鉄道総合車両所怪談支所

撮り溜めた写真を載せたり、気に入った鉄道とその関連物をモデルに怪談を書きましょうっていう、どっちがどっちかわからないブログ。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

日本三大○○

日本三大ナントカというと必ず4つくらい出てきますよね。2つは確実だけど残りひとつは双肩だから譲り合い牽制し合い尊重し合ってるあの日本三大ナントカ。

日本三大火祭のひとつに福島県須賀川市の松明あかしが含まれてます。
私も住んでたときに見に行きました。あれ、意外に大掛かりなんですよね。公園で行われるのだけど、人の背丈よりもずっと大きくて太い松明が何本も何本も立つんです。
夜になり暗くなってから点火。はじめは松明にちょろっとだけ付いていたちいさな火が、次第に大きく炎となり、松明全体を燃やす。
それが何本も何本も立つ。
行われるのは雪深い東北にとってはまだまだ雪の積もらない初冬。それでもちらほらと積もらない程度の粉雪が降ってくる。
暗い夜空に炎の赤と煙の白と雪が舞う。

松明あかしを見ていると、空から降って来るのが松明の灰なのか、あるいは雪なのか、見分けが付かなくなります。

てのひら辛卯

先日、ポプラ社からメールがありました。
「てのひら怪談 辛卯」に一作収録していただくことになりました。

さぁーて、ブラッシュアップどうしよう。
散々迷って結局ああなったラストをちょっと変えてみますかな。うひひ。

と考えている段階。
ついでに今年用のビーケーワン怪談大賞投稿作をどうしようかと構想し始めました。去年いろいろあったからネタだけはいっぱいあるんです。ただ、アウトプット能力がついていくかはわかりません。
がんばろう。

関西人の見た節電

関西在住、実家は神奈川。
親兄弟含めた親戚の大多数や友人の半数は関東に住んでます。
いくら電話口で平気だと聞いてもどうなのかがわからない。これはもちろん言葉を信用しないわけじゃなくて、顔色が悪くないか体調はいいか去年やった怪我がぶり返してないかとかそういう確認作業。
を、やりに行ってきました。
このご時世に。
無論どうかなーと思う心がなかったわけじゃない。でも、見ると聞くでは大違いという。

というわけで超短期間でしたが関東に行きました。リュックひとつに着替えと自分の食料のカロリーメイトを数箱背負って、リュックの両脇のポケットと手持ちのポーチに数本の500mlペットボトルにお茶と水を詰めて。

新幹線で降りたのは新横浜。ホームから改札口のある階までエスカレーターで降りる。これは普通。
けれど降りた瞬間になんか薄暗いと感じた。
さらに改札口に向かうと薄暗さは気のせいでないとわかる。
改札口を境に、灯りの量がまるで違った。新横浜駅はたとえて言うなら春の終わりの午後に外出先から家に戻った時。そんな感じ。

イメージ 1

改札口を振り返って。駅員さんが立つのは新幹線慣れしてない人に教えるためで節電とは関係なくいつものこと。


イメージ 2

ガラスの向こうはみどりの窓口。


イメージ 3

画面右側の外、駅舎前面はガラスの窓。そこから自然光が入り明るい。天井の灯り半分落としてありシマシマに。普段は全部付いてた。


続けて市営地下鉄に乗り込もうと切符を買いさらに地下に降りる。
薄暗ささらに増す。天井の灯りは最低限。線路側の壁にある駅名表示版は灯りがおとしてある。
だけど何時何分にどこそこ行きの電車がきます、という案内表示板が、とてもよく光って見えた。
逆に読みやすい!


イメージ 4

地下鉄から乗り継いだ私鉄のエスカレーターは片方、のぼりのみ使用。


夜になる。
京都駅に似た骨組みが丸出しの駅から降りるとすぐ繁華街。そこも、駅も、灯りは落としてある。
コンビニも看板の灯りがない。代わりに店内に灯りが。けれどそれだけでも、道に慣れた人や店の内部を見慣れた人にはコンビニだとすぐわかる。
駐車場のあるコンビニでは店先に出ている看板か店舗壁に付いている看板のどちらかが灯りを落としている。それでも先述のようによくわかる。

イメージ 5

天下のマクドナルドの看板もこんな風に。


イメージ 6

街灯が付いていないのがよくわかる。


イメージ 7

看板の灯りを落とすコンビニ。


イメージ 8

普段は街灯でよく見える夜桜もカメラを通すとこの通り。

けれどそこに暮らす人たちは普段通りで、むしろ逆に「これがいいんだ」「今までが無駄だったんだ」と言う。
目が大きすぎて光をとりこみやすいとぼやいていた人は「夜はずっと眩しいくらいだったから」と助かっている。

食料品も揃っていて、水・乾電池・カップ麺はもしかしたら関西の方が少なかったかもしれない。
本当に何も困っていなかった。
節電を一過性のものじゃなくて、このまま続ければいいんじゃないかな。


