堺市社会福祉協議会 美原区事務所のブログ

堺市美原区の地域活動・ボランティア活動等をご紹介しています!!
 11月1日(水)13:30〜
美原区役所にて第6回「介護ビギナー(初心者)教室」を開催しました。
8月30日から始まり、今回が最終回です。
 
今回の参加者は   14名
 最初に「認知症サポーター養成講座」を行ないました。
この講座は認知症についての正しい知識と理解を持ってもらい、認知
症の人やその家族を、温かく見守り支援する「認知症サポーター(応援者)」を増やすことで、認知症になっても安心して暮らせるまちづくりを
目ざしていくことを目的としています。
 皆さんには、認知症サポーターの証である「オレンジリング」をお渡
ししています。
 
イメージ 3




 次に、「介護者の方へのメッセージ〜がんばりすぎない介護〜」
堺市老人介護者家族の会の玉井会長から 実体験による介護を続ける
秘訣を教わりました。

イメージ 2


 

  最後に閉講式を行いました。
堺市社会福祉協議会事務所長より、6回全て参加された9名の人に
「修了書」をお渡ししました。3ヶ月ご参加お疲れ様でした。 
 
イメージ 1

 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

11/30 美原区ボランティアオリエンテーションを開催します。 

◇「ボランティアって、どんなこと?」
◇「仕事や子育てが一段落。何かはじめたい!
そんなボランティア活動に関心のある方々が、ボランティア活動に一歩踏み出せるように応援する講座を開催します。
また、すでにボランティア活動をされている方々も大歓迎です!


◇「何か自分に出来ることはないかな?」
◇「ボランティアについて、学びたいなぁ」
とお考えの皆さん、ふるってご参加ください。
                    ☆障害者疑似体験も行います☆


詳細は下記のとおりです。
【日 時】 11月30日(木) 午後1時30分〜3時30分
【場 所】 堺市美原区役所3階302会議室
【参加費】 無料
【定 員】 40名
【主 催】 堺市社会福祉協議会美原区事務所
 
お申し込みは、チラシをご覧いただき、社協美原区事務所まで!
電 話 072−369−2040
FAX 072−369−2060
メール mihara@sakai-syakyo.net


イメージ 1

この記事に

10月4日(水)13:30〜
美原区役所にて第4回『介護ビギナー(初心者)教室』を開催しました。
 今回の参加者は併せて13名でした。

 1つ目の講義は、大阪府歯科衛生士会 歯科衛生士の山田ますみ氏に
よる「おいしく食べるために今から始める口腔ケア」です。口腔ケアの大切さやポイントなど大きな歯の模型も持って来ていただき、お話していただきました。内容も分かりやすく、もっと聞きたいとの意見がでました。
 実践では2人ペアでの歯磨きでした。ちょっと緊張しながら、相手の気持ちを理解しあいながらお互い磨きあいました。
 
イメージ 2


 
 2つ目の講義は、キユーピー株式会社 鈴木伸夫氏による「食べやすく
おいしくやさしい介護食」でした。
 咀嚼や嚥下機能、おいしく食べる工夫等のお話の後に、介護食品の試
食を行いました。固形の物からスープ状の物までを順に試食しました。
「いくらするの?」「どこで売ってるの?」などたくさんの質問も出ていました。
 
イメージ 1

 
次回の第5回「介護ビギナー(初心者)教室」は、10月18日(水)の開催です。
 

この記事に

開く コメント(0)

 9月27日(水)13:30〜、美原区役所にて第3回『介護ビギナー(初心者)教室』
を開催しました。
 ちょっとお天気が悪かったのですが、   11名の方が参加されました。

 1つ目の講義は「森クリニック」看護師の武田寿子氏による「いつまでも住み
慣れた場所で暮らすために」でした。高齢者の身体の変化や疾病について、
高齢女性の事例をあげてわかりやすくお話しいただけました。
 
イメージ 4



  又、今回は武田氏がたくさんの栄養補助食品や経口補水液などを持って来て
くれました。参加者で「これ飲みやすい」「これ食べやすい」「あまーい
「お薬っぽい」などと言いあいながら試食タイムにしました。
 家族さんが使っている補助食品もあり「家族に飲むように言っていたけれど
こんなに甘いとは思わなかった」とのご意見も
 補助食の好みは人によって違い「こっちの方が良い」と意見が分かれてい
ました。

