LUPOの地球ぶらぶら紀行

地球をこよなく愛する産婦人科女医の多少マニアックな旅行記です

ロンドンの歩き方

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

みなさんこんにちは。今週末はお天気が良くてたくさんおでかけしました。ロンドンには海がないので、海を見にブライトンに行って来ましたよ。でも山はイギリスにはないんですよねえ。神戸人の私にとっては辛いです。

さてロンドンの週末と言えばマーケット。以前から何度かノッティングヒルのポートベローマーケットを紹介していますが、他にもちょこちょこマーケットに行ってみたのでご紹介します。

○カムデンロックマーケット Camden Lock Market
地下鉄Camden Town駅近く。
カムデン周辺については日本のガイドブックにはあまりのっていないのですが、こちらの外人たちがみんな「カムデンに行ったことがないなんて!!」と言うので行ってみました。
まあとにかくごちゃごちゃして薄汚いところという印象。カムデンロックマーケットは大きくて世界中から集まった民芸品や衣料品をはじめ、音楽関係の出店が多いです。あと、これまた世界各国の料理が食べられるので嬉しい。日本人は少なめ。
まあ私の好みではなかったですわ〜。

○オールドスピタルフィールズマーケット Old Spitalfields Market
地下鉄Liverpool St.駅近く。
屋根のある大きなマーケットで、普段は何でも売っているらしい。
行った日は日本のお祭りが開催されていて、たこ焼きやら焼きそばやら唐揚げやらお好み焼きやらなんでも売っていて、ものすごーく賑わっていました。食べたいものは沢山あったけど、列が長すぎて買えなかったです。涙
日本人が半分くらいを占めていたけど、イギリス人が着物を着たり太鼓を叩いたり、ゴスロリやガングロの格好をしたりしているのが面白かったです。
また開催して欲しいなあ。

○バラマーケット Borough Market
地下鉄London Bridge駅近く。金土開催。
食べ物のマーケット。ヨーロッパの食材が集まる。野菜・果物やキノコ、肉、魚など何でもあり。テス子さんと興奮しながらくまなく回って、食材を大量にゲット。トランペット茸など茸類はパスタにしようかと。スペイン食材店でチョリソを、ドイツ食材店ではザウアークラウトとソーセージを購入。あとトスカーナのオリーブオイル。(大量に消費するので)
日本ではとても高いフランスのチーズ、エポワスやモンドールがとっても安かったので帰国前に買おうかと思っています。
ちなみにキムチはなかった。泣

マーケットには観光客がたくさん来ていますが、日本人は少なめです。日本人観光客は滞在日数が少なめなのでマーケットまで来る時間がないのかなあ。
でも、住んでいる者にとってはなかなか楽しいです。

キッチン付きのアパートメントホテルに長めに泊まって、バラマーケットで買った食材を料理すれば、ネイティブな気分が味わえますよ♪

この記事に

開く コメント(4)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

みなさんこんにちは。ロンドンはすっかり秋です。9月でこの寒さ、あり得ません。ウールのニットに厚手のタイツを履いて過ごしているのですが、服を買い足さないと冬を生き延びられなさそうです・・

ぽつぽつ書いているロンドン観光案内ですが、友人などなどが渡英するまでに書ききれそうにありません。汗
とりあえず、観光したら必ずどっかに座って休憩したくなるので、カフェのチェーン店紹介をしようと思います。

イギリスと言えば紅茶の国というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。私もそう思っていましたし、実際に紅茶の葉を買うなら良いものが日本より安く買えます。しかも選び放題。
でも、街中でちょっと紅茶飲みたいな〜と思っても、適したお店は全然見つかりません。
そう、イギリスでは実はみんなコーヒーを飲んでいるのです。

ロンドンではいかにもブリティッシュな人はそんなに見かけなくて(多分英国紳士や淑女は行動範囲が違うから出会わない。クラシックコンサートの時にたくさん見かけるくらい)、完全に人種のるつぼです。かつての統治国から移住するのは比較的たやすいらしく、黒人、インド人はそこら中にいるし、香港出身の中国人も多いです。後はアラブ人がめちゃくちゃ多い。ハイドパークの辺りより西に固まってますね。かのハロッズ(ハイドパークの隣)もアラブ人に買われたし。後は南米人も東南アジア人も何でもいます。まるでニューヨーク。(そして私が住んでいる辺りは黒人地区で、専用の髪結い店がいっぱいあります。完全に「ブロンクス」。)

