シルクロードから嫁が来た!!

キルギス共和国出身のロシア人と結婚した男のムダ話。旧ソ連諸国のお話も

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

【シベリア中央部 ノボシビルスクで行われたコスプレショーで練り歩くセーラームーン役のロシア女性たち。スタイル抜群の彼らが演じると、本当にアニメが現実化した様な壮観さです。世のオタク青年もアキバ詣でより、思い切ってロシアに行った方が萌え萌えなアニメキャラに会えたり、貴重な経験ができるのではないでしょうか?(写真は、ロシアのアニメファンサイトより転載)】

先日、5歳になる家内のお兄さんの子供(つまり僕の甥っ子)と電話で話をしたときのこと。

誕生日が近いので、たまには叔父らしく、日本からプレゼントでも送ってやろうと思い、
『何でも欲しいもの言えよ。』と聞きました。

すると、甥っ子は、『日本アニメのキャラクターグッズが欲しい』と答えました。
そして、いくつかのアニメのタイトルを言いました。

僕は、昔のアニメは大好きで、今でもケーブルテレビでよく見ます。
しかし、さすがに最近のアニメは見る機会もなく、詳しくありません。

それでも、甥っ子の挙げたタイトルは、そんな僕も知っている人気アニメが多数含まれていました。

恐らく、日本アニメの海賊版ビデオなどを見ているのでしょう。

それにしても、辺境地の中央アジアですら日本アニメが人気なんだと改めてアニメ文化の凄さを再認識しました。

実際、ロシア圏の日本アニメ人気は凄いものがあります。
モスクワなどの大都市では日本アニメのDVDやビデオは人気商品でよく売れています。

流通網が発達していない地方都市でも同様です。
海賊映像を流す違法ケーブルテレビや違法ビデオなどで、多くの人々が視聴しています。

最近では、単に見るだけでは飽き足らず、アニメの研究サイトなども出てきました。
サイトでは、それぞれが好きな作品やキャラクターに関し、様々な意見が交わされています。

加えて、好きなキャラクターの衣装を自作して着用し、イベントを行ったりもするそうです。
東京などで行われているコミックマーケットでのコスプレショーみたいなものですね。

確かに日本アニメは、世界中で人気ですが、ここまで急激に発展したのは異例です。

その理由は、いろいろ考えられますが、
僕は、『ロシア圏の地域的特殊性』が背景にあるのではないか?と考えています。

ロシア圏は、一般にヨーロッパ地域と認識されています。
(ちなみに外務省のWebサイトでも中央アジア諸国を含め、ロシア圏はすべて欧州扱いです。)

ところが、実際のロシア圏は、西洋文化とは異質な発展を遂げました。

これは、西洋文化から隔離した民族教化を行った帝政ロシアの政策やソビエト時代の影響がありました。
また、欧州からアジアに広く位置するロシア圏は、西洋と東洋の文化が等しく流入する環境にあります。

その結果、西洋でもなく、東洋でもなく、ましてやイスラム社会でもない特殊な社会、
ロシア的としか言いようの無い風土が出来上がったのでしょう。

そんなロシア圏の人々には、東洋的な物と西洋的な物が混在する日本アニメはしっくり来るような気がします。

たとえば、青い目の金髪のキャラクターが、東洋的な刀を振り回し、イスラム風の敵と戦う。
そんな物語は、東洋人にも西洋人にもファンタジーにしか映りません。

しかし、ユーラシア大陸のど真ん中で、いろいろな民族や文化と共生するロシア圏の人々には、意外に現実味のあるお話なのかもしれませんね。

もっとも、家内に言わせると、
『ロシア圏の人間は、そんなに難しいことは考えないわ。面白いから受け入れているだけよ。』
そう笑います。

あるいは、家内の言う通りかもしれません。
それでも、ロシア圏の人々が日本のアニメ文化を喜んで受け入れていることを考えると、なんだか嬉しいものです。

閉じる コメント(38)

顔アイコン

ラキヤさん 月並みな言い方ですが、人生など一度しかないですから、好きにやればいいと思います。僕も出版社の仕事は目玉が飛び出すような高収入でしたが、結局会社を辞め、浪人→メーカー宣伝部となりました。失ったものもありますが、代わりに家内や子供などかけがえのないものを得ました。人生万事塞翁馬。後悔しない人生を過ごして晩年を雪降るロシアの片田舎で酒と読書しながらすごせたらいいかなって思います。

