LUPOの地球ぶらぶら紀行

地球をこよなく愛する産婦人科女医の多少マニアックな旅行記です

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

みなさんこんにちは。こちらでの仕事はだんだん佳境に入ってきました。(私の中で)
最近ようやく英語が上達したかもと自分で思えるようになって、色んな人と深い会話が出来るようになってきました。これでもう一カ国語話せたら、世界中どこへでも同じキャラで生きていける気がします。

さて、久しく日記にはエロ教授もイケ面スペイン人も登場していませんが、彼らは私のロンドン生活を要所要所で彩ってくれています。

イケ面スペイン人Jesus君が同じフラットに住んでいたころは毎日ご飯を一緒に食べていたのですが、私が一時帰国している間に、彼はもっと良い部屋に引っ越してしまい、研究と言う名の雑用に追いまくられる日々となってしまいました。
なのでたまにしか彼と会うことはありません。

Jesusと言えば、かつて日記でもネタにしたように、10年つきあって昨年結婚した美人の嫁がいるのですが、嫁の彼への依存と束縛が強く、彼は長い間やっていけるのか不安がっていました。
(参照→http://blogs.yahoo.co.jp/mihyon0123/29131563.html

イケ面と離れて暮らす嫁はストレス溜まりまくりで、たまに会いに来た時には片時たりとも彼を離しません。
嫁がロンドンにやってきた週末に教授の家で大切なパーティーがあったのですが、彼は来ることが出来ませんでした。(ヨーロッパでは嫁を伴ってパーティーに来るのが普通)

依存と束縛は相手を疲れさせ、冷めさせることの方が多いですよね。
イケ面は人生に悩んでいました。
「僕は今、嫁とどうしようか迷っている。嫁には四六時中僕が必要だが、それは無理だし、僕にとってはそれは幸せではない。」
「子供でも作ってそっちに熱中してもらったら?」
「それも考えた。実際彼女も子供を望んでいる。でも、そうなると引き返せないのがネックなんだ。」
「まあそりゃ引き返しにくいだろうけど・・」
「こないだ、嫁が子供が欲しいと言うので、一度だけコンドーム無しでセックスしたんだ。その後、嫁には月経が来て妊娠はしなかったんだけど、それまで俺はなんてことをしちゃったんだ〜と後悔の日々だったよ。それが俺の気もちさ。」
「そうかあ。」
「こないだ教授がTTTSのレーザー(双胎間輸血症候群で、胎盤の吻合血管を焼いて二児の胎盤を分ける手術)の時に、どうせseparateするなら早い方がいい、と言ったのさ。それをきいて俺は自分の事を言われているように思ったんだよ。」
「どうせ離婚するなら早い方がいいと。」
「そう。嫁は美人で完璧に家事をこなすから、俺じゃない男と結婚するのが幸せなのさ。」

ふっきれた彼の行動は早く、すぐにスペインに渡って嫁と自分の家族に離婚の意向を伝えました。嫁は「あなたがいないと生きていけない。あなたの望む嫁に変わって見せるから、お願い別れないで。」と泣き落したり「絶対にあなたを説得して見せるから!!」と強く出たり。家族も考え直すように彼を説得しようとし、彼は辛い日々を送ったそうですが、それでも意志は変わらず、後は離婚届にサインをするのみという状態だそうです。

「それで奥さんは大丈夫なの?」
「ショックがっていたけれど、そろそろ俺に腹を立て始めるころじゃないかな。でも、1人の男以外に選択肢がないなんてバカなことを思っていた、とそのうち気づくよ。」
「ふ〜ん。どっちが悪いわけでもないもんね。合わなかっただけでさ。」
日本でもこういった依存嫁、束縛嫁(もしくはそれをもつ男性)を時々みかけますが、こんなにすっぱり離婚する例より、うんざりした旦那が他に女を囲う例の方が多い気がします。まあ、依存されるのが好きな男性もいるでしょうけど。

いやあそれにしても、イケ面に出会ったころはまさか彼が離婚するとは思わなかったなあ。私にとって既婚者は完全に対象外なのですが、いやはや何とも・・。
「これで僕は君のものさ、my true love。」「僕のガールフレンドになってよ」
などと冗談めかして私に言ったり、
「僕たちはずっと友達でいようね。友達は永遠だから」
と言ったり、どこまでが冗談なのかよくわからない発言をします。
イケ面は嫁以外の女性と付き合ったことのないマジメ君で、めちゃ良い奴です。とっても仲良くしていますが、私そのうち日本に帰っちゃうんだよね。二人で、さみしいさみしいと言っています。
でも、せっかくこっちで出来たベストフレンドだし、帰るまで友達でいるのがいいのだ。多分。

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事