シルクロードから嫁が来た!!

キルギス共和国出身のロシア人と結婚した男のムダ話。旧ソ連諸国のお話も

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

【志願兵養成学校カデットの女子生徒。ロシアでは徴兵制の組織を志願兵中心へ換える抜本的な変革を進めています。深刻な少子化が背景にあるのか男性のみならず女性兵士育成にも熱心です。“コンパクトな組織で最大の戦果を”と言う従来の軍ドクトリンになかったロシア軍の大改革は世界中から注目を集めています。(画像はロシアのカデット情報サイトより転載)】


『日本人は何でもかんでもクリル(北方領土のロシア名)問題を通してしかロシアを見ない。』

ロシアの知人と食事をした際に聞いた言葉です。

今やロシアでは毎度領土問題を持ち出す日本の政治家は物笑いのタネです。
同時に領土問題を通してしかロシアを見ない日本の世論に呆れてもいます。

“ロシア=領土問題”
硬直化した思考は、多面的視点が必須のグローバル時代で国益を損なう悪しき要因です。

そんなロシアに対する無知無理解がまたも露見する出来事がありました。

2010年6月末から7月にかけて行われたロシア軍夏季演習“ボストーク2010”。
シベリアと極東で行なわれた演習の場に北方領土が含められたため日本が反発したのです。

岡田外務大臣は強く抗議、国内メディアも一斉にロシアに厳しい論調を展開しました。
ネット上などでも“日本への挑発”、“北方領土問題でのけん制”なんて言葉が躍っていました。

ロシア人は日本の無知ぶりをせせら笑っているでしょう。
メドベージェフ大統領も岡田外務大臣の発言など右から左で聞き流す、、、、
と言うよりそもそも聞く気もないでしょう。

僕もつくづく日本のロシアに対する認識不足にウンザリしました。
思い返せば日本のメディアやネットでは、ロシア軍が行なう演習に対し、ことごとく呆れた分析をしてきました。

単にテロ対策にすぎないSCO(上海協力機構)の演習に『NATOへの対抗!』と幼児の様に騒いだり、
中古機の虫干し飛行に『東京急行復活!』と失笑モノの意見を披露していたこともあります。

ソビエト崩壊から20年。日本のロシア認識は冷戦時代から今もまったく進んでいないのです。

今回の“ボストーク2010”も同様。

少しでもロシア軍の置かれている課題や現状を知るなら、演習が領土問題と無関係であることなどすぐ分かるはずです。

では、“ボストーク2010”の目的はなんだったのか?
理由はズバリ“軍の近代化チェック”です。

ロシア軍は“2つの近代化”と言う課題を長年引きずってきました。

“2つの近代化”。
それは“組織”と“装備”の近代化です。

“2つ近代化”は、ソビエト時代から頭痛の種だったものの、二の次にされていた印象があります。

政治経済の低迷で軍改革に予算を割けなかったこともあったのでしょうが、それ以上に“質より量”と言うロシア伝統の軍事ドクトリンから脱却できなかったのでしょう。

ところが、問題の重大性をロシアに強く認識させた出来事が起こったのです。

2008年、グルジアと争った南オセチア紛争でした。辛くも小国グルジアに勝利したロシア軍ですが“2つの近代化”を放置してきたツケが表面化したのです。

まず一つ目の“組織”近代化の問題は、各部隊の連携レベルの低さの形で露呈しました。
今なお約100万人の兵士を擁するロシア軍ですが、その巨大さがアダになったのです。

命令は支離滅裂でいたずらに前線は混乱しました。
さらに協同システムが機能せず、各個バラバラで作戦を進めていました。

そのため、組織的に小回りが利くグルジア軍に散々苦しめられ、損害が続出しました。
辛くも勝利したのは、数にまかせての力押しに過ぎなかったのです。

自国の軍事評論家からすら“旧時代の組織”と皮肉られたロシア軍は、紛争直後から組織改革に大ナタを振るうことになります。ベテランの高級将官を大量リストラし、組織の若返りを進める一方、複雑で前時代的な指揮命令システムの簡素化に着手しました。