イメージ 1



 続いて「薬剤師さんに聞いてみよう!高齢者とお薬」の講義でした。
「ラポール美原薬局」薬剤師の中野智憲氏より、お薬の実験もまじえて服薬
正しい知識として副用や飲み合わせ、お薬手帳の活用等教えていただき
した
 薬はひとりひとり違うので、担当の薬剤師に相談してくださいとの事でした。
 
イメージ 2



 最後に2班に分かれてグループワークを行いました。グループワークには、
介護の専門職のスタッフだけでなく、引き続き中野氏や薬剤師の実習生
一緒に入ってもらえたのでお薬の質問にも答えていただけました。
 講義のお話だけでなく、心配事なども皆さん話されていました。
 残念ながらまたまたお話の時間は足りなかったそうです

イメージ 3



介護ビギナー教室は今回で半分を終えました。
 

この記事に

開く コメント(0)

9月10日(日曜日)美原西校区(北余部地区)では、自治会主催による「北余部ふれあい喫茶」が開催されました。


イメージ 1

イメージ 2

記念すべき第1回目となる喫茶には、約70名の方が来られ、世間話に花を咲かせ大賑わいとなりました。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

会場には、お揃いのエプロンを身にまとったスタッフの方々が笑顔で出迎えてくれます。

メニューは「ホットコーヒー」「アイスコーヒー」「ホット紅茶」「アイス紅茶」「ジュース」の中からお好きなものと、「お菓子」が付いて100円となります。


イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

この催しについて、当面は月1回のペースで実施され、北余部地区自治会の各種団体のメンバーが担い手となり実施されます。次回は10月15日(日曜日)に開催予定となっています。地域の皆さんが、ほっと一息できるふれあいの場「北余部ふれあい喫茶」を応援しています。


この記事に

開く コメント(0)



【美原基幹型包括支援センター】第2回 美原区介護ビギナー(初心者)教室 記事をクリップするクリップ追加
 9月10日(日)9:30〜、特別養護老人ホーム美原荘 デイルームにて
第2回『介護ビギナー(初心者)教室』を開催しました。
 今回は10名の参加者です。「安全な起こし方・移乗・移動の介護技術」を学びグループワークを
おこないました。既に受講が2回目の方も多く、初めて参加の方も交えて、皆とても打ち解けてたく
さんお話もできたのではないかと思います。
 
 美原荘の介護職員の仲村氏の講義やVTRを見てもらってから、2人1組となり介助する側と介助
される側を交互に体験されました。仲村氏によると、介護技術はひとりひとり違うのですぐに上手に
することはとても難しいけれど、介助される方の持っている力を大事にして「自立支援」「待つ介護」
をめざしてくださいとの事でした。そして何よりも、介護する自分自身を大切にして「安全・安楽」な
介護ができるように、身体のメカニズム(ボディメカニクス)を知るだけではなく、腰ベルトを始め色々
な補助用具があるので利用してくださいとの事でした。


 ベッドでの起き上がりは、力任せではなくちょっとしたコツを知ることで、負担が少なくスムーズに
介助できることを実感されました。
 皆さん真剣で、講師にたくさん質問もされていました

 
イメージ 1

 秋晴れの中、車いすで美原荘の敷地内を散策しました。
車いすの取り扱いは思ったよりも難しくて、上り坂、下り坂、段差など皆さん四苦八苦されて
いました 
自分で車いすを運転もしてみて、「坂道はひとりでは難しい」と普段使われている方の大変さ
に感服されていました。
 
イメージ 2

 
 最後に2班に分かれてグループワ−クを行いました。
皆さん真剣に、「わかっていても実際には難しい」など介護の大変さや、今回この教室に
申し込んだ動機などを話されていました。
まだまだ話をしたかったのですが、残念ながら途中で時間がきてしまいました。
 
イメージ 3


 
   次回の第3回『介護ビギナー(初心者)教室』は、9月27日(水)に開催いたします。
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1


イメージ 6
 
 8月19日()、さつき野校区自治会主催の夏まつり(盆踊り大会)が開催されました。
 毎年、地域の子どもから大人まで幅広い世代の方々が集い、楽しいひとときを過ごされています
 
 昨年まで『さつき野校区福祉委員会』としてのブースはありませんでしたが、
「福祉委員会としても模擬店を出し、もっと福祉委員会のPRをしていきたい。 いきいきサロンやふれあい喫茶などの参加者の方々が気軽に立ち寄れる場をつくりたい。」という福祉委員会の方々の思いから、福祉委員長さんの働きかけで、今年初めて『さつき野校区福祉委員会』としてブースをいただき、かき氷の模擬店を出店されました(≧∇≦) 