++++++


以下個人的な出来事。

母曰く「普段気になってるけど高い店のおいしいパン」を買ってあげる。喜んだ。
親戚回りをする。髪が伸びたからか叔父にお前誰だ馴れ馴れしいという顔をされた。叔母はすぐわかってくれた。どの家も、年をとったのがよくわかる。何かあったらこっちおいでと伝えたが、果たして聞き入れるかどうか。
今度新一年生になる姪っ子に会えた。すごく元気だった。
公園に一緒に行くと子供がたくさん遊んでいた。なぜかゴイサギがいて姪っ子が珍しそうに見ていた。帰り道で陸前高田市広報車がいたけれど何かの準備中だったようでこれから何をするのか聞けなかった。

「なんだかんだと騒がれてるけどさ、人間必ず死ぬんだし、死ぬときはみんな一緒なら怖くないね」と両親はなにかあるといつもこうやって豪快に笑う。
乗り気ではない両親に緊急避難袋に入れる物のメモと、応急処置したパソコンの重い動作の対処法のメモの二種類を残して帰る。
物は揃っているのだからあとは袋に入れたり、薬を切らさなければいいだけだ。
自分の目で見れたので、今回はこれで。
伊達直人に倣って。

PTAが呼びかけた義援金に。
川の向こう側のスーパーで買い物ついでに募金箱に。
いつものスーパーにもあったので募金箱に。
近所のラーメン屋が福島発祥なので食事して草の根。
福島・宮城・岩手など東北の商品を選ぶ。
少しずつ少しずつ。

昨年末から今年にかけて現れた「伊達直人」は、来年以降も現れる方がいいと聞きます。
いま一斉に行って、あとはもう知りません、はダメ。
「伊達直人」はそう教えてくれました。

いま、少しずつでもいい。
継続して行うことに意味があります。

++++++

イメージ 2

こちらは「日本赤十字社に募金するならこちらもありますよ」と親切な郵便局員が提示してくれた振込用紙のうち、日本赤十字社宛のもの。
東日本災害対策本部や宮城県災害対策本部などなど、地域あるいは各県ごとに対策本部が設立、細分化されてます。
細分化されたのは、募金したい人の募金したい金額を、渡したい土地に確実に渡すためとのこと。

募金終了後少々話を聞かせてもらったら、郵便局で取り扱っている募金は一度審査っぽいものが入る様子。だから怪しい募金団体に郵便局がOK出すことはないそうです。
郵便局意外と狙い目ですね。
この用紙に「免」とありますが、これは「窓口受付のみ手数料免除」の略です。
9月末まで受け付けているそうです。

++++++

ちなみに私の募金一回の最高額はこんなです。少々悩んだ末に福島県災害対策本部に決めて募金。
イメージ 1

大人の千羽鶴を真似て、ツガイと雛を一緒に飛ばしました。受領書が残ったのははじめてです。

++++++

なぜ福島県に募金をしたのか。
本当はいままで通り日本赤十字社に募金しようと考えてました。
けれど先述の通り、親切な郵便局員が提示してくれた用紙に福島県のがありました。
私は6年ほど前まで、3年間ほど、福島県須賀川市に住んでいました。

イメージ 3

イメージ 4


須賀川の読みは「すかがわ」ですが、よく「すががわ」と言われました。
正直に言うと須賀川は田舎なので人は道を歩かずだいたい車を使います。なので一見活気がないように見えますが、そうではありません。川辺の桜が見頃になればみんな弁当を持って外出します。花火大会は驚くほど混雑します。
それから空が広いです。川の水が綺麗です。夏は暑く、冬はしんしんと降り積もる雪が美しいです。
農作物は味が濃く、しかも都会では信じられないほど安く手に入ります(当時の農協値段で白菜ひと玉50円など)。蕎麦やきゅうりがとてもうまいです。個人的には、さくらんぼの味の濃さに驚きました。いままで食べてたのは同じ名前の偽物かと思うほどでした。
よく手入れをした牡丹が美しく咲く牡丹園があります。少し足をのばせばつつじ園もあります。
意外と歴史は古く、松尾芭蕉が庵を構え幾度か滞在した土地でもあります。日本三代火祭に数えられる松明あかしが行われます。
反面交通整備もされており、高速のICもあります。福島空港も近くにあり、空港や近くの公園から飛行機やヘリの離着陸を眺めることもできます。電車は上下線共に30分に1本と少ないのですが、2駅乗るだけで新幹線が止まる郡山に着けます。
そういうわけで、田舎ですが住みやすい土地です。

++++++

阪神大震災から10ヶ月後、横浜から姫路の友人宅にいく途中、新幹線の窓からブルーシートが屋根にかかったままの建物を見ました。
その次の年も見ました。
災害復興にはとても時間がかかるようです。
けれど、近畿は立ち直りました。
東北もきっと、うまくいきます。
被災地すべての復興を祈ってやみません。

イベントと封書の話。



埼玉県の鉄道博物館で「東北新幹線のはやぶさ」と「深宇宙探査機はやぶさ」のコラボイベント開くとか。

うーんすごい駄洒落だ。
でもなんだかんだ言いながらいく人がいそう。
ちなみに期間は3月2日〜5月8日。料金は無料(入館料は別)。
鉄道博物館のサイトで詳しく読もうとするとパソコンが勝手にpdf開こうとするので注意。

++++++

科学館から帰宅したらポストに黒猫メール便。
リターンアドレスなし。
もしや財団からと慌てて開封したらポプラ社からでした。
やぁびっくり。しかし内容把握。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事