ここから本文です
midobenの気ままなPHOTOブログ
気ままにアップしていきます。
5/4の撮影記事もやっと最後になりました。
尾ノ内渓谷を後にして、一路白久のS字に向かいました。

この場所では、普段は標準ズームの24−105mmを使うことが多いのですが、
今回は70−200mmでズーミング流しにチャレンジです。

まぁ、結果から言えば上手く流れなかったです。
イメージ 1
ベントを吐き出すタイミングで
ひょっこりはんで安全確認、ご苦労様です。

そのまま引き付けて・・・
イメージ 2
ピントはバッチリですが、全然背景が流れてなくて、迫力不足です。

復路も場所を移動して、同じ70−200mmで狙います。
イメージ 3
う〜ん、微妙ですね。

イメージ 4
これも、流れ切ってないです。

あえて良い所も言うなら、どちらもヘッドライトに光芒が入って
そこだけはカッコイイです。(笑)

1枚、モノクロにしてみました。
イメージ 5
ヘッドライトの光芒だけは、目立つ様になっただけでした。

その後もパレオ君の撮影に行ってますが、流さす普通に撮影しております。

本日もご訪問ありがとう御座いました。



開くトラックバック(0)

新緑の尾ノ内渓谷

5/4の撮影スケジュールの3ケ所目は尾ノ内渓谷です。
(ちなみに、スケジュールは2ケ所は「塚越の花まつり」→「地蔵寺の鯉のぼり」)

5/4は「尾ノ内渓谷の新緑祭り」ってことで、小鹿野町のブロ友のHさんに
今年も進められて、撮影にいきました。

車を停めて、会場に向かうと撮影を終えたHさんとバッタリ
お勧めの撮影ポイントを聞くと何もないとの事 えぇ〜
Hさんは、次の撮影場所「十輪寺の花まつり」へ、私は急いで何もない(笑)
撮影ポイントへ

イメージ 1
尾ノ内渓谷と言えば、真冬の氷柱で有名でこの吊り橋もライトアップされています。

イメージ 2
この時期は、新緑と滝からマイナスイオンがとっても気持ちが良い季節です。

イメージ 3
吊り橋を下から見ると、こんな感じで清流も楽しめます。

イメージ 4

吊り橋を渡って行くと、左側に滝が見えてきます。

イメージ 5
おや? 下まで行けそう!

イメージ 6

マイナスイオンがたっぷりで〜す。

イメージ 7

眼からも、そして耳からもす〜っと気持ちが楽になって
リフレッシュが出来ました。

滝から戻って、時計を見るとパレオ君の時間が〜
折角リフレッシュできたのに、慌てて次の撮影場所へ

本日もご訪問ありがとうございます。


開くトラックバック(0)

平成最後のSLパレオ君 流し撮りにチャレンジしましたが、
思ったように撮れなかったので、いつか来る次回の勝負のために・・・練習です。

5/3撮影のパレオ君
イメージ 1
期間限定のブルーの車体番号がカッコイイ〜

同じ場所で普通電車
イメージ 2
秩鉄の割には、お客さんが乗っているってGWですね。

そして、反対から三社号が〜
イメージ 3

場所を移動してパレオ君の復路も練習です。

ベントを吐く位置を狙ってみました。
イメージ 4
天気が良すぎて、普通の撮影も露出をどうするか? 難しい感じでした。

そのまま📷を左に振りながら・・・
イメージ 5

ズームリングもグィーット回して〜
イメージ 6
う〜ん、ブレブレです。

練習はつづきます。

本日も、ご訪問ありがとうございます。




開くトラックバック(0)

5/4塚越の花まつりのあと、小鹿野町のセブンイレブンで軽い食事を
取って、紫雲山地蔵寺へ

去年も同じ行動パターンで、青い地球の上を泳ぐ鯉のぼりをイメージした
写真を撮りに行きます。

この写真は、地球感を強く表現するために青を濃くして現像しました。
イメージ 1
Blue Earth泳ぐ鯉のぼりをイメージしましたが、風がイマイチで
ちょっと目刺し状態です。

紫雲山地蔵寺は、桜の時期も撮影しましたが、新緑が清々しい季節も
気持ちがいいです。
イメージ 2

14000体のお地蔵様と鯉のぼりは、爽やかで元気も貰える感じがします。

イメージ 3

藤棚の藤の花も満開でした。
イメージ 4

それと、八重の山吹の眩しい黄色も綺麗で
イメージ 5

風を待って、待って〜 少しは泳いでいる感じが・・・
イメージ 6

場所を移動すると、いい感じの風が吹いて・・・
イメージ 7
鯉が横を向いてくれました。

最後にもう一度、風を待つことに・・・
イメージ 8
真上の鯉は、いい感じ泳いでくれたので、ヨシとします。

本日もご訪問ありがとうございました。

開くトラックバック(0)

昨年初めて撮影した塚越の花まつりを今年も撮影に行ってきました。

塚越の花まつりは、毎年5/4に実施され、朝の7:00に熊野神社を出発し、
子供達が花びらを撒きながら、米山の薬師堂に向かいます。

イメージ 1
朝の六時半前は、準備の人とカメラマンが数十人いますが、子供達が
登って来ることには、多くのカメラマンでギッシリになります。

イメージ 2
子供達が上がって来ました。ちょっと疲れている子供もいる様ですね。
かなり急坂なので、私も息を切らして登りました。

イメージ 3
子供達一人一人が、お釈迦さまへ甘茶を掛けて、お祈りした後、いよいよ
お祭りは、フィナーレを迎えます。

イメージ 4
輪になった子供達は、内側を向いて花びらを大きくまき散らします。

そして、今度は外を向いて同じように花びらを空に向かって大きく撒きます。

イメージ 5
ハッピを来ている子供が、この地区の子供で、普段着の子供は、
親戚関係のお子さんのようです。

イメージ 6

イメージ 7

まさに花吹雪子ど達の笑顔が弾けます

イメージ 8
地面には、撒かれた花びらが絨毯のようになっています。

この後、記念写真を撮って、子供達は熊野神社に戻ってお菓子を貰って
家路につきます。

せっかくなのでお釈迦様へ、家族の健康をお祈りして、車に戻ることにしました。
イメージ 9

参道にも、撒かれた花びらがたくさん落ちていました。
イメージ 10

途中、ツツジが綺麗だったので
イメージ 11

下から、薬師堂を見上げてみると結構な高さ、ツツジが綺麗にさいていました。
イメージ 12

この時点で、8時を回ったところ・・・
家に帰るのももったいないので、水子地蔵寺へ鯉のぼりの撮影に
向かうことにしました。

本日も、ご訪問ありがとう御座いました。



開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事