まあ、紅茶人口よりコーヒー人口の方が断然多いって話です。

日本でもおなじみのスターバックスですが、似たようなコンセプトのコーヒーチェーンが沢山あります。ロンドン中心部を歩いていたらそこここに発見できます。

以下、私のお気に入り順に紹介。
○カフェネロ(CAFÉ NERO
)イタリア人も認める本格派イタリアンコーヒーの店。ちょっとビターで大人の味。カプチーノがダブルエスプレッソで作ってある。試していないけど、チャイラテが美味しいらしいです。食べ物はスターバックスみたいな感じなので、軽食にはやや不向き。座りたい時に。

○イート(EAT.)
コロンビア人によるとここのコーヒー豆はコロンビア産らしい。エスプレッソが苦手な人にはここのフィルターコーヒーがおすすめ。カプチーノも美味しい。食べ物もそれなりにある。

○コスタ(COSTA)
病院に入ってるのでよくお世話になる。ネロよりもミルクが多め、すこしお子様な味なので、苦いのが嫌いな人に。

○プレタマンジェル(Pret-A-Manger)
コーヒー店だがサンドイッチなど軽食が美味しい。ロンドンでパブのご飯に飽きて適度な飲食店が見つからない時に。


ちなみにこっちでは(こっちでも?)コーヒー通はスターバックス嫌いです。私もな〜んかあそこのラテの後味がダメで。なんでこんなにお子ちゃまな味なんやろ、と思ってラテのエスプレッソをダブルにしてみたけどやっぱりダメでした。どうもミルクがダメみたい。
ああでもブラジル人の友達で一人スターバックス好きの子がいたな〜。

そして、やっぱり紅茶が飲みたい!という方へ。いくつか行ってみてお勧めしていいと思ったお店を紹介します。

○ヒギンズ(H.R.Higgins)79 Duke street(ボンドストリート駅近く)
コーヒーも美味しいが紅茶がとっても美味しい。小ぢんまりしていてホッとできる。量り売りで葉っぱも買える。

○フォートナム&メイソン(Fortnum&Mason) ピカデリーサーカス近く
言わずと知れた王室御用達の食品デパート。2階の雰囲気のいい喫茶で美味しい紅茶が飲める。食器が日本のフォートナム&メイソンと同じだった。

○ラデュレ(La Duree) ナイツブリッジにあるデパート、ハロッズの1階
パリのお菓子屋さんのロンドン支店。ケーキやマカロンも美味しくて雰囲気も良い・

ちなみに私は紅茶の葉っぱをヒギンズやフォートナム&メイソンで購入して自宅で淹れてます。外ではもっぱらカプチーノ。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

みなさんこんばんは。
先週は細かいことが重なってちょっとデプってましたが、今週になってだいぶ元気が出てきました。力づけてくれる周りの人たちに感謝です。

節約節約と言っていたけれど、せっかくロンドンなんだからエンジョイしないともったいない、節約なんてしてたらうつ病&栄養失調になる、と思いなおして、それなりに楽しむことにしました。

今日はロイヤルアルバートホールにBBCプレゼンツ、ウィーンフィルのコンサートを聴きに行ってきました。
ロイヤルアルバートホールでウィーンフィルでブラームス4番ですよあなた。
5日前にネットで発見した時にはすでに売り切れていたので、チケット売買のホームページで売りに出ているチケットを探して購入し、病院に速達で送ってもらいました。

やっぱり生はいいですねえ。演奏中に巨匠ズービンメータが指揮棒を落としてチェロのタマーシュヴァルガに拾ってもらってるところを見ちゃいましたよ。
今日は観客の熱気がすごくて、アンコールの時は指揮者も団員もノリノリでした。

ウィーンフィルはこのあと指揮者もろとも来日し、日本でコンサートをして回るみたいですが、日本の観客がおとなしかったらさみしがるとおもいますよ。行かれる方は是非熱い拍手を。

ロンドンに旅行される方でグルメに期待して来られる方は少ないのではないでしょうか。(実際わざわざ日本から食べに来るようなものはない)
晩餐の楽しみがなければ夜はつまらない・・、そんなことはありません。ロンドンは文化の都、芸術の都。
ライブ、コンサート、オペラ、バレエ、ミュージカル、スポーツなど、何でもあります。あなたがロンドンに滞在しているその日にも、必ずどこかで何かがやっています。絶対。

