体にいい料理・レシピと食の話題

食品成分表第7訂でカロリー計算開始!! メタボリックが気になる方のための、カロリー控えめの体にいい食事のブログです。

揚げ物

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

イメージ 1

今日は、香辛料を使って塩分を控える秘訣のご紹介です。

塩分が少ないと、味に物足りなさを感じてしまうものですが、香辛料をしっかり使えば、心配ご無用です。
その香辛料の本場と言えば、インドネシア。
今回ご紹介するのは、日本人の口にも合う、インドネシア風揚げ餃子、ルンピアです。

【インドネシア風揚げ餃子・ルンピア】


材料
たまねぎ1/2個と、ニンニク1片、ピーマン2個、人参1/2本
サバの水煮の缶詰(200gくらい)
セロリの茎、ガラムマサラ小さじ1/4、胡椒少々、塩ひとつまみ
大判の餃子の皮

作り方

1 たまねぎ1/2個と、ニンニク1片をみじん切りにします。ピーマン2個、人参1/2本も、みじん切りにします。

2 カロリーを減らすために、テフロン加工のフライパンを熱し、油を入れず、たまねぎとニンニクを入れて、中火で色づくまで炒めます。

3 ピーマン、人参も加えてよく炒め、火を通します。

4 サバの水煮の缶詰(200gくらい)を汁を切って加え、身をよくほぐして炒め合せます。

5 セロリの茎をおろし金ですりおろしたもの大さじ1/2(セロリパウダー4〜5振りでも)、ガラムマサラ小さじ1/4、胡椒少々、塩ひとつまみを加えて、水分が気にならなくなるまで炒めます。

6 大判の餃子の皮(できればもち米の粉入り)で包みます。皮の中心部に適量の具を置き、皮の周辺に水を付けて、そのまま二つ折りにして皮を密着させます。

7 油でこんがりきつね色になるまで揚げれば出来上がりです。

開く トラックバック(1)

納豆のかき揚げ

イメージ 1

今日のお料理は、納豆を使ったかき揚げです

納豆は、東南アジアではよく揚げ物に使うのですが、日本ではそういう習慣がないようです。地方によっては特有の粘りや香りが苦手な方も多いようですが、一方で健康のためにはぜひ食べたい。そうした方にも、試していただきたいのがこのお料理です。
インドネシアのテンペに雰囲気は似ていますが、葛あんをかけることで、ぐっと和食に近づけました。

【葛あんで食べる納豆のかき揚げ】


材料
極小粒納豆2パック、小麦粉カップ1/2、上新粉大さじ1、水カップ1/2、とき卵1/2個分
本葛粉大さじ1、出し汁1.5カップ、醤油、酒各大さじ1、塩少々
揚げ油

作り方

1 本葛粉大さじ1を同量の水で溶いておきます。

2 極小粒納豆2パックを粘りが出るまでよく練ります。

3 小麦粉カップ1/2、上新粉大さじ1、水カップ1/2、とき卵1/2個分をさっくり混ぜ、衣を作ります。

4 衣に、納豆を混ぜて、熱した揚げ油の中にスプーンですくって落としながら揚げます。

5 出し汁1.5カップに醤油、酒各大さじ1を加え、煮立てます。味を見て塩で加減します。

6 水溶き葛をよく混ぜて加え、とろみを付けます。

7 器に盛ったかき揚げに、あんをかけて出来上がりです。

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事