シルクロードから嫁が来た!!

キルギス共和国出身のロシア人と結婚した男のムダ話。旧ソ連諸国のお話も

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ソビエトのリーダー ブレジネフ書記長とその夫人ヴィクトリアさん。ブルドックみたいなお顔とまるでそれにあわせたような犬の毛皮のごときコートが素敵ですね(笑)。どちらが書記長か分からないほどの貫禄です。ただし、真実のヴィカさんは、権力者の妻にありがちな政治への口出しもせず、メディアで発言することもほとんどなく、終生夫を立てる良き妻だったようです。ちょいとそこの奥さん、人間見た目じゃありませんよ!(画像は、海外のソビエト歴史学サイトより転載)】

ロシア圏を旅した人の間で話題になること。
そのうちのひとつに美人の多さがあります。

多民族地域だけに欧州系、アジア系、中東系、はたまたそれぞれの血が混じったハーフ、クォーターなどなど美人のバリエーションが豊富なのも話のネタになりやすいのでしょう。

もう何気なく街を歩いて人々をウオッチングするだけで、世界中のモデルやスターが集まるショーを見ている気分!!下手なアイドルのコンサートなんか見るより二百倍(当ブログ比)は萌え萌えになります。

しかーーし!

惜しいんですよね。いやあ、実に惜しい。
何がですって???

今日は、そんな“画竜点睛を欠く”お話。
ズバリ、ロシア圏の人々のファッションセンスのお話です。

全てとは言わないまでも、とにかくファッションセンスが絶望的に悪い場合が多いんです。
スタイル完璧、お顔も完璧なのにキテレツな服を着ているので大減点なんてことが多々あるんです。

ファッションやらお洒落やらに縁遠い僕でさえ思うのです。
詳しい人なら唖然とするかもしれません。

元々ソビエト時代からロシア圏の人々のファッションセンスは洗練されていませんでした。

センスのなさぶりは、歴代のソビエト指導者の夫人を見ても良く分かります。
誰も彼もが凄まじく地味な服でとにかく“イモ”な感じなのです。

特にブレジネフ書記長(当時)のご夫人などは、そのロシア的おっかさん体型もあいまって“悪い意味で”完璧なビジュアルになっていて、西側諸国に衝撃ならぬ笑撃を与えました。

もっとも、ソビエトは西側文化を“堕落している”としており、多くを受け入れませんでした。
加えてソビエトの工業レベルでは、欧米や日本で流通する高品質の生地や繊維を作ることは困難でした。

そういう背景がありましたから、センスが磨かれないのも仕方なかったかもしれません。

では、ソビエトが崩壊し、西側文化がどっと流入、さらに経済成長でお金が潤沢になり、高品質な原材料を調達できたであろうロシアを中心とした今のロシア圏ではどうなのでしょうか?

まあ、ファッションに対する印象は人それぞれですし、先述の様に僕自身ファッションとは縁のない人間。ですから断言はできないのですが、、、、、

やはり相変わらず“ズレている”場合が多いと思うのです。

宴会かなんかのジョークでしか使わないようなオカシナ配色のデザイン(ピンク色に水玉!)のネクタイを着けて平気で会社通いをするオヤジとか、大阪のオバちゃんしか着ないようなヒョウ柄でギラギラ光沢つきのズボンを履いて街中を闊歩するオネーさんとか、もうスゴイんですワ。

いったいぜんたいどういう美的感覚なのか首をかしげることがかなりの頻度であるんですよ。

流石に大都市では情報が流通しているのか、そこまでオカシナ人は少なくなってきているようですが、地方都市なんかはいまだに“おしゃれ番外地”なところが多く、別の意味で僕の目を引く人が多いです。

幸か不幸か家内の場合は、ビシュケクと言う地方都市出身であるものの、仕事柄西側フアッションの情報を早くから入手していて、奇跡的にマトモ(?)でしたが、親戚はそうもいきません。

『お前は懐かしのエリマキトカゲか!?』

そう叫びたくなるほどのスゴイデザインのタートルネックのセーターを着てこられたときには、笑いをこらえるのに必死。もう少しで飲んでいたコーヒーを吹き出しそうになりました。

まあ、便宜上タートルネックとしましたが、正確に書けば、今や日本では死語となったトックリセーターの親玉の如き、はたまた神秘の人々 首長族専用とでも言うべき首部分の長さ、ザ・ロンゲスト・トックリでした。

おかしいのは、これら珍妙なフアッションをする人が決して自分がダサいと思っていないことなんです。

むしろ“ズレ度”が高いフアッションに身を包んでいる人ほど“ワタシってお洒落でしょ!”と自慢気にしているような気がします。

だからこそ、本当にもったいない気分になるんですよね。

何しろロシア圏は美人の宝庫。
ファッションセンスを磨けば、ガンガンにモデルや俳優のスカウトが来るはずですから。

日本は、ロシア圏に様々な援助を行ってきましたが、ドン小西さんやおすぎ&ピーコさんを輸出してファッションチェックをしてあげればどんな援助よりも効果的ではないかとさえ思うのです。

もっとも、家内に言わせると、その国にはその国なりのファッションセンスがある訳だし、ましてやロシア圏の人々は頑固な人が多いので、ちょっとやそっとのフアッションチェックごときでは絶対に変わらないとのこと。