加えて“カデット”と呼ばれる軍事学校の充実化を図りました。
徴兵制主体からモチベーションの高い志願兵中心に構成人員の変化を試みたのです。

今回の演習はその成果を見せる初めての機会でした。。
(筆者注:ロシアではボストーククラスの大規模演習は2年ごとに行なわれています。)

次はもう一つのキーワード“装備”近代化の問題です。

強大に見えるロシア軍ですが、実のところ装備は劣悪なものばかりでした。
旧ソビエト時代の装備をだましだまし使うケースが多々あり、運用に相当な苦労をしていました。

以前ロシア戦略ロケット軍の窮乏ぶりを描いたNHKのドキュメンタリーを見たことがあります。
とうの昔に耐用年数が切れたミサイルををだましだまし運用する様子は衝撃でした。

何しろ核ミサイルを運用する戦略ロケット軍はかつてのソビエト軍の花形部隊。
ソビエト崩壊後の苦しい中でも予算はそれなりに付いていると僕は考えていたからです。

それでもソビエト崩壊直後にヘリコプター部隊の整備兵をしていた家内の親戚によると戦略ロケット軍などまだマシだったそうです。

この親戚が所属していた整備部隊などマトモな整備部品が来たためしがない、、、、、
と言うかまったく補充部品が配布されなかったとのこと。

そんな訳で整備員はスクラップ機体から必要な部品を調達するのが半ば日課になっていたそうです。

さて、話を戻しましょう。
“装備”近代化の問題は、グルジア軍の繰り出す新兵器群に対する苦戦につながりました。

グルジア軍は欧米やイスラエル製の最新兵器で武装していました。
旧世代の兵器で対抗したロシア軍との損害の差は歴然となったのです。

そんな訳で南オセチア紛争以降、ロシア軍は、急ピッチで装備の近代化を行なっています。
自国の軍事メーカーのみでなく他国からも積極的に買い付けをしているのが特徴です。

2009年にはイスラエルから無人偵察機。
2010年にはフランスから強襲揚陸艦の購入を決定。
国産兵器で揃えた従来にない動きを見せています。

とは言え、最新兵器を購入しても有効に運用させられるまでには時間がかかります。
また、しっかりと検証を続けないと本格購入と言う訳にはいきません。

ロシア РТРテレビではこれを裏付けるロシア軍将官の談話を報道していました。
曰く『新兵器導入は軍体制に10年〜30年単位で影響を与える。慎重で徹底的なテストが欠かせない。』

その意味では、“ボストーク2010”は新型兵器の見極めに絶好の機会だったでしょう。

結局“北方領土問題における日本へのけん制”なんてものは微塵もなかったのです。
エトロフ島を演習地の一部に選んだのも単に揚陸作戦の演習等に最適だったに過ぎません。

『唯一の領土問題として残る北方領土をにらみ、日本を“仮想敵国”とみなす姿勢も鮮明だ。』
扇情的にぶち上げた産経新聞などは、まさに誤報以前の問題。

もっとも所詮フジサンケイグループの新聞ですから、こんなもんなのかもしれませんが(笑)。
(産経新聞のロシア関連記事は思い込みや知識不足の記事が多いですが、最近は特にヒドイです。ほとんどウソに近い情報も多く、まともな情報ソースにすらなりません。)

ロシアでは先日メドベージェフ大統領が新しい外交ドクトリンを発表。
プーチン時代とはかなり違う他国との連携強化をスローガンにしています。

その言葉どおり、アメリカや中国とはもちろん、ポーランドやフィンランドなど過去の遺恨が残る国々とも和解を進めていますが、日本に対しては蚊帳の外扱いです。

そこには、『北方領土問題が全ての大前提』と今も固執する日本への呆れと諦めが透けて見えます。

“ロシア=北方領土”の公式が崩れない限り、、、、、
日本はいつまでも国益と言う名の果実を得ることはできず、ともすれば国際情勢からも取り残される危険性を秘めているのです。

閉じる コメント(24)

顔アイコン

亜州さん 基本的に北方領土問題は日本側が状況を複雑化させているような気がします。(固有の領土論もそうですし、ソビエトが一方的に条約を破ったってのもおかしいんですよ。)右派系の人も左派系の人も自分たちの都合の悪いことは知らないふり(ホントにしらない?)ですが、北方領土問題はそのいい例です。