2007/1/19(金) 午後 5:13 mig21 返信する

顔アイコン

留学に関しては、僕もラキヤさんと同じような感覚でいます。遊びのヤツとまじめなヤツの差が激しいのが日本の留学生ですが、圧倒的に前者が多く、腹がたつときがあります。それにしても国内外の日本の学生を見るにつけ、日本の先行きが結構心配になります。中国人なんかの方がよほどストイックに勉強しているのが多いです。中国を非難するより彼らのハングリーを見習うほうが先のような気がします。

2007/1/19(金) 午後 5:17 mig21 返信する

顔アイコン

人生は一度きり。大きく外に出ないと手にする事が出来ない世界があり、そのために今までの所持品を殆ど捨てて、新たな所へ飛び込む。行動した事に満足して、後は後悔しない方が良い。確かに一理あります。但し、私は人間が出来ていないので、日々後悔しつつも一寸前進といった感じで、格好良い割り切りは全然出来ません。ビジネスも当座は大丈夫だけれども、将来は全く見通せない。要は、綱渡りですね。

2007/1/20(土) 午前 6:38 [ hajmo_rakija ] 返信する

顔アイコン

(続き)ただ、不安定な綱渡りでも、それなりのノウハウ・経験は蓄積されます。こう対応すれば相手が怒り、関係は終了。別の対応をすれば、結果として信用を得る。ある時はイイカゲンな方が結果は良い。そんな事の繰り返しです。ロシアが日本と違い一番良い点。それは日本をリストラされた私にもチャンスがタンマリある。学歴や職歴に無意味に縛られない、その居心地の良さに尽きます。(犯罪暦は皆無ですよ♪)

2007/1/20(土) 午前 6:38 [ hajmo_rakija ] 返信する

顔アイコン

ラキヤさん なるほど、僕はそれでもラキヤさんは、以前のサラリーマン稼業より楽しいんじゃないかと勝手に思っています。俳優の勝新太郎さんが、あの世には銭もアヘンも持っていけねえ。結局この世でどこまで楽しむかだみたいなことを書かれていたんですが、人生結果より過程に思い出が残るような気がします。その意味では、失礼ながら素敵な生き方だなと思います。ラキヤさんからはノンキな野郎だと怒られそうだけど(笑)

2007/1/22(月) 午後 10:42 mig21 返信する

顔アイコン

ラキヤさん 僕も含めて日本のサラリーマンは戦々恐々としていると思います。会社の看板を外して仕事できるヤツなんてそういません。ですから、シャレにならない年でリストラされるよりも早くから日本的サラリーマン社会に見切りをつけて外国で一旗あげるってのは正しいような気がします。僕も挑戦したいのですが、もはや家族とコブができたので、なかなか、、、、。時々身軽な独身時代が恋しくなります(笑)

2007/1/22(月) 午後 10:46 mig21 返信する

顔アイコン

私のサラリーマン歴は惨憺たるものでしたが、保険数理の仕事は今から思えば楽しく感謝で一杯です。その時の課長さんには申し訳無い・・・。貿易の方は杜撰な会社で退職に一切の心残りも無いですが、杜撰さの少ない組織と多いそれとを各々知る事で、色々と現在の活動の参考になっているので、やはりそれなりに感謝しています。大成功ではないので偉そうな事は言えませんが、どんな経験も見方を変えると役立つのは本当そうです。

2007/1/24(水) 午前 4:24 [ hajmo_rakija ] 返信する

顔アイコン

(続き)サラリーマンは看板だけでなく、周囲の人達に支えられていて、実際は大した仕事をしないでも組織の恩恵で高給を受け取れる場合が多いですが、個人ビジネスでもどういう形でかの優位性(会社組織で言えば自分の部署の存在意義)を他者との関係で作ってしまえば、後は大差無い気もします。結局、相互依存です。自分の出来る事と出来ない事が明確に区別していて、何かヒントがあればビジネスは何時でも可能だと思います。

2007/1/24(水) 午前 4:24 [ hajmo_rakija ] 返信する

顔アイコン

ラキヤさん 僕もそんなに出来のいいサラリーマンではないんですが、前職、そして今の仕事を通して言えることがひとつだけあります。それは、世の中に無駄な経験や回り道なんてないってことでした。特に失敗に終わったマスコミ浪人は、物凄い回り道とも言われましたが、結果としてキルギスを知ったり、家内と結婚するきっかけになったのですから。

2007/1/24(水) 午後 11:00 mig21 返信する

顔アイコン

ビジネスにせよ何せよ、ラキヤさんの言われるできること、できないことの選定は一番大事じゃないかなって思っています。判断基準がしっかりしている人は、結局どこの世界でも生きていけるような気がします。残念ながら、僕はまだまだ未熟でそのために未だにサラリーマンと言う宮仕えなんですが(笑)