なるほど、確かに色やデザインの好みは民族のDNAレベルで刷り込まれている可能性がありますから、なかなか難しいかもしれません。

それでも、ちょいと服のデザインや配色に気を配るだけで、華の有名モデルやスターになれるかもしれないのにと思うと、やはり気の毒。

そんな訳でロシア圏で人々の服装を見るたびにおせっかい覚悟でフアッションのアドバイスをしたくなってしまうのです。



閉じる コメント(12)

ユニクロやGAPみたいな安価でもそこそこのものが進出していけば見方も変わる?!
でもやっぱりそこ個々でのファッションがありますから・・・
大阪もそうでしょう。ちなみに20年くらい前の福岡県久留米地方も凄かったです。(親戚がいたんですが、パッションピンクのフリフリドレスを送るわ、紫のにしきのあきらのソーメン衣装がよく着られていました・・・)

2009/1/20(火) 午後 11:09 [ 0000 ] 返信する

顔アイコン

うーたんさん 関西はもうスゴイですよ。どう考えても普通じゃない感覚の人が多数おられます。一般人にはハエに見えてもUFOだ!とか言いかねない感覚の猛者が(笑)。

それにしてもにしきのあきらのソーメン衣装が普通に切られているってスゴイ世界ですね。ある意味変わってほしくないセンスのような気がします。だって書き手には物凄いネタとして美味しいですから(笑)

2009/1/20(火) 午後 11:16 mig21 返信する

顔アイコン

Migさんとは少し印象が違うみたいです、、。小生あの奇抜で西側からすれば時代錯誤のファッションが好きなんですが、、。日本では笑いものでしょうが、当地ではそれは、それなり?と小生も同化してます。 削除

2009/1/22(木) 午前 0:42 [ 無名者 ] 返信する

顔アイコン

エリマキトカゲって、、、

そこまで真剣にヘンテコなデザインや色彩の服が、「田舎」に出回ってるってのは、真剣にそういうのが好きってことだと思いますよ。

最近は見かけなくなりましたけど、いわゆるオバタリアンファッションで、髪は紫、ヒョウ柄の伊太利亜のスパッツ、嘘シャネルマーク付きシャツとか、日本でもあったでしょう。あーゆー人達は真面目にやってるんだから・・・

きっと露にも、そういう方々が愛用するブランドショップがあるんですよ。mig21さん、甘いです。ちゃんとそういうお店までリサーチしてください!

ひさびさに笑いこけました、ぽき!

2009/1/22(木) 午前 1:46 おまつ 返信する

顔アイコン

無名者さん なるほど確かに見方によっては味わい深いものがありますな。まあ、僕のファッションだってたいしたものでないから、えらそうに言えませんね。それにしても、あの独特の雰囲気。ある意味、外国にいることを強く感じさせますね(笑)

2009/1/23(金) 午前 8:56 mig21 返信する

顔アイコン

おまつ姐さん そこまで真剣にヘンテコなデザインや色彩の服が、「田舎」に出回ってるってのは、真剣にそういうのが好きってことだと思いますよ。←やはり、そうなんでしょうね。関西のオバハンとかも好きで着ているとしか思えないし(笑)。

昔、関西の超ディープな場所に住んでいたのですが、もう完全にセンスがとんでるんですよ。それを思いださせますね。

それはともかく姐さんご指摘の通りロシア圏ウオッチャーとして僕はまだまだ甘いみたいです。今度ロシア圏に行く際は、ロシアンおバンパイアのお店に行き、そのディープな世界を堪能したいと思います(笑)

2009/1/23(金) 午前 9:07 mig21 返信する

顔アイコン

内緒さん 驚きました。スゴイ話ですね。昔TIMEのPerson of the yearの投票に日本のネット住人が田代まさしを推したことがありましたが(笑)。どうも今回は真面目みたいですね。なんだか嬉しいような反面ネタみたいな感じでなんとも複雑ですね(笑)。貴重な情報ありがとうございました。これ記事にしてみようかな(笑)

2009/1/25(日) 午前 8:18 mig21 返信する

中国とか香港でも同じような感じです。???と思うような感じで、いくら美人でも下品に見えるのでもったいないですね。

2009/1/25(日) 午後 10:47 NATSU 返信する

顔アイコン

NATSUさん 中国、香港でも同じですか(笑)。大陸的鷹揚さなんですかねえ。まあ、僕の場合、人様に意見できるわけもなく、コソコソブログで書くだけにしときます。何しろ僕のセンスも相当怪しいですから、なんたってトレパン(ジャージなんて洒落たものでなく)で平気な顔してトルコの入国審査を受けた男ですから(笑)

2009/1/28(水) 午前 8:30 mig21 返信する

顔アイコン

内緒さん そうでしたか。まあ、想定内だけど少し残念(笑)まあ、アメリカでもオバやんが大統領になったし、ロシアの夜明けも近いっうことで(笑)

2009/1/28(水) 午後 11:35 mig21 返信する

顔アイコン

追記)ここは初めてWeb投票した暴挙について触れるのもいいかなと思うのですが、ご忠告に従ってみますね。しかし、忙しくて調べられない。。。。(泣)

2009/1/28(水) 午後 11:36 mig21 返信する

顔アイコン

内緒さん ありがとうございます。内緒さんの情報収集力はもはや素人の域ではないと感じています。今後もよいネタがあれば是非ご教示くださいませ。。ってすっかり他人任せ状態なのでした(笑)

2009/2/3(火) 午前 0:26 mig21 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事