ともあれ、もうロシアは出すべき提案を出しましたから、後は日本がどう出るかだけでしょうね。それ以上でもそれ以下でもないような気がします。残念ですが。。。。

2010/8/8(日) 午前 8:21 mig21 返信する

顔アイコン

doroboukamomewさん コレ観ました見ました!カッコよすぎます。日本の政治家にもこのぐらいのタフネスさとクールぶりが欲しいッす。

2010/8/8(日) 午前 8:26 mig21 返信する

顔アイコン

kanaさん ロシアと言う国はまだまだ日本に劣るし、それはロシア自身認めるところですが、それを補って余りあるパワーと言うかバイタリティがあることも確かです。

ご指摘の政治家に関してはその際たるものでして、二世三世のボンクラ議員なんてのが横行する日本とは大違いの層の厚さです。(自民党など小泉さんの息子を党の顔的存在にしていますから情けないことこの上なしデス。)

領土問題も同様でビジョンを持つロシアと持たない日本の差は歴然です。その意味でも北方領土問題は早いこと手打ちをするべきと考えますね。

2010/8/8(日) 午前 8:31 mig21 返信する

顔アイコン

みなみさん はじめまして。ロシア人の彼女との付き合いの悩みですか。。。僕もいまだに悩みますから、あんまり深く考えないでくださいな。

さて、日本では中立条約破棄、シベリア抑留、領土問題などロシアのイメージは悪いことだらけですが、その裏に相当日本にも都合の悪いことが隠されています。戦後軍人が自らの保身のためと対共産主義のスローガンでソビエト=悪玉説が流布しましたが、その考えを見直すことも大事かと思います。

日ソ中立条約に関しては近々記事を書く予定です。どうぞご期待ください。

2010/8/8(日) 午前 8:35 mig21 返信する

顔アイコン

コメントありがとう、ございます^^
勿論日本も都合の悪い事は、多いですよね。ハバロスクにも長期に渡り派兵して、問題もありました。

ただ戦後の軍人・・・ですが、将官や高級将校の話では、それもあるでしょうが、徴兵された兵や下士官では、それは少ないと思いますよ。

戦争ですから、別にどちらが悪いも、無いのですが当時は、ロシア人の民度は、日本人に比べかなり低かったのでは?
と思ったりします。ベルリンや旧日本領土でのレイプも、多く有りましたしね。
ソビエト=悪!!とは、思っていないつもりですが、親戚にはシベリア抑留経験や、妹の嫁ぎ先には大韓航空撃墜の遺族もいるので、どこかネガな、気持も心のどこかに、あるのかも知れませんね。

2010/8/9(月) 午後 2:15 [ RZV ] 返信する

顔アイコン

みなみさん まあ、戦争と言うのはどちらにせよ、蛮行が起こるものなのでしょう。僕も父方の親戚には随分ソビエト侵攻でエライ目に遭った人がいますから、ソビエトに対して全肯定はしないのですが、日本も随分自己に都合の悪いことが多いのは確かだと思います。そこはきちんと把握しないといけないと言うのが僕の持論です。

例えば、みなみさんお書きのベルリンでのレイプ問題。この事実はよくクローズアップされますよね。では、ドイツはロシア人に大規模なレイプや虐殺をしなかったか?答えはNOですね。人数的には遥かに多くのロシア人がドイツ人に虐殺されたのです。結局やられたらやりかえすってのが戦争の常であり、そこには善も悪もないんだと思いますよ。

2010/8/12(木) 午後 9:56 mig21 返信する

顔アイコン

(続き)ハバロフスクのことはシベリア出兵のことですね。ロシアでは干渉戦争と呼んでいますが、ここで日本軍が無実のロシア人を虐殺したり、レイプしたなんて話はあまり日本では語られませんよね。これはソビエトの満州侵攻より25年前のことです。

