シルクロードから嫁が来た!!

キルギス共和国出身のロシア人と結婚した男のムダ話。旧ソ連諸国のお話も

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

【日本アニメ『セーラームーン』(僕自身は当時既に社会人のため詳しくないのですが)はロシアでも人気。今も現地ではファンが多く、ケーブルテレビで再放送があったり、様々な情報誌に掲載されています(画像上)。 また、キャラクターに扮したコスプレも人気(画像下)。スタイル抜群で美貌のロシア女性がコスプレをすると、抜群の萌え度で万年思春期の僕には目の毒です(笑)。(画像は全てロシアの漫画、アニメ愛好者サイトより転載)】

迷走を続ける麻生政権。
支持率は急落し、今や風前の灯火。

僕も麻生さんのことをほとんど評価していません。
ここまでヒドイ総理もいないとすら思います。

もうやること成すこと支離滅裂。
定額給付金含めた景気対策がいい例です。

『日本の景気は全治3年!』
麻生さんは力説しますが、それを治す施策とは到底思えません。

全治までの3年を寝て暮らすのと同じ。
麻生太郎ならぬ“三年寝太郎”にでもなるつもりかと呆れます。

こんな有様じゃ自民党が崩壊寸前になるのも無理ないです。

『自民党をぶっ壊す!』とは小泉元首相の言葉でしたが、
麻生さんこそ真の自民党クラッシャーなのかもしれません。

とは言え、世間の麻生叩きに便乗するほど僕は素直ではありません(笑)。
麻生悪い!麻生ダメ!だけではあまりにも芸がないですからね。

そんな訳で今日は麻生さんの業績をほめ殺し、、、、いえいえ、大いに称え、
ついでに麻生さんの築いた実績を利用した僕なりの景気対策を考えてみます。

麻生さんと言えば漫画好きで有名。
その麻生さんの肝いりで作られたものに国際漫画賞があります。

日本が誇る漫画文化を世界に広める目的で設置されたこの賞。
若手の外国人漫画家を対象にし、毎年応募者を募っています。

既に2007年、2008年の2回開催され、現在は第3回の作品募集中。
様々な国の漫画家が栄誉を受けました。

ロシア人女性チェジナ・スベトラーナさんもその一人。
第二回国際漫画賞で優秀賞を受賞した24歳の若き新進漫画家です。

先日読売新聞にこのチェジナさんの記事が出ていました。
そして、初めて詳しい経歴を知り、驚いたのでした。

チェジナさんは、キルギスのお隣、中央アジアのカザフスタン共和国出身。
その後、一家でロシアの中央部 ウラル山脈に近いコルキノと言う地方都市に移ります。

彼女が漫画に目覚めたのは、この引越しがきっかけでした。

転校した学校で『アンタの発音がヘン』といじめられたのです。
カザフスタン仕込みのロシア語はコルキノの子供にはなまって聞こえたのでしょうか?

いじめに悩むチェジナさんは、ある日、日本アニメ『セーラームーン』と出会います。

その中で主人公が漢字を書けないエピソードを見て、
『ロシア語が下手なワタシと同じ!』と共感したのです。

以来インターネットで日本の漫画や文化の情報を収集しつつ漫画修行を始めました。
そして、その努力の結晶が『ポートレート(自画像)』と言う作品になります。

ロシアでなく、東京を舞台にしたこの作品はロシアの出版社から発刊されました。

部数はわずか500部!ほとんど自費出版です。
このマイナーにも程がある作品こそ後の国際漫画賞受賞作になるのでした。

先述の読売新聞記事には漫画の一部分が掲載されていました。
東京の風景、日本の女子高生の服装が正確かつ精緻に描かれているのに感心しました。

さらに驚くべきことがあります。

何と精密に日本を描いたチェジナさんは一度も来日したことがなかったのです!
つまり、ウラル山脈の地方都市からインターネットなどの情報のみで日本を描いたのです。

チェジナさんの想像力の豊かさと日本への憧れの強さが如実に分かるエピソードです。

実際、受賞式で日本に招待されたチェジナさんは、本物の“ТОКИО(東京)”に大感激。
『すごくキレイ。映画の中に入り込んだみたいで帰国したくなかった!』(読売新聞報道より)と語っています。

以前も書きましたが、チェジナさんに限らずロシアの若者に日本のアニメや漫画は熱狂的に支持されています。同じようにロシアに流通する韓国や中国のそれとは明らかに違う別格扱いです。

チェジナさんに留まらず、間違いなく今後も漫画愛好家が続々とロシアから日本を目指すでしょう。

これを見逃す手はありません。

稚拙すぎる経済対策が叩かれる麻生さん。
ならば開き直りましょう。

『小難しい経済のことなんか知るか!』
こんな調子で大好きな漫画による景気対策を前面に出してはいかがでしょう?

