堺市社会福祉協議会 美原区事務所のブログ

堺市美原区の地域活動・ボランティア活動等をご紹介しています!!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 9月26日(水)13:30〜、美原区役所にて第3回『介護ビギナー(初心者)教室』
を開催しました。
 ちょっとお天気が悪かったのですが、   13名の方が参加されました。

 1つ目の講義は「森クリニック」看護師の武田寿子氏による「いつまでも住み
慣れた場所で暮らすために」でした。高齢者の身体の変化や疾病について、
高齢女性の事例をあげてわかりやすくお話しいただきました。
  又、栄養補助食品の試食も持ってきていただき、皆で試してみました
先生によると、ゼリーは健康保険の対象にならないけれども、人気なのだとか
イメージ 1

 続いて「薬剤師さんに聞いてみよう!高齢者とお薬」の講義でした。
「ラポール美原薬局」薬剤師の中野智憲氏より、お薬の実験もまじえて服薬
正しい知識として副用や飲み合わせ、お薬手帳の活用等教えていただき
した
 かかりつけの薬剤師にしっかりと相談し、正しく服薬する大切さを実感しました。
 
イメージ 2


 最後に2班に分かれてグループワークを行いました。グループワークには、包括職員だけでなく、なんと講義後の看護師の武田氏、薬剤師の中野氏と、おまけに見学に来てくれていた「ロータス薬局」の薬剤師の喜田氏も、3人の薬学の実習生も一緒に入ってもらて皆さんのたくさんの質問に、とても丁寧に答えていただけました
先生方ありがとうございました。





介護ビギナー教室は今回で半分を終えました。
9月9日(日)9:30〜、特別養護老人ホーム美原荘 デイルームにて
第2回『介護ビギナー(初心者)教室』を開催しました。
 台風の被害に遭われた方もあり、当日は雨でしたが、
16名の方に参加してもらいました。
テーマは「安全な起こし方・移乗・移動の介護技術」

 美原荘の介護職員の仲村氏の講義とVTRでとてもわかりやすく、
「ああそうか」と納得できるものだったと思います。
 
実技は2人1組となっての
 ・立ち上がり
 ・ベッドでの起き上がり
 ・車イスでの移動
です

仲村氏によると、介護技術はひとりひとり対応が違うので
すぐに上手にすることはとても難しいけれど、
介助される方自身の持っている力を大事にすることや、
身体のメカニズム(ボディメカニクス)知って、
介護する側もされる側も無理せずに、
お互い安心して安全に対応できることが大事とのことでした。


【ベッドでの起き上がり】
 ベッドでは片麻痺の方を想定しての起き上がりです。
 起き上がりの時に注意することやコツを教えてもらうとともに
 「声かけの大切さ」
 「相手の目をみて笑顔で接すること」
介助が「安心」「安全」に「スムーズ」に行なえることを
教えてもらい実際におこなってみた所、みなさん
「とっても声掛けが上手く」びっくりでした。
イメージ 3


【車イス体験】
 雨でしたが、丁度晴れ間が出て、車いすで美原荘の敷地内の散策が
できました。
 車いすは上り坂、下り坂、段差を体験。
 ちょっとした段差でもコツがいりますが、皆さんこれもしっかりと
声掛けをしていただき、乗る方に安心してもらうようにめざしました 
イメージ 1
 
 
【グループでの意見交換】
最後に3班に分かれてグループワークを行いました。
皆さん熱心で、たくさん質問もされていました
イメージ 2
 

   次回の第3回の『介護ビギナー(初心者)教室』は
  9月26日(水)に開催します
             
             次回のテーマ 「いつまでも住み慣れた場所で暮らすために」
                            「薬剤師さんに聞いてみよう!高齢者とお薬」
イメージ 1

9月9日(日)、第6回目の『やかみっこキッチン』が行われました。
 今まで、八上小学校で開催されていましたが、今回から『東大饗公民館』にお引っ越しです(^^
 「子どもたちが地域の中で、ほっとする居場所づくりはできないものか、もっと気軽に来られる場になれば」とスタッフの方々の思いにより、東大饗自治会さんや地域の方々にご協力いただいて、今回より東大饗公民館を貸してもらうことになりました☆
 
 当日は18名の子ども達が参加し、
スタッフの方が準備されたぶんぶんゴマや、  プリントなどをして自由に過ごしたあと、地域の方々も一緒にみんなでお昼ご飯です(o^^o)