日本では右系の人が『(シベリア出兵時にロシア人が日本人を虐殺した)尼港事件を忘れるな!』と書いていますが、これにしてもその前に日本軍がロシア人の村落を焼いたり虐殺したことには触れていないのです。こういう意見は論外であり、感情論でロシアを見ることはよくないと言うのが僕の意見です。

なお、民度については何とも言えませんね。確かにソビエト人の中には相当近代文化に疎い人物が多かったことは確かですが、当時は人口も多かったため割合的にこの手の人物がどの程度だったなんてのは言えませんよね。それにそもそも民度と言うのが定量化できない尺度ですから、僕としてはあまり文字には書くべきではないとも思います。

2010/8/12(木) 午後 10:05 mig21 返信する

顔アイコン

自分はこの演習を「帝国主義復活時代にむけて、ロシアが『アジア国家としてのプレゼンス誇示』」が目的と思ってまして、ロシア軍が中国軍張りに「国内に複数の統合軍創設」と同様に、ロシアが「国益追求のための適切な軍事力誇示&強化」を行なってると見てるのですが・・

ホント、「9月2日が『戦勝記念日』」の件ですが、コレは国際的にも妥当な見方ですし、ホントいい加減「日本版・オーデルナイセ線」で決着を図って欲しいものですね。

この日露関係を見てますと、日本が中韓に対してる想いをロシア人が日本に感じてるという「歴史のパドラックス」をヒシヒシと・・

2010/8/16(月) 午前 5:47 [ tero19632001 ] 返信する

顔アイコン

ミストラル級関連の話ですが、面白そうな記事を10・11番目にTB致しましたので、よろしければ・・

2010/8/16(月) 午前 5:52 [ tero19632001 ] 返信する

顔アイコン

長文の返答ありがとうございます。
家を空けたりで、遅くなりました。

仰る通りだと思います。
やられた側は忘れずですよね。
ドイツが独ソ不可侵条約を破り・・・は、彼女もよく知っていますが
日ソ不可侵条約の件は、知らず日本が攻めて来て・・・との話でした。

大切なのは偏った、歴史認識では無く正しく歴史を理解する事だと思います。
勿論日本も、大変な加害者ですからね^^
彼女のおばあちゃんの兄弟も、シベリア出兵で日本人に殺されたそうです。

中・韓・ソ隣国は、どこも過去の感情や、歴史認識の違い色々ありますよね。
個人同士では、何も問題なく付き合えるんですけどね・・・

あっちこっち丁稚は、僕も土曜日だったかな?見てましたよ^^ 削除

2010/8/18(水) 午前 1:28 [ みなみ ] 返信する

顔アイコン

霧が出やすく波が荒く冬が厳しいこんな土地どちらにとっても重荷なのだから発想を変えて日露両国人は簡単な入域証で滞在できるフリーポートにしてしまえばいいのにといつも思っています。 わずらわしいビザを無くし一部商品の関税を無くすだけで、どう少なく見積もっても年間10万人以上の観光客が訪れると思われます。 ちなみに、北海道の離島観光客は年間200万人を超えているそうです。
うまくは行きませんでしたがサハリンが日露両属の歴史があり、前例が無いわけではないのですから、試す価値は大いにあると思います。
個人的には主権さえ認めてくれれば管理はロシア側かまわないのですが。 ですから、最終的な思惑どうであれ以前日本側が主権を認めてくれればいいという提案をロシア側が一蹴したのは非常に残念でした。 上手くいっても右側からの突き上げ喰らう日本としては大胆な提案だったのですが。

2010/8/19(木) 午後 9:41 [ ムー民谷の住人 ] 返信する

顔アイコン

ほんとそうですよね!migさんのお話には共感します。
ヤフーニュースでネガティブなロシア圏の記事があれば90%産経なのは笑えます。
なんであんな記事を堂々と乗せるのかなーとあきれかえります。
日本はあまり一方的に他国を悪者にすることを表沙汰にしないと思っていましたが(ネットは除く)
ロシアに関しては堂々と批判するのは
反共産主義で徹底的にすりこませたアメ様の勝利かしら?
なんてニワカ知識ながら邪推してます。 削除