 かき氷は、子どもたちに大人気で浴衣を着た可愛らしい子どもたちがたくさん買いにきてくれて、あっという間に完売しました


イメージ 2

 日が暮れてくると盆踊りが始まり、保存会の方など浴衣を着た皆さんを中心に踊られ、会場が一体となって盛り上がりました(^^

 さつき野夏祭りに関わられたスタッフの皆さん、お疲れさまでした。


イメージ 3


イメージ 4

 毎年夏祭りで、さつき野ひよこクラブさんが、紙でできた御神輿を持って会場をまわられていますが、今年は福祉委員長さんがかっこいい御神輿を作ってくださいました。

 会場でも大人気で、皆さんとても喜ばれていました(*´∪`*)

 手作りの御神輿は、社協美原区事務所に飾っています。お近くに来られた際にはぜひお立ち寄りください


イメージ 5
                                                  現在は窓際に飾っています。

この記事に


8月30日(水)13:30〜、美原区役所にて第1回「介護ビギナー(初心者)教室」を開催しました
 「介護ビギナー(初心者)教室」とは、高齢者を介護しているご家族や、介護に関心のある方などを対象に、介護の方法や介護予防、介護者の健康づくりなど、介護の基本的な知識や技術について8月〜11月にかけて6回シリーズで学ぶ教室です。毎年開催し、今年で5回目となります。
 今回は30歳代〜80歳代と幅広い年齢層の方  14名の参加がありました。
 スタッフメンバー紹介の後、1つ目の講義は、美原基幹型包括支援センター 田中主任ケアマネジャーによる『知っているようで知らない介護保険』の講義でした。 寸劇も交えたわかりやすい説明で、初めての方もよく理解できたと思われます。
 続いて、美原第1地域包括支援センター 澤野社会福祉士による『高齢者を守る制度を知ろう』の講義でした。消費者被害や高齢者虐待など、難しい内容でしたが,こちらも寸劇を交えて身近な問題として学んでもらいました。
 
イメージ 2


 その後『加齢によるカラダの変化を体験してみよう』では、美原基幹型包括支援センター 本吉保健師からの「加齢に伴う身体変化の説明」を聞いていただいた後、実際にシミュレーターを装着して 高齢期疑似体験 を行いました。
 ①視覚・聴覚体験、②円背(五十肩)体験、③ひざ関節拘縮・内反尖足体験で、高齢期の身体機能を身をもって感じていただきました。
 周囲の見づらさや、首の上がらないことや歩きにくさなどの、身体の動きにくさを実際に体験していただいて、「苦しさがわかった」、「まわりに気をつけないと」や、「実際のつらさや痛みはわかっていないので、思いやりをもって理解していきたい」などの、やさしいご意見をいただきました。
 
イメージ 1

イメージ 3
 


次回の第2回「介護ビギナー(初心者)教室」は、9月10日(日)に開催します。
 
 

この記事に

開く コメント(0)

 7月30日(日)八上校区福祉委員会主催「夏のつどい(世代間交流)」が美原こども館やかみにて開催されました。

 美味しそうな“綿菓子”入館前にいただきます(●^o^●)

イメージ 1
 
  館内では
“回転ダーツ”
イメージ 2

“スマートボール”
イメージ 3

“ねらってペットン”
イメージ 4

“輪投げ”
イメージ 5

“うちわづくり”
イメージ 6

“スライム”
イメージ 7


 屋外では
“スーパーボールすくい”
イメージ 8

“かき氷”
イメージ 9

     暑いなかでも涼しさを感じますね。


イメージ 10
 スタッフのみなさんは子ども達の笑顔を楽しみに準備されたと思います。
 ありがとうございました!(^_^)

この記事に

開く コメント(0)

7月23日(日)平尾校区福祉委員会主催「夏のつどい(世代間交流)」が美原こども館ひらおにて行われました。

イメージ 1


暑いなか、スタッフのみなさんが楽しみにしている子ども達のため準備されました
(^^
 
《ゲームコーナー》

楽しいけど真剣になってしまいますね。

“1円玉落とし”
イメージ 2

“輪投げ”
イメージ 3

“だるま落とし”
イメージ 4

“スーパーボールすくい”
イメージ 5

“動物ゴルフ”
イメージ 6

《手づくりコーナー》

“うちわ”
イメージ 7

“スライム”
スライムの何とも言えない感触に、子どもたちも興味津々ですよ。
イメージ 8

イメージ 9
 
楽しい交流の時間を過ごされたと思います(*´∪`*)
スタッフのみなさんお疲れ様でした!

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事