イメージ 2

 
 この日のメニューは、『野菜いっぱいスープ、そぼろ丼』です。
 今回も美原朝市の皆さんや、地元の農家さんからいただいたお野菜をいっぱい使わせてもらっています
野菜いっぱいスープは、最初なかなか箸が進まない子もいましたが、食べ始めると「おいしいー」と残さずしっかり食べてくれました(*´∇`*)
 
 この日は、八上校区民生委員児童委員会の方々を始め、他校区の地域役員さんなど多くの方々がお越しくださり、たくさんサポートしていただきました。
そして、見学に来られていた農芸高校の先生と生徒さんも、急遽お手伝いしてくださいました
皆さん本当にありがとうございました(^_^)

イメージ 3

 
 最後に、子ども達にお土産として小さな懐中電灯が配られ、
停電した時にペットボトルを一緒に使えば、さらに明るく周りを照らすことができる方法をスタッフの方が伝えていました。
 先日の台風で停電にあい、怖い思いをした子も多くいたため、今後同じようなことがあった時に子ども達に使ってもらえればとスタッフの方の思いで、今回プレゼントすることになりました(^^♪
 皆さんの温かい思いや心遣いがいっぱい感じられた『やかみっこキッチン』でした
【高齢期疑似体験 『加齢によるカラダの変化を体験してみよう』】

8月29日(水)13:30〜美原区役所にて
第1回「介護ビギナー(初心者)教室」を開催しました

 この教室は、高齢者を介護しているご家族や介護に関心の
ある方などを対象にしています。
 今年は8月29日〜10月31日の日程で計6回の教室を予定し
ており、介護の方法介護予防、介護者健康づくりなど、
介護の基本的な知識や技術について学びます。
 今年度はなんと!開催6回目となりました。

 8月29日の第1回目は30歳代〜80歳代と幅広い年齢層の方 
 20名の参加がありました。



【1つ目の講義】
美原基幹型包括支援センター 尾崎主任ケアマネジャーによる
『知っているようで知らない介護険』の講義でした。
 寸劇も交えたわかりやすい説明で、初めての方もよく理解
できたではと思われます。
イメージ 1

【2つ目の講義】
美原第1地域包括支援センター 澤野社会福祉士による
『高者を守る制度を知ろう』の講義でした。
消費者被害や高齢者虐待など、難しい内容でしたが、こちらも
寸劇を交えて身近な問題として学んでもらいました。


【高齢期疑似体験 『加齢によるカラダの変化を体験してみよう』】

イメージ 2

美原基幹型包括支援センター 多賀井保健師からの
「加齢に伴う変化の説明」の講義後、
実際にシミュレーターを装着しての 高齢期疑体験
おこないました。

①視覚・聴覚体験
②円背(五十肩)体験
③ひざ関節拘縮・内反尖足体験

 「白内障でものが見えづらくなったり」「腰や背中が曲がっ
てしまうことで歩きにくくなったりする」などの動きにくさを、
実際に体験して頂きました。
 アンケートでも「見えにくさにビックリ」や「思うように動け
ないことは大変」などの意見があがりました。


次回の第2回「介護ビギナー(初心者)教室」は、9月9日(日)に開催します。
 
 
この記事に
 
0
 
イメージ 1

 8月18日()、さつき野校区自治連合会主催の夏まつり(盆踊り大会)が開催されました。
 毎年、地域の子どもから大人まで幅広い世代の方々が集い、楽しいひとときを過ごされています☆

 櫓の下では、地域の方々によるフラダンスや、さつき野学園の生徒によるソーラン節や、吹奏楽の演奏などが行われていました。
 そして、『さつき野ひよこクラブ』と『かるがも親子応援隊』のコラボで、御神輿をみんなで持って会場内をまわりました(*´∀`*)
 御神輿は、福祉委員長さんが昨年作ってくださったもので、今年も大活躍です
 校区福祉委員会の皆さんも、子ども達やお母さん達と一緒に練り歩いて盛り上げておられ、
 子ども達からも笑顔がいっぱい見られました(*´∪`*)

イメージ 2

イメージ 3

 
 会場の周りには、各丁会・団体による食べ物やゲームコーナーなどのブースが出店されており、
 『さつき野校区福祉委員会』も、昨年よりかき氷の模擬店を出店されています
今年も大人気で、友達同士や親子連れ、いきいきサロンの参加者など多くの方々が買いに来られていました (≧∇≦) 

 

イメージ 4

 さつき野夏祭りに関わられたスタッフの皆さん、お疲れさまでした(^^


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事