全体表示

[ リスト ]

池江泰寿調教師です。

イメージ 1

フサイチジャンクを管理している池江泰寿調教師です。今朝、フサイチジャンクは
岩田康誠騎手が手綱を取り、南馬場ウッドチップコースで追い切りました。
3頭併せで大きく先行する同厩舎のロックスピリッツ(古馬500万)、アルゴ(3歳未勝利)を6Fから追走。
直線では一杯に追ってロックスピリッツに2馬身、アルゴには10馬身先着しました。
調教時計は[6F77秒4−5F63秒9−4F50秒8−3F37秒7−1F12秒7一杯]と
長目から飛ばしたにも関わらず、好時計でまとめました。
最終追い切りでハードに追ったことについて池江泰寿調教師に話を伺いました。
 
「美浦のウッドチップコースは栗東に比べて、チップ(木片)が大きく、しかも表面が浅い。
栗東よりも走りやすいため、速い時計が出ますが、負荷が思ったほど、かかりにくい。
そのため、栗東と同じように追い切ると、馬が苦しいと思う前に、ゴールが来てしまいます。
今回はジャンクに苦しい思いをしてもらおうと、ウッドチップコースを2周回って追い切りました。
2周目に6Fから1F13秒台の平均的ラップで飛ばしていって、終いもビシッと追いました。
最後、苦しがったように「負荷」がかかった満足のいく調教ができたと思います」
と笑顔で答えてくれました。
「これで万全の状態でダービーに挑めます」と言葉にも力が入っています。

閉じる コメント(3)

顔アイコン

オークス3連単を的中させた謎の馬券師、福王氏が強くフサイチジャンクを、推してましたね〜。個人的には?なんですけど岩田康誠騎手は怖いですね。

2006/5/24(水) 午後 11:51 uma*6op*r* 返信する

顔アイコン

以外に皐月賞の着順とそんなに変わらないと思います。その前か間か後ろにメインとシェンクが入りそうな気がします。

2006/5/25(木) 午後 0:18 [ 北海道の競馬通 ] 返信する

“美浦トレセン記”でジャンクや池江調教師の紹介があるのに違和感がありますが(笑)池江寿調教師はヨーロッパの厩舎でも勉強した理論派,競馬界に新しい風を吹き込む期待の調教師ですね。ぜひ父親を超えてほしいですね!

2006/5/27(土) 午前 9:33 ばけん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事