例えば、有望なロシア人を日本に漫画留学させ、漫画の真髄を叩き込むんです。
さながらタイガーマスクに出てくるレスラー秘密養成所『虎の穴』漫画版ですね。

そこで育成した人に漫画家として大成功したら印税の何パーセントかを日本国に寄付させるとか、自作に登場するキャラクター使用権を日本企業に限定するなんて契約を結んでもらうんですよ。

考えてみてくださいよ。
『漫画版 虎の穴』出身者が一人でもウォルト・ディズニーレベルの成功を収めたら、、、、
そりゃもうスゴイですよ。

政府は回収する多額の印税で赤字財政を立て直せるかもしれません。
日本企業は、キャラクター独占権の恩恵でガンガン商売することも夢ではありません。

加えてヒットの波及効果はロシアだけでないですからね。
ロシア語と言う共通言語を通して周囲に位置するロシア圏で次々に人気が飛び火し、広がること間違いなしです。

ガス問題で揉めてるウクライナなんかには、もう半分脅したりしてね。
『アンタんとこの国でヒットさせなきゃもうガスあげない♪』なーんて感じでね。

もう作れば作るだけ売れる状態。
刷れば刷るほど売れた『ホームレス中学生』、『佐賀のがばいばあちゃん』状態です。

次に大ヒット作をテーマパーク化しましょう。
場所は、クリル諸島(北方領土)!!

エトロフ島あたりの敷地を使ってオープンさせるんです!

周辺には来場者のための宿泊施設『ムネオハウス』も再開させます。
宿泊者向け娯楽施設としてメイド喫茶やゲームショップなども併設しましょう。

えっ?北方領土なんて寒いから流行らないですって?
大丈夫、大丈夫、ファン心理はそんなヤワじゃないですよ!(多分)

ウチの叔母なんて憧れのぺ・ヨンジュンさんとデートできるならアフリカの奥地でも平気で行くって言いますもん。

どんな悪条件でもファンってものは、それに見合う見返りがあれば、お金を払うものなんです。

こうしてガンガン入る収益で北方領土だって買い戻せるかもしれません。
ゆえに領土問題も円満解決!

ここまで来れば銭が銭を生む倍倍ゲーム。
加えて大ヒット作品は息が長いですから景気にも左右されません。

メガヒット漫画なんてそう簡単に生まれるわけがないって反論があるかもしれません。
確かにその通りで、景気対策としては即効性に欠けますワ。

それでも長期ビジョンで考えればですね、奥さん。
漫画景気対策は少ない投資で、今後の日本経済に大いなる収益をもたらす可能性大です。

もはや麻生政権は末期状態。
支持率回復も首相続投の目も絶望的。
強気な麻生さんもそれぐらいは理解しているはずです。

ならば麻生さん、最後にイタチの最後ッ屁を放ちましょうよ。
漫画景気対策を是非実現してください。

国民や野党は失笑するか激怒するでしょうが、やってしまえばこっちのもの。
さらに、成功すればしめたもの。

麻生太郎でなく『マンガ太郎』として後世に残る!!!
。。。。。。。。。。。。。。。かもしれません。

ああっ、もう書いているうちに興奮していてもたってもいられなくなってきました。
よーし、今から麻生さんの家までひとっ走りして、このスンバらしい計画をお知らせしなければ!

