堺市社会福祉協議会 美原区事務所のブログ

堺市美原区の地域活動・ボランティア活動等をご紹介しています!!
  平成30年1月27日(土)10時から14時30分まで美原総合福祉会館1階において、「第4回 区民と楽しむ 美原ボランティアまつり」が開催されます。
(主催:美原区さかいボランティア連絡会 共催:社協 美原区事務所)

イメージ 1

イメージ 2

  この催しでは、美原区さかいボランティア連絡会11グループが集い、「カントリーダンス」などのステージ発表や「絵手紙作り」などの体験、フリーマーケットも行われ、大人から子どもまで楽しめる内容となっています。
  また、平成30年1月19日から26日まで、美原区役所本館1階風の広場にてパネル展も開催され、美原区さかいボランティア連絡会の活動内容を紹介しています。
 
ご家族やご友人と一緒にご参加ください。

この記事に

今年度も11月中旬から12月の上旬にかけて、校区福祉委員会主催の
「世代間交流」(わくわくカーニバル)が美原区のこども館3カ所で実施されました。
 
※「世代間交流」とは、校区福祉委員会のスタッフと小学生などがゲームを通じてふれあい、コミュニケーションを図ることで世代を越えたつながり、交流の場となっている地域活動です。
 
〈美原北校区〉
11月25日(土)13:30〜「美原こども館きた」にて約80名の子ども達が集まり、
ゲームを楽しんでいました。
 
それでは、その様子をご覧ください。
イメージ 1

イメージ 2


<スマートボール>
イメージ 3


<ビー玉つかみ>
お箸を使い、お皿に入ったビー玉を別のお皿に何個移せるか時間制で競います
イメージ 4


<引いてポン>
手作りのパチンコを使い、5回打ち的に当たれば得点になります
イメージ 5


<サイコロ1出し>
サイコロを3回投げ、1の数字を何回出せるか競います
イメージ 6


<ミニバスケット>
イメージ 7


<手作り教室(ヒヨコのポンポン人形)>
イメージ 8

イメージ 9

<おみやげ>
おみやげに、おもちゃの詰め合わせを頂きました
イメージ 10

イメージ 11

 
子ども達は、どのゲームに対しても一生懸命に取り組み楽しい思い出となったことでしょうね!

〈八上校区〉

11月26日(日)13:30〜「美原こども館やかみ」にて世代間交流が開催されました。

 

手作りコーナーのバルーンアートは、福祉委員会の方々が事前に準備され、剣や犬を子どもたちと一緒に作り、大人気でした☆

 

それでは、その様子をご覧ください。

イメージ 12

イメージ 13


ゲームを楽しみました。

<引いてポン>
イメージ 14

<ミニバスケット>
イメージ 15



美原西校区〉
12月2日(土)13:30〜「美原こども館いわき」にて約100名の子ども達の参加がありました
 
それでは、その様子をご覧ください。
イメージ 16


<スマートボール>
イメージ 17


<ビー玉つかみ>
イメージ 18

<引いてポン>
イメージ 19

<サイコロ1出し>
イメージ 20

<ミニバスケット>
イメージ 21

<手作り(紙皿をベースに作ったサンタクロース)
イメージ 22

イメージ 23

<参加賞はお菓子の詰め合わせが用意されました>
イメージ 24


 

今回の世代間交流も、「福祉推進委員」「民生委員児童委員」の皆さんと「こども館のスタッフ」の協力があり、子ども達も楽しい一時を過ごせたと思います。皆さん本当にお疲れ様でした。

この記事に

11月30日(木)、美原区ボランティアオリエンテーション講座を美原区役所にて開催し、受講者やボランティア相談員など合わせて15名の方々が参加してくださいました。

 この講座は、「ボランティア活動をしたいが、自分にできることはあるのかな」「一人では不安、一緒にできる仲間やグループはないのかな」など、ボランティア活動に関心がある方へのオリエンテーション(方向づけ)のきっかけにして頂くものです。

イメージ 1


最初のプログラムは、アイマスク体験からです。2人ペアで、1人の方は手引き者(誘導者)。もう1人の方が視覚障害のある方を交互に体験して頂きました。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

次に、社協職員からボランティアの基本的な考え方や強みなどをお話しさせて頂き、ボランティア相談員さんからは、ご自身のボランティアを始めたきっかけや、やりがいなどについてお話し頂きました。
娘の結婚を機に、ボランティア活動に取り組み、子育てボランティアや耳の不自由な方に文字で伝える、要約筆記ボランティアなど経験。人として人間として自分も成長していきたいという思いで、ボランティア活動を続けてきて、様々な人との出会いがあり、共感できる仲間がたくさんできた。」と言うお話に、受講された方々も熱心に聞いておられました。また、アンケートでは「とても感動した」とのご意見を頂きました。

