LUPOの地球ぶらぶら紀行

地球をこよなく愛する産婦人科女医の多少マニアックな旅行記です

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

みなさん今晩は。日本は雪の連休だったみたいですね。
ロンドンは今週は先週より暖かい気がします。手袋無しでもいけます。

そして、週末にテス子さんにマドリードに連れて行ってもらいました!
スペインの太陽は冬でもまぶしく、昼間はコートが要らないくらいの陽気でしたよ。

マドリードは多分9年ぶりくらいで2回目。
イタリアに匹敵するくらいスペインが好きなのに、なぜか9年間訪れる機会がありませんでした。

ロンドンでは物価高と多忙のためしけた自炊生活を送っていたのですが、スペインでは狂ったように美味しいものを食べまくりました。

スペインからロンドンの病院に来ているジェントルマンのホセ君にお勧めのお店をばっちりきいて行ったので、味は折り紙つきでした。 レストラン、バル、カフェで、チョコラテとチュロス、イベリコ豚の生ハム、トルティーヤ、スープ、煮込み料理、などなど・・



ほんまいい天気で、マヨール広場やレティロ公園をウキウキで散歩しました。
マヨール広場で喜びのあまりスキップ&走り回っている私を、テス子さんはとてもほほえましそうに見守ってくださいました。



そして、圧巻は美術館めぐりでした。
日曜日はプラド美術館もソフィア王妃芸術センターも無料になるのですが、両方ともすごい見ごたえですよ。

ソフィア王妃芸術センターにはゲルニカを見に行ったようなもんなのですが、ちょうどパリからピカソのコレクションが山ほど来ていて、年代ごとにこれでもかと並んでいました。
ピカソほんまに好きなんですよ、私。
有名な絵、知ってる絵、お気に入りの絵が数え切れないくらいあり、息もつく間もありません。

そして、沢山の習作や関連モチーフ(子供の亡骸を抱いた母親のシリーズなど)を見た後、ゲルニカを見たときは涙が出てきました。
ピカソは本当に純粋な人で天才ですね。

プラド美術館でもベラスケスのラス・メニーナスを○がっちの解説(簡単に言うと視点の転換)を思い出しながら見入り、クレタ島で再会を誓ったエルグレコや、ゴヤ、ルーベンスなどを疲れてきたので流し見。

やっぱり印象派以降の絵画の方が好きな私。

地下鉄6駅分くらいは平気で歩きで往復してたら、道を覚えちゃいました。
次にどなたかマドリードへご一緒するときはご案内しますよ。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事