2007/1/25(木) 午前 0:21 mig21 返信する

顔アイコン

確かに無駄な経験・回り道も今後に役立てられるというのも真理だと思います。しかし、クレバーなチョイスで苦労を避ける事も必要な処世術だと最近感じるようになりました。無駄な経験・回り道はリカバリー出来て初めて意味を見出せる可能性がありますが、そのまま停滞すればダメになるのを後押しする一因にしかなりません。サバイバルではスマートさよりもクレバーさが要求される気がします。

2007/1/26(金) 午後 5:35 [ hajmo_rakija ] 返信する

顔アイコン

ラキヤさん ふーむ、確かにそうかもしれませんね。サバイバルでは、少々の失敗してもOKなんて悠長なことは言えないかもしれませんね。僕の夢は定年後、ウラジ→モスクワをバイクで走破することなんですが、確かにそういう場面では失敗すれば挽回がきかないかもですね。いやはや恐ろしき世界。日本なんて本当に平和ですねえ。

2007/1/27(土) 午前 2:15 mig21 返信する

顔アイコン

バイク走破・・・。道は大丈夫かなぁ・・・。バイク関連の話をする機会があり、今週末のダーチャ行きプランがキャンセル。理由は道が暖冬でぬかるみ、走行不能だとか・・・。バイクを走らせるのにはヨーロッパがお奨め。セルビアは道路が多少凸凹していて危険かもしれませんが、ロシア程酷くはありません。ロシアは凸凹程度ではないので・・・。

2007/1/27(土) 午前 10:27 [ hajmo_rakija ] 返信する

顔アイコン

ラキヤさん セルビア道路マシなんですか。どうも内戦の印象が強いんで悪路をイメージしていました。しかし、やはりロシアは悪路でしょうね。家内はぜったい止めろって言います。しかし、それでも行くつもりなんです。大陸走破は男のロマンですから(←テレビの見すぎ!)

2007/1/28(日) 午前 2:48 mig21 返信する

顔アイコン

migさん、優しい奥さんはmigさんの夢をダメとは言わないです。奥さん:「ロシア行きはずっと先の話だし、どうせ数年後には忘れるでしょ…。」てな感じかと…。ロシアでバイクは都心をブヒブヒ言わせるだけで、正直金持ちの玩具です。VladivostokからMoscowまでバイク。無謀以前に無理だと思います。セルビアの場合、道路の絶対数自体少なく、migさん想定の悪路は精々セルビアでロシアのそれではないですよ、多分。一度、MoscowとVoroneshを車で往復した時は、車が空を飛びました。ははは♪

2007/1/29(月) 午後 1:59 [ hajmo_rakija ] 返信する

顔アイコン

ラキヤさん 実は、ロシア横断に関しては、随分前から先人の記録を研究してまして、理論上は可能なんです。あくまで理論上ですが(笑)。ぜひともトライしたいんだなあ。ただ恐らくロシアの路面状況や自然を考えると、春先〜初夏の出発でシベリア鉄道と同じルートしかないと考えています。と言うかそれ以前にビザの申請が物凄く複雑になりますね。まあ、こんなことを夢想していることが一番楽しいかも(笑)

2007/1/30(火) 午前 0:00 mig21 返信する

顔アイコン

私も先ず難しいという感じでしかないので、気合を入れれば可能なのかもしれません。むぅ…。migさんの気合に押されているぅ…。背中を奥さんに後押しして貰わないと!(爆)ヨーロッパをオートバイで走る方が快適だと思います。でも、ロシア横断。一度こちらで聞いてみますね。ロシアのバイク乗りからはどんな答えが返って来るかなぁ…。

2007/1/30(火) 午前 3:24 [ hajmo_rakija ] 返信する

顔アイコン

ラキヤさん ロシア横断を仮にするならという前提で家内はこういいました。「ロシア語が話せないとだめよ」と。確かにこれはうなずけます。こうなったら残りの半生をロシア語取得にささげよう!!っても現実には子育てと仕事で防戦一方なわけで。好き勝手できた独身時代が懐かしいっす(笑)

2007/1/30(火) 午後 7:49 mig21 返信する

顔アイコン

ロシアのanime?例えば日本(異国)から入って来たanimeでなくロシアで作られた人気のanimeが観たい‼ 削除

2018/12/25(火) 午後 4:31 [ ナマケモノ ] 返信する

顔アイコン

ロシアのanime?例えば日本(異国)から入って来たanimeでなくロシアで作られた人気のanimeが観たい‼ 削除

2018/12/25(火) 午後 4:31 [ ナマケモノ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事