鉄道総合車両所怪談支所

撮り溜めた写真を載せたり、気に入った鉄道とその関連物をモデルに怪談を書きましょうっていう、どっちがどっちかわからないブログ。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


以前にUPしたうちのミニトマト、現在の惨状↑半ば枯れかけ。

夏が終わったからかなーいっぱい食べさせてもらったもんねーお疲れさん、ありがたかったよ! でもこの下に落ちてるコロコロ何?
とのんきに思いつつ毎日水やって時折肥料与えて様子を見てたけど何も変わらない。
ハテ。
と思ってた矢先に原因判明。一応画像小さくします。


イメージ 2

しかも一匹じゃない。

イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


なにこのデカさ。ボールペンより太いし。

落ち着いて図鑑とパソコンを駆使し調べる。
どうやらスズメガの仲間の幼虫らしい。
へー……スズメガって幼虫でもこんなにデカいんだ……(鳥肌)。
などと思いつつ悩む。
一体いつからいた。
なぜいままで気付かなかった。
なぜいままで鳥が狙ったりしなかった。
というか
こいつらがいる中、ミニトマトとってたと言うのか。
いや私はトマト嫌いで食べないからいいんだけど!
と鬼畜発言したところでなんの解決にもならない。

とりあえず特別ばかでかい奴は終齢幼虫かもしれない。
ということは蛹から羽化する様子が見れると言うわけか。
そうなる前に葉っぱが足りなくなるのは目に見えてる。

見ている間にどういうわけか、茎と芋虫を見分ける目ができた。
移動速度は目を見張る。すぐに別の場所に移る。意外と足が速い。
モシャモシャと葉っぱや実を食べる姿は、幼虫だからか健気さを感じる。
やばい。
いつのまにか情が湧いている。
餓死か共食いになるのはしのびない、とさえ思う。

熟考の末、ばかでかいやつと特別綺麗な色をしたやつの二匹を残す。
他三匹は下手にポイしてよそのおたくの家庭菜園にへばりつくのもあれなので、鳥やモグラや肉食の虫に出会えそうなところでリリース。

残った幸運な二匹。
ミニトマトの結実は涼しくなり始めた頃から諦めていたものだし、ちょっと羽化を見届けても楽しいんじゃないかな。
新しい苗をエサ用に買おうかな……とまでさえ思ってるので、育てる予定。ちゃんと羽化するか以前に蛹化するか、てんでわかりませんが。
さらに調べると終齢になり蛹化するまえに地面に降りて蛹になるのに適した場所を探すとか。マジかよ踏まないよう気を付けないと。
でもどーしてこうも芋虫というのは、生理的嫌悪感がでかいのだろうなあ。

++++++

ただの虫なのになんでこんなに怖いのか。
これって怪談トリビアになりませんかね。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事