と思うのですが、昨年の麻生邸見学ツアーの参加者みたいにお巡りさんに逮捕されるかもしれませんので、やめときます。

どうか神様、このスンバらしい計画を是非麻生さんもしくは側近の方がお読みくださいますように。
日本を愛する一国民の切なる願いでございます(笑)。

(ロシアでの日本アニメ、漫画文化の人気ぶりは他の記事でも触れています。下記のトラックバック記事をご覧ください。)


閉じる コメント(18)

顔アイコン

日本のマンガに対する熱狂はロシアばかりでなく中国でも凄いものがあります。

中国"動漫"新人類:日経ビジネスオンライン
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20070906/134211/
この連載コラムの2回目の記事のタイトルは、こちらのブログ記事に合わせたかのようにずばり「先生、私はセーラームーンを見て日本に来たんです」です。

上海へ旅行したときにコンビニへ入ったら名探偵コナンとかのマンガの中文版がごく当然のように置かれていたので、お土産代わりにに買って帰りました。 削除

2009/1/29(木) 午前 1:45 [ ゴンベイ ] 返信する

香港でも日本の漫画はやっぱり別格扱いで人気ですね〜。
だんなも「万が一、将来他国の漫画が台頭したとしても、過去の日本の漫画作品は『クラシック』として永久に残るだろう」とのたまっています。

2009/1/31(土) 午前 3:00 NATSU 返信する

お久しぶりです。

いや〜、この記事、笑いましたわ(笑)。
けっさくでんな。
転載させていただきますね。

2009/2/1(日) 午前 5:23 亜州 返信する

顔アイコン

はじめまして、いつも楽しくみています。よろしくお願いします。

麻生さん不支持ですか。残念です。定額給付金をめぐる迷走っぷりは確かにお粗末ですが総額75兆円の経済対策はよく出来ていると思います。本当に経済対策の中身をご存知の上で批判してますか?マスコミは定額給付金のみに焦点を当て国民を反麻生に導こうとしているとしか思えません。

IMFへの1000億ドルの拠出に関しては他に使い道のない外貨準備の有効活用で非の打ち所のない政策だと言えますし、外交でも「日本国とインドとの間の安全保障協力に関する共同宣言」先日は安倍元首相が麻生首相の特使としてバグダッドを訪問し「日イラク・パートナーシップ宣言」に署名と実績を作っていると思います。 削除

2009/2/1(日) 午後 3:48 [ アシ ] 返信する

顔アイコン

続き

ホテルのバーや漢字の間違いは必要以上に報道しオバマ大統領と通訳なしで電話会談してもスルー。マスコミの姿勢には悪意を感じますし、それに騙されている人が多いと思っています。

イラクで日本が提供した給水車は襲撃されなかったそうです。その給水車にイラクで人気の「キャプテン翼」のステッカーを張るように提案したのが麻生さんですしmigさんの仰る景気対策も麻生さんならやってくれるかも?
…長文失礼しました。 削除

2009/2/1(日) 午後 3:49 [ アシ ] 返信する

顔アイコン

ゴンベイさん やはり中国でもアニメは人気でしょうね。もうひとつの強力なコンテンツになっているのは間違いないでしょうね。

家内は日本もあと10年経てば、産業構造そのものがオタク文化中心に変わっているかもしれんよと言います。僕は、笑って受け付けませんが、海外に行き、日本アニメの人気振りを見ると、あながち夢物語とも思えないと感じる時がありますです。

2009/2/3(火) 午前 0:33 mig21 返信する

顔アイコン

アキバが(ロシアに限らず)世界のアニメ・漫画ファンの”聖地”になる日も、そう遠くないかもしれません。今は円高なので減っているとは思いますが、アキバには、リュックを背負ったオタク風の外国人も多く出没しているようです。

2009/2/3(火) 午後 10:27 shchimya 返信する

顔アイコン

セーラームーンのコスプレの美女たちの写真。以前の記事では確か、手を振りながら歩いているところを横から写真撮っていたものだったかと・・・。雑誌からではなく、Migさんが追っかけで撮ったのではないか・・・・という疑念が(爆)。
コスプレと人形さん遊びは御法度でしょうに。怖。拝

2009/2/3(火) 午後 11:55 @ 東 南 返信する

顔アイコン

内緒さん おありがとうございます!昨年のキルギスは電気不足がひどくて大変だったみたいです。家内の実家にも当たり前のようにロウソクが常備されていて、たびたび活躍しています(笑)

2009/2/5(木) 午後 8:09 mig21 返信する

顔アイコン

NATSUさん やはり中国のだんな様から見てもそうですか。恐らくオタク文化は、資源がない日本が生み出した一番資源を使わない製品なのでしょうね。

そういや、先日秋葉詣でで来日したロシアのどこぞの金持ちのドラ息子がアニメの美少女キャラの等身大フィギィア(80万円)を即決で買ったそうです。マニア心に国境はないですね(驚)

