全体表示

[ リスト ]

前回「人間ゲーム」をプレイした様子を書きましたが、

本来あれはきっと、
「お前そういう風に俺のこと見てたのか!」
「ひどい!普段はそんなん言わないのに!」
みたいなのを引き出して遊ぶゲームだと思うのです。


我々のように普段から罵りあっているメンバーでは
そういう本音引き出すような面白さは正直少ないです。
でも、終了後にこんな楽しみ方が出来ちゃいます。



とにかくバラエティ豊かなコンプレックスカード。


わーっと集めて…



みんなでそれぞれ押し付け合う。


イメージ 1


石井ちゃんには
「実家」「ガリガリ」「清潔感がない」「貧乏」など
可哀想系が集まりました。


歌って踊れる
ポップなアイドル漫才師のはずなのに…



みちかには勿論
「バカ」「低学歴」「漢字かけなさそう」など
頭弱い系カードたちが集結。

人狼をじんろうと読むってのを
覚えることからはじめよう。



私には…

イメージ 2


「食べ方が汚い」だの「酒癖が悪い」
あと色々…何系っていうか、
なんか小汚くて嫌な奴やん!!


浮かび上がる像がヤバすぎる。
20代女子でよかったね、って言われたよ。






萩野には少数精鋭チーム。

イメージ 3


つらい



仲西にはあまり物を押し付けたわけではなく、
自然とこれだけ集まりました。

イメージ 4


ただの悪口。



これだけ悪口集まると
なんかもう笑えてくるね。


あと、じわじわくる、といえば
カードの下部にある英語表記。
「おもしろくない」の
「not funny」がじわじわパンチあると評判。


芸人にとっては致命的すぎて、
抜いておこうとも言われています。



しかし、先日のゲーム中、
我々音速ハイセンスは
もっと致命的なカードおかれました。


イメージ 5



どうなのそれ



閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事