私はいつも「何かいいのないかな〜」とこんなホームページをチェックしています。

○ロイヤルアルバートホール
http://www.royalalberthall.com/tickets/default.aspx
ロック、クラシック、オペラなど何でもあり。サウスケンジントンにある由緒正しいホールで建物だけでも一見の価値あり。
トスカ、エリッククラプトン、ウィーンフィルを観ました。

○ロイヤルオペラハウス
http://www.roh.org.uk/booknow/calendar.aspx
バレエ、オペラなど。コヴェントガーデンにあり、ヴーヴクリコのでっかいシャンパンバーが入ってます。
バレエのシルヴィア、オンディーヌを観ました。今度Sleeping Beautyを観に行こうと思っています。

○ロイヤルフェスティバルホール
http://www.southbankcentre.co.uk/all-events
ロンドンフィルの本拠地ですが、いろいろやってます。
サウスバンクのおしゃれなエリアにあり。モダンで好きなホール。

○バービカンセンター
http://www.barbican.org.uk/general/event-calendar.asp
ロンドンシンフォニーの本拠地ですがいろいろやってます。
バービカンにあり。

いずれもホームページでチケットを予約・購入し「Box officeで受け取る」にすればチケット受け渡しの心配もありません。

ロックやポップのコンサートやスポーツなどはこのサイトで検索。
http://www.ticketmaster.co.uk/

ミュージカルはねえ。いっぱいあるんですが、正直ミュージカルあんまり好きじゃないんですよ。NYでオペラ座の怪人とレミゼラブルとマンマミーアを観ましたが、何かミュージカルって寒いじゃないですか。(好きな人ごめんなさい)
でも、こっちで友達に連れて行かれたPRISCILLAというミュージカルがめっちゃ良かったです。もう一回行きたい。
なので、何でもいいからミュージカルが観たい人は是非。
http://www.priscillathemusical.com/

ああ、なんかロンドンにいる喜びが沸いてきました。
今後も期待してください。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

みなさんこんばんは。ロンドンでさみしくてデプり気味のLUPOです。理由は大したことないことの集まりなんですが、フラットにネズミが出たとか、イケ面が引っ越しちゃってご飯を一緒に食べれなくなったとか、自分だけ暇とかいろいろです。
ロンドンに遊びに来てくれる人大募集です。

というわけで、ほったらかしてたロンドン観光案内シリーズ。
前回はテムズ川とビッグベン、バッキンガム宮殿というベタな観光案内だったのですが、今度はこれまたベタなノッティングヒルのポートベローマーケットからスタートです。

もしロンドンに土曜日に滞在することがあったら、どこかマーケットに行ってみて下さい。
美味しい食べ物が集まるバラマーケット、音楽マニアが集まるカムデンロックマーケットなども興味深いところなのですが、とにかく一番メジャーなところに行ってみたい、もしくはアンティークに少しでも興味があるなら断然ノッティングヒルのポートベローマーケットがおすすめです。

映画「ノッティングヒルの恋人」の舞台となったところですが、ロンドンの中でもとてもポッシュなエリアにあります。地図で言うとハイドパークの左上です。Notting Hill Gate駅を降りると「ポートベローあっち」という看板があちこちに出ていてすぐわかります。そして土曜日は人、人、人!
ポートベロー通りには屋台が沢山出ていますが、アンティークと言うより中古品としか呼べないものや、単なる土産屋がほとんどです。マーケットの空気を吸いたいだけなら、屋台や通りに面した雑貨屋を見て回ると気の利いたお土産を見つけることが出来るでしょう。クレープ屋やカフェで一休みすることも出来ます。また、「ノッティングヒルの恋人」の主人公が経営していたという設定だった本屋「Travel Book Shop」もあります。マニアックな旅行書ばかりで結構面白いですよ。

アンティークを本当に探したいならウナギの寝床のようなストールを一つずつ覗いてみましょう。銀器、クリスタル、陶器、宝石、コスチュームジュエリー、家具、時計、地図、洋服、レースなどなんでもあります。ものすごく高価なものもありますが、気軽に日常生活で使えるものを手に入れて、旅の思い出にするのもいいかも。

ちなみにアンティーク陶器に興味のある方は、Red LionというストールにあるOlympic Ceramicsというポートベロー随一の品ぞろえを誇るお店を覗いてみて下さい。(私が頻繁に通っているお店)

ポートベロー通りから東へWestbourne Groveという通りがあり、ポッシュなエリアらしくブティックが立ち並んでいるので帰りはそちらを歩くのもお勧めです。Daylesford Organicというオーガニックの食材&カフェがあり、一休み出来ます。

