ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1
サンワサプライの手元スピーカー MM-SPTVBK

↓MM-SPTVBK購入先

イメージ 2
音が小さくなった第4ロットのSR-01に接続

イメージ 3
5mあったケーブルは電波法に従い2m以下にカットした

 四日市港でアイチHA580局と一緒に市民ラジオを運用していたとき第4ロットのSR-01は音が小さいと言っていた。私の第1ロットのSR-01と比べるその差はとても大きい。

 フィールドで私はいつも音量ツマミを半分くらいの位置で使用していますがアイチHA580局は常に半分からMAXの位置とのこと。外部スピーカーを使用して何とかしているけど音が小さいのが難点だと言っていました。

 聞き比べると確かに小さい。これは第3ロットまで採用されていたオーディオアンプが製造中止になったらしくアンプICが違うものになったからです。また第1ロットでは音量が大きすぎたせいなのかオーディオICが壊れる事態が頻繁に発生したため最大出力が抑えられているのかもしれません。

イメージ 4

 ↑第一電波のスピーカーをアタック工房で改造したスピーカー(A811)を使用するとスピーカーが正面になるのでまぁまぁ使えますが元々出力が小さい第4ロットでは音量不足を感じるかもしれません。

イメージ 5

 そこでアンプ内蔵の手元スピーカー(MM-SPTVBK)を試してみました。このスピーカーはテレビのイヤホン端子に接続して耳元で音声を聞くもの。アンプを内蔵していて最大出力2.5Wです。市民ラジオトランシーバーの規則ではケーブルは2m以下でないといけない。そのため5mあったケーブルを80cmほどに変更しました。単3乾電池4本必要となります。

 四日市港でアイチHA580局に試してもらったところ「これはいい!でかい。聞きやすい!」とのことでした。音質は悪くなく十分な音声出力だと感じました。接続したSR-01で電波を出すと回り込み(アンプI)が発生していましたが気にならない程度でした。問題は縦置型なので少しの風で倒れてしまうことだろうか。

 また第3ロットまでのSR-01はスピーカーからホワイトノイズ(シャー音)が発生します、そのためこのアンプ内蔵スピーカーを使用するとそのシャー音も増強。不快感が倍増します。

↓MM-SPTVBK購入先

この記事に

  • 顔アイコン

    そういえば、なぜ外部スピーカーの長さ規制があるのでしょう。アース等の考えからですか? 削除

    [ アイチTA291 ]

    2018/3/12(月) 午後 4:01

    返信する
  • 大昔のことで私もよく知りません。アースとかでは無く操作する無線機から離れないようにするためではないかと思ってます。PTTスイッチが本体に付いているのもそのためなのかな。

    ミエAC129

    2018/3/12(月) 午後 5:48

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事