2010/8/21(土) 午前 8:14 [ 炭酸 ] 返信する

顔アイコン

「対日戦勝記念日」に関してですが、皆様に評判の悪い産経さんが面白いインタビュー記事書いてましたので、よろしければ12番目にTBした記事をご覧いただければ・・

2010/8/22(日) 午前 11:51 [ tero19632001 ] 返信する

顔アイコン

TEROさん ボストークに関しては僕はアジアよりも黒海などでの上陸作戦を考えているのかなと考えています。

日本のマスコミは報じてませんが、рТрの映像などでは大規模な揚陸作戦をやっていたようっですし。流石に黒海でやると露骨ですから極東でやっているような気がします。

大体ロシアがアジアで軍事的プレザンスを示すのは今時点では意味がないでしょう。中国、アメリカとは一応蜜月ですし、日本との軍事衝突の可能性がないことをロシアは知っているでしょうから。

2010/8/25(水) 午後 11:05 mig21 返信する

顔アイコン

TEROさん TBありがとうございます。何かロシア、今度はイタリアから装甲車輸入を検討しているようで。しばらく外モノブームは続きそうですね。

2010/8/25(水) 午後 11:07 mig21 返信する

顔アイコン

みなみさん こちらこそお返事が遅れ気味ですみません。仕事がホンマ忙しくて何事もままならぬ状態が続いています。

さて、お相手さんが日ソ中立条約について日本が攻めてきて、、、と言うのは実はあながち間違いではないんです。日本は独ソ戦初期に関東軍特種演習という訓練の名目で100万人近い軍を日ソ国境に動員したのです。これはソビエト側にこの時点で日ソ中立条約は反故にされていたと主張しており一理あると僕も考えているのです。

歴史を直視することは時に辛い。しかし、感情論はそこでは邪魔になるのでしょう。(もちろんこれは日本でなく、米露にも中国にも韓国にも言えますが。)

2010/8/25(水) 午後 11:15 mig21 返信する

顔アイコン

ホント、関特演は「日ソ戦ネタでは叩き台のネタ」ですし、大概の作品では「コレでソ連がトドメをさされた」ってのが多いですからねえ・・

自分がソ連軍の立場でも「ゾルゲ情報がなければ極東軍団引抜を躊躇」してましたし・・

2010/8/26(木) 午後 8:28 [ tero19632001 ] 返信する

顔アイコン

ムー民谷の住人さん 北海道の離島観光客がそんなに多いとは知りませんでした。本当、上手くやれば実に日露にいい経済効果になるでしょうねえ。フリーポートってアイデアは非常にいいと思います。ビジネスを日本が行い、治安はロシアが守り、双方で利益をシェアすることもいいでしょうし。

ただし、残念ながら主権がどう、、、って話になるとやはりロシア側は引かないでしょうねえ。あの国の領土へのこだわりは相当なものになりますから。ロシアに花を持たせつつ、どう実質的果実を得るかが日本の領土問題における勘所でしょうね。

2010/8/29(日) 午前 9:44 mig21 返信する

顔アイコン

炭酸さん 産経の場合、自称保守新聞(笑)だそうですが、それ以前で、間違いだらけの情報は、もうイエローペーパーの域です。恐らく経営なんで自社の特派員が少なく、ロイターなんかの外電を実際の状況を知ることもなく、そのまま書きながら自分なりの妄想を盛り込んでいるのでしょう。

で、この傾向なんですが、個人的にはアメリカと言うより、右寄りの意見が多いネット住民への媚びだと思います。それが証拠に産経はネットでの右よりな意見をかなり支持しますし、自社でその手の意見を集めるサイトも運営しています。

結局その手の意見に媚びをうることで右肩下がりの部数を増やそうとしているのでしょう。姑息と言えば姑息ですが、悲しいと言えば実に悲しい有様ですね。

2010/8/29(日) 午前 9:58 mig21 返信する

顔アイコン

TEROさん 関東軍特種演習に関しては様々な資料が残っているのですが、日本側はあまり引き合いに出しません。日本は中韓のご都合歴史観を問題に出しますが、日本も同じような(とは言え中韓よりはマシですが)ことをしている好例でしょうね。

2010/8/29(日) 午前 10:41 mig21 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(13)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事