Notting Hill Gate駅からセントラルラインで西へひとつ行ってHolland Park駅で降りると、ホーランドパークという公園があります。さほど大きくない公園ですが、花壇ときちんとしたカフェがあってロンドン人お勧めの公園です。この中に京都庭園なるものがありますが、松が生えててちょっと燈篭がおいてあるだけという・・。そして何故か孔雀がいます。あれ、京都に孔雀いたかなあ。

Notting Hill Gate駅からセントラルラインで反対側にひとつ行ったQueensway駅で降りると、ハイドパークがあります。私がロンドンで一番大好きな場所です。ロンドンっ子が犬の散歩やらフリスビーやらサッカーやら思い思いに時間を過ごしている場所。池や川もあって、好きなだけ歩くことが出来ます。まっすぐ東に行ってマーブルアーチまで出てセルフリッジズのデパートで買い物をするもよし、南東へ斜めに突っ切ってナイツブリッジのハロッズで買い物をするもよし。

あれ、どっちでも買い物ですね、こりゃ。

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

夏休みを利用してロンドンやイギリスに旅行する知人が結構多いので、観光案内でもしようかと思います。

ベトナムから来た教授のお客さんが、「ロンドンの歩き方がわからない!バスやチューブ(地下鉄)の乗り方もわからないから案内して。」というので「どこに行きたいの?」と聞くと「ビッグベンとバッキンガム宮殿」と来たもんだ。「そんなら完全にツーリストのためのロンドンの歩き方を教えてあげるわ」ということで、丸一日を彼女のために割きました。

ロンドンが初めてで、とにかく観光名所を一日で回りたい!ショッピングもしたい!と言う人のための「ベタなロンドンの歩き方」を案内いたします。

スタート地点はテムズ川南岸にあるWaterloo駅。テムズ川に向かって歩いて行くとSouth Bankが見えてきます。South Bankはロンドンフィルハーモニックオーケストラの本拠地であるロイヤルフェスティバルホールを中心としてテムズ川沿いにレストランやショップが並ぶ総合施設です。テムズ川を見ながらカフェでのんびりすることも出来ますし、ショップでセンスあるロンドングッズを探すことも出来ます。

次にテムズ川沿いを左手(西)に歩いて行きましょう。週末なら川沿いの広場でイベントが催されていたり、大道芸人たちがずらっと並んでいたりする楽しい道です。しばらく行くとロンドンの新名所ロンドンアイとモダンアートの美術館テートモダンが見えてきます。
ロンドンアイは観覧車なのですが、17.5ポンド(為替によるが3000円くらい)とめちゃくちゃ高いです。ロンドンの街が一望できるらしいのですが、誰と歩いても「乗ったことある?」「ない」「乗る?」「高いからいいわ」という会話が繰り返され、未だ乗ったことはありません。でも、いつ見ても並んでますよ〜。
また、同所からテムズ川クルーズの船も出ています。が、日焼けしますよ。

ほどなくしてウェストミンスターブリッジにたどり着きます。すぐに分かります。観光客がうじゃうじゃいますから。川の向こうにはロンドンのシンボル、ビッグベンと国会議事堂が見えます。橋を渡ってビッグベンを見上げると、後ろにウェストミンスター寺院があります。

そこから歩いてすぐのところにかのバッキンガム宮殿があります。正直なところ柵の向こうに見える比較的地味な建物なのですが、二日に一度行われる衛兵交代の時間には観光客がわんさか集まって歩くのも難しい状態に。私が通りかかった時は黒い帽子に赤い服の兵隊さんたちが柵の中で吹奏楽を演奏していました。聞こえてきた曲はなぜか「ロッキー」・・。あれってアメリカの映画ですよね?
バッキンガム宮殿前で人酔いしたら、隣接するグリーンパークを通ってピカデリー通りに出ましょう。芝生で日向ぼっこするロンドンっ子たちを見ながら木陰を歩くと、都会のど真ん中にいることを忘れさせてくれます。ピカデリー通りに出るとまず目に入るのがリッツホテル。映画「ノッティングヒルの恋人」でジュリアロバーツ演じるハリウッド女優が定宿にしていた超高級ホテルです。
ここまでのコースをたどればロンドンに来た実感が確実に得られるはずです。

ピカデリー通りは北側にあるオックスフォード通りと共にロンドンの目抜き通り。気になるお店もたくさん。
ロンドンの魅惑的かつ危険なショッピング案内は次回にご期待下さい。

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事