イメージ 5


続いて、2グループに分かれて、ボランティア相談員が進行役となり、自己紹介から始まり「ボランティアをしてみようと思ったきっかけ」や「どういった活動に興味があるのか」など、お話しをして頂きました。

イメージ 6

ボランティア相談コーナーでは、ボランティア活動に関する様々な相談にお答えしています。お気軽にお越しくださいね。

この記事に


11月28日(火)、美原高校の皆さんがペットボトルキャップを集められたということで社協美原区事務所に持ってきてくださいました。

イメージ 1

持って来られた6名の生徒さんに、ペットボトルキャップのリサイクルの仕組みをお伝えし、70ℓポリ袋で6袋分のキャップを今回お預かりしました。

イメージ 2

  堺市社協では 「リサイクル募金推進連絡会」 の活動に賛同し、ペットボトルキャップの回収に協力させていだだいています。
  お預かりした物は、「リサイクル募金推進連絡会」に託し、ペットボトルキャップをリサイクル資源として換金して被災地への義援金等として寄付されています。
  皆さんが集められたペットボトルキャップは、社会にとって大きな力となっています。

美原高校の皆さんいつもご協力を頂き、ありがとうございます。







この記事に

 11月12日(日)、午前9時30分から11時30分まで、黒山小学校体育館において「ミニ運動会(世代間交流)」が開催されました。
 黒山小学校の児童と幼児を合わせた105名の子どもたちと、福祉推進委員、民生委員児童委員、自治連合会、PTA等42名がスタッフとしてミニ運動会(世代間交流)に参加され、交流を深めました。
 最初に、黒山校区福祉委員会を代表し三百田委員長から開会の挨拶がありました。
 
イメージ 1


イメージ 2

 
 最初に、1分間じゃんけんからスタートです。1分間でたくさんの人とじゃんけんし、勝った数の多さで勝敗が決まります♪
 
イメージ 3


イメージ 4

 
 次に、子どもたちに喜んで頂こうと、美原文化会館でHIPHOPダンスを指導しているPOBU DANCE STUDIOの皆さんをお招きし、今はやりのHIP HOPダンスをグループに分かれ体験しました♪
 
イメージ 5

イメージ 6

 
 体験した後は、POBU DANCE STUDIOの皆さんのかっこいいダンスを拝見しました♪
 

イメージ 7

 
続いて、紅白2チームに分かれミニ・運動会が行われました♪
 
運動会の定番、玉入れ
 
イメージ 8

イメージ 9

 
ボール運びリレー。バトミントンのラケットの上にボールを乗せ、バランスをとりながら競争します♪
 
イメージ 10


フラフープリレー。2人一組になり、輪の中に入り行われました♪
 
イメージ 11

 
目かくしリレー。2人一組になり、1人がアイマスクをしもう1人が介助者となり、手をつなぎ行われました♪
 
イメージ 12

 
以上、紅白の2チームに分かれ4種目で競技が行われ、今回は紅組が勝利しました。
白熱のレースでしたが、みんな本当に一生懸命頑張っていました。
 
勝った紅組から順番に、豪華賞品(5色ボールペンセット・ノート)が子どもたちに手渡されました。負けた白組にもう同じく豪華賞品が手渡されました。
 
イメージ 13

イメージ 14

 
楽しい時間もあっという間にすぎさり、大人から子どもまで笑顔の絶えない世代間交流となりました。
 
次回の黒山校区福祉委員会主催の世代間交流は2月に予定されています。スタッフの皆さん本当にお疲れ様でした。

この記事に

 11月1日(水)13:30〜
美原区役所にて第6回「介護ビギナー(初心者)教室」を開催しました。
8月30日から始まり、今回が最終回です。
 
今回の参加者は   14名
 最初に「認知症サポーター養成講座」を行ないました。
この講座は認知症についての正しい知識と理解を持ってもらい、認知
症の人やその家族を、温かく見守り支援する「認知症サポーター(応援者)」を増やすことで、認知症になっても安心して暮らせるまちづくりを
目ざしていくことを目的としています。
 皆さんには、認知症サポーターの証である「オレンジリング」をお渡
ししています。
 
イメージ 3




 次に、「介護者の方へのメッセージ〜がんばりすぎない介護〜」
堺市老人介護者家族の会の玉井会長から 実体験による介護を続ける
秘訣を教わりました。

イメージ 2


 

  最後に閉講式を行いました。
堺市社会福祉協議会事務所長より、6回全て参加された9名の人に
「修了書」をお渡ししました。3ヶ月ご参加お疲れ様でした。 
 
イメージ 1

 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

11/30 美原区ボランティアオリエンテーションを開催します。 

◇「ボランティアって、どんなこと?」
◇「仕事や子育てが一段落。何かはじめたい!
そんなボランティア活動に関心のある方々が、ボランティア活動に一歩踏み出せるように応援する講座を開催します。
また、すでにボランティア活動をされている方々も大歓迎です!