2009/2/5(木) 午後 8:13 mig21 返信する

顔アイコン

亜州さん 転載どうもです。まあ、こういうことはあんまり肩肘入れて記事書くよりくだけて楽しく考えてみましょうよってスタンスですか。まあ、こういうスタイルもいいんじゃないかと(笑)

2009/2/5(木) 午後 8:15 mig21 返信する

顔アイコン

アシさん お返事遅れてすみません&はじめまして!

さて、麻生さんの経済対策ですが、もちろん内容を確認した上で書かせていただきました。読まずに書くのは失礼ですから(笑)。

で、中身なんですが、やはり僕は評価できないんですよ。と言うのもあまりに総花すぎて重点目標に特化したものではないからです。言うなれば“面白みのない幕の内弁当”みたいな印象を受けるのです。

例えば経済対策の施策のひとつに正社員雇用をした中小企業に100万円の助成金を支給するなんてありましたが、この不況下でわずか100万円欲しさに正社員を採用する会社などあるでしょうか?そういう現実離れした施策が随分と多いと感じるのです。

2009/2/5(木) 午後 8:20 mig21 返信する

顔アイコン

(続き)それに70兆以上の経済対策はただでさえ借金大国の日本には取り返しのつかないものです。そもそも国家予算に匹敵するこの金額はどこから調達するのでしょう?もうバンバンばら撒くと言う姿勢しか見えません。

優先順位をたて、将来の日本経済に役立つものに集中的に投資する考えはそこにはありません。やたら威勢はいいけど中身がない麻生イズムそのものと考えています。

2009/2/5(木) 午後 8:23 mig21 返信する

顔アイコン

(続き)外交に関しても同様です。アシさんは日本のメディアは麻生さんの外交成果をスルーしてると言われますが、これはロシアでも同じで、麻生さんの扱いは本当にわずかです。

顕著だったのは昨年のAPECでして、麻生さんはメドベージェフさんと会談したのにロシアメディアはまったく無視し、アメリカや中国首脳との会談ばかりを追いかけていました。

これは、麻生さんがあいも変わらず北方領土の話題から入ったためかもしれません。外交の麻生を自負するなら変化球で入るべきなのに、いつもと同じパターンを繰り返したのみ。これで一気にロシアでは麻生さんは注目するに当たらずと言う評価ができてしまったのです。日本メディアは確かに辛口に過ぎる部分がありますが、かといってひどく偏向しているとも思えません。

麻生さんの支持率があっという間に地に落ちたのは決してマスコミのせいだけではないと思います。マスコミの影響だけではあそこまで急な落ち方はしないでしょうし。

2009/2/5(木) 午後 8:29 mig21 返信する

顔アイコン

ЩИМЯさん ロシアでは既に聖地化してます(笑)。先日ロシアの若者雑誌を見たのですが、もうそのまま“АкиБА(アキバ)”と書かれていて笑いました。

2009/2/5(木) 午後 8:48 mig21 返信する

顔アイコン

東南さん 撮らない撮らない(笑)。まあ、目の前にいたら激写してますが。この写真結構出回っているみたいで、日本の雑誌にも掲載されていました。ちなみに撮影はウファって地方都市です。結構田舎のはずなんですけど、それでもこの盛り上がりぶり。日本アニメ恐るべしでございます。

2009/2/5(木) 午後 8:53 mig21 返信する

顔アイコン

ロシア圏にはありますか?

風雲!コネタ城 上海にアニメデパートがある - デイリーポータル Z:@nifty
http://portal.nifty.com/cs/catalog/portal_koneta/detail/1.htm?aid=081110086121 削除

2009/2/13(金) 午後 5:56 [ ゴンベイ ] 返信する

顔アイコン

ゴンベイさん ロシア圏の場合は中国ほど大規模ではないですが、あちこちにアニメもどき商品はありますね。そういや数年前市場で『ХоКУто но Кен(北斗の拳)』って書かれたノートを見つけ、驚きました。でも何故か記載されていたキャラはガンダムでした(笑)

2009/2/16(月) 午後 10:55 mig21 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事