。

ということで、みなさんごめんなさい!

気になる2台をじっくりインプレッションするために、我らはゴンドラに乗って上へ上へと♡

インプレ詳細は、またの機会にね。

この記事に

開く コメント(0)

2011-12 K2 SKI②

イメージ 1

今年の試乗会では、過去に無かったモデルまでテレマーク仕様に♡

いちど乗ってみたかったよね、って板もあって楽しめました。

一番右は、DARKSIDE 156/128/144と極太、テレマークでの選択肢は有り得ないので観るだけ。

右隣は、PON2OON 157/132/122と最強極太、パウダーでオープンバーンだけなら有りかも。

その右隣は、SIDESTASH 139/108/127と結構太い、もう転ぶ気がしません…重さも感じました。

一番左は、SIDESHOW 132/90/115と今やオールラウンド?これ乗りやすい、FAT初心者に♥

PON2OONは、長さによって幅が変わる親切設計です。ゲレンデ仕様は辞めて下さい…滑れるけど。

いわゆる逆反りなので、ブーツ下しか接雪していないのでパウダー以外はクルクル君でした。

こういうのはパウダーでロングターンしたい板ですね。

SIDESTASH は重すぎて、テレマークの軽快さが失われるのを承知での選択かと、安定感は凄い!

SIDESHOW、来季新発売で初FATに最適な極端すぎないことと、マイルドな乗り心地は高評価!

いちおう、K2が設定するテレマークのセンター幅限界として102mmを推奨している。

右2本はそれから外れてるが、多くの要望や使用者がいるのでしょうね。

僕のフィールドでは、残念ながら使えません。

って、ことで残りに続く…

この記事に

開く コメント(2)

2011-12 K2 SKI

イメージ 1

メーカー主宰の来年度モデル試乗会に、ご好意で参加させていただきました。

毎年、いそがしく時間に追われひたすら乗って乗って…

今回はじっくりと、時間と距離をかけて、しぼってインプレするのが目的。

スクールでのゲストや、友人のショップで良きアドバイスができるように♡

画像は早速リフトへ向かうところ。

詳細は後で…

この記事に

開く コメント(0)

学校への道②

イメージ 1

学校が長期休みに入り、クリスマスを待つばかり♡

子どもたちを集めてスラックラインをしようと、休日にのんびり登っていました。

4人くらいのまとめてのお葬式が始まっており、大勢の人々が集まる横を通り過ぎようとすると…

「おまえ写真屋か?」と聴かれちゃいました、どうやら町から写真屋を呼んでいたらしい…

カメラを首から下げていたせいか。

すると見覚えのある顔が2人、名前を呼んでやってきました!

なんと学校の生徒である姉妹、お葬式のセレモニーに参加するためにいつもよりキレイな格好です♡

セレモニーには、遠くから大勢が来るのでバナナリーフハウスを作り、みんなそこに泊まります。

こんな田舎、電力普及率3%の村なんかにホテルないですから。

食べ物などもすべて用意するらしく、夜中まで死者を思い賑やかに過ごしていました。

彼女たち姉妹も、きっとごちそうにありつけたろうに…

彼女たちは一緒にスラックラインするほうが良いと言い、歩き慣れた道を共にすることになった。

僕たち2人で歩き慣れた感のある道も、子どもが居るととっても新鮮に感じちゃいます。

坂を上り詰め、この辺にくると見通しが良く、いつも爽やかな風が僕たちを迎えてくれます。

なんだ!これでは日本に居るときと全く変わらないじゃないか…

こんな遠くに来ても、やっぱり自然に囲まれて子どもたちに楽しくさせてもらっている♡

なんて幸せなことでしょう、そう思わずにはいられない大好きな登下校の道です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事