◇「何か自分に出来ることはないかな?」
◇「ボランティアについて、学びたいなぁ」
とお考えの皆さん、ふるってご参加ください。
                    ☆障害者疑似体験も行います☆


詳細は下記のとおりです。
【日 時】 11月30日(木) 午後1時30分〜3時30分
【場 所】 堺市美原区役所3階302会議室
【参加費】 無料
【定 員】 40名
【主 催】 堺市社会福祉協議会美原区事務所
 
お申し込みは、チラシをご覧いただき、社協美原区事務所まで!
電 話 072−369−2040
FAX 072−369−2060
メール mihara@sakai-syakyo.net


イメージ 1

この記事に

10月4日(水)13:30〜
美原区役所にて第4回『介護ビギナー(初心者)教室』を開催しました。
 今回の参加者は併せて13名でした。

 1つ目の講義は、大阪府歯科衛生士会 歯科衛生士の山田ますみ氏に
よる「おいしく食べるために今から始める口腔ケア」です。口腔ケアの大切さやポイントなど大きな歯の模型も持って来ていただき、お話していただきました。内容も分かりやすく、もっと聞きたいとの意見がでました。
 実践では2人ペアでの歯磨きでした。ちょっと緊張しながら、相手の気持ちを理解しあいながらお互い磨きあいました。
 
イメージ 2


 
 2つ目の講義は、キユーピー株式会社 鈴木伸夫氏による「食べやすく
おいしくやさしい介護食」でした。
 咀嚼や嚥下機能、おいしく食べる工夫等のお話の後に、介護食品の試
食を行いました。固形の物からスープ状の物までを順に試食しました。
「いくらするの?」「どこで売ってるの?」などたくさんの質問も出ていました。
 
イメージ 1

 
次回の第5回「介護ビギナー(初心者)教室」は、10月18日(水)の開催です。
 

この記事に

開く コメント(0)

 9月27日(水)13:30〜、美原区役所にて第3回『介護ビギナー(初心者)教室』
を開催しました。
 ちょっとお天気が悪かったのですが、   11名の方が参加されました。

 1つ目の講義は「森クリニック」看護師の武田寿子氏による「いつまでも住み
慣れた場所で暮らすために」でした。高齢者の身体の変化や疾病について、
高齢女性の事例をあげてわかりやすくお話しいただけました。
 
イメージ 4



  又、今回は武田氏がたくさんの栄養補助食品や経口補水液などを持って来て
くれました。参加者で「これ飲みやすい」「これ食べやすい」「あまーい
「お薬っぽい」などと言いあいながら試食タイムにしました。
 家族さんが使っている補助食品もあり「家族に飲むように言っていたけれど
こんなに甘いとは思わなかった」とのご意見も
 補助食の好みは人によって違い「こっちの方が良い」と意見が分かれてい
ました。

イメージ 1



 続いて「薬剤師さんに聞いてみよう!高齢者とお薬」の講義でした。
「ラポール美原薬局」薬剤師の中野智憲氏より、お薬の実験もまじえて服薬
正しい知識として副用や飲み合わせ、お薬手帳の活用等教えていただき
した
 薬はひとりひとり違うので、担当の薬剤師に相談してくださいとの事でした。
 
イメージ 2



 最後に2班に分かれてグループワークを行いました。グループワークには、
介護の専門職のスタッフだけでなく、引き続き中野氏や薬剤師の実習生
一緒に入ってもらえたのでお薬の質問にも答えていただけました。
 講義のお話だけでなく、心配事なども皆さん話されていました。
 残念ながらまたまたお話の時間は足りなかったそうです

イメージ 3



介護ビギナー教室は今回で半分を終えました。
 

この記事に

開く コメント(0)

9月10日(日曜日)美原西校区(北余部地区)では、自治会主催による「北余部ふれあい喫茶」が開催されました。


イメージ 1

イメージ 2

記念すべき第1回目となる喫茶には、約70名の方が来られ、世間話に花を咲かせ大賑わいとなりました。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

会場には、お揃いのエプロンを身にまとったスタッフの方々が笑顔で出迎えてくれます。

メニューは「ホットコーヒー」「アイスコーヒー」「ホット紅茶」「アイス紅茶」「ジュース」の中からお好きなものと、「お菓子」が付いて100円となります。


イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

この催しについて、当面は月1回のペースで実施され、北余部地区自治会の各種団体のメンバーが担い手となり実施されます。次回は10月15日(日曜日)に開催予定となっています。地域の皆さんが、ほっと一息できるふれあいの場「北余部ふれあい喫茶